JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Last updated 2 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

基本的な情報

PLAは、最も簡単にプリントできる材料の一つです。安価で、初心者に適しています。通常、高い機械的耐性、化学的耐性、温度耐性を必要としない詳細なモデル、フィギュア、迅速なプロトタイプのプリントに使用されます。
 
推奨ノズル温度: ファーストレイヤー215 °C, 以降のレイヤーは210 °C
 
推奨ベッド温度: 60 °C
 
ヒートベッド: スムースPEIシートに、最も優れた接着性を発揮します。

概要

PLA(ポリ乳酸)は、生物学的に分解可能な、植物由来のポリエステルです。PLAを使えば、小さくて細かいモデルも、プリントボリュームのほとんどを埋め尽くす大きなオブジェクトもプリントすることができます。他のフィラメントとは異なり、PLAは大きな反りを生じにくいという特徴があります。コンセプト、プロトタイプ、簡単な玩具、ジュエリー、彫像など、迅速なプロトタイピングや素敵な低コストモデルの作成に向いています。技術的な用途や屋外での使用には適していません。高温に耐えられない(60℃以上で柔らかくなり変形する)、紫外線で劣化する、機械的耐性も劣る(衝撃で層ごと、あるいは破片に割れる)などのデメリットもあります。また、層間接着性は他の素材に比べ弱いです。PLAの研磨はサンドペーパーで可能ですが、水冷が必要です(ウェットサンディング)。

PLAが生物学的に分解可能であることは、さまざまな情報源で主張されています。この素材はトウモロコシ、サトウキビ、テンサイから作られており、確かに分解されますが、80℃を超えるような特殊な堆肥化施設でのみ分解されることにご留意ください。基本的にはPLAは分解されず、プラスチックの微粒子で土壌を汚染してしまう可能性もあります。

PLA素材自体は食品に安全ですが、食器や食品に直接触れるもののプリントには、他のフィラメント素材も含めお勧めできません。主な理由は、細菌の繁殖を助ける可能性のある小さなプリント層/溝があるためです。それでも食器や食品容器を3Dプリントしたい場合は、表面を密閉する特別な層(フードセーフコーティング)を施し、ステンレス製のノズルでプリントすることをお勧めします。

対応する材料特性の比較は、材料表をご覧ください。

長所

短所

✔ 低価格

✖ 脆く柔軟性がない

✔ プリントが簡単で、初心者向き

✖ 低い耐紫外線性、耐温度性

✔ ディテールが良く、反りが少ない

✖ 後処理が難しい

✔ 大型モデルにも対応

 

最適な使用方法

PLAの最適な用途は、コンセプトモデルやプロトタイプ、あるいは着用頻度の低い玩具のプリントです。

プリントを成功させるためのヒント

スムースPEIシートの使用

Original Prusa i3プリンターでPLAをプリントする場合、パウダーコートテクスチャーシート、またはパウダーコートサテンシートのいずれかにプリントすることができます。ただし、プリント面との接触面積が小さいパーツをプリントする場合は、平滑シートの方が適しています。パウダーコーティングされたシートの場合、ライブZを低くする必要があります。フィラメントがシートのテクスチャを埋めなければなりません。ただし、ノズルを下げすぎるとシートを傷つけてしまうので注意が必要です。プリンターユーザー向けの情報です。PLAは、PEIの表面だけでなく、ガラスやカプトンテープ、スティックのりなどにもプリントできます。

より良い結果を得るためのリトラクト調整

PLAは糸引きやにじみが発生することがありますが、適切な収縮率を設定することで軽減することができます。

ケミカルスムージング

PLAのケミカルスムージングは実験室の条件でのみ可能です - PLAはクロロホルム、ホットベンゼン、またはテトラヒドロフランに溶解させることができます。これらは危険な有機溶媒であり、熟練した実験技術者のみが取り扱うべきものです。PLAフィラメントの一部は、部分的に溶解してアセトンで接着することもできます(または、瞬間接着剤で単純に接着することもできます)。

プリントサンプル

マスク静的なモデル
花瓶、コップほかオーディオボリュームノブなどの部品

 

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.