JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Last updated 4 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

基本情報

NGENはPETGに似た素材ですが、プリント適性、機械的・化学的耐性が高く、試作品や美的モデルからハイテク補綴物まで幅広い用途で使用されています。
 
推奨ノズル温度: 240 °C
 
推奨ベッド温度: 90 °C
 
ヒートベッド: パウダーコートテクスチャーシートまたはサテンシートを使用することを強く推奨します。スムースPEIシートにプリントすると、シートが損傷する場合があります。

概要

NGENはEastman Amphora™ AM3300ポリマーからColorFabbによって作られています。この材料はPETGに似ていますが(同様のプリント設定)、いくつかの点で、少し優れています。例えば、NGENは広い温度範囲でプリント可能で、ほとんど無臭、ブリッジとオーバーハングがPETGより少し良く、さらに見た目も良いです。機能性、耐久性、美観に優れたモデルをプリントすることができます。NGENは熱可塑性材料なので、溶かしても少ししか劣化しません。

対応する材料特性の比較は、材料表をご覧ください。

Pros

Cons

✔ 高い機械的耐久性、温度耐久性、化学的耐久性

✖ 糸引きが多い

✔ 溶融時の熱によるポリマー劣化が少ない

✖ ブリッジ、オーバーハングに弱い

✔ PETGに近い

 

✔ 幅広い用途に対応

 

最適な使用方法

NGENの最適な用途は、PETGと同様、屋内外で使用する機械部品や、ランプシェードなどの装飾的な目的です。

プリントを成功させるためのヒント

スムースPEIシートに対しては強く定着しすぎる場合がありますので、プリントしないでください

テクスチャープリントシートを使用する

弊社専用記事にあるように、プリント面がきれいであることを確認してください。パウダーコートシートのいずれかを使用することをお勧めします。接着が強すぎる可能性があるので、スムースPEIシートにはプリントしないでください。もし、スムースPEIシートを使用する場合は、プリント前にスティックのりを塗布してください。

NGENはPETGより若干、表面密着性が悪いので、プリントシートへの密着が悪いかもしれません。接触面積が小さいモデルをプリントする場合は、ブリム機能を使用してください。

ノズル温度とプリント速度

メーカーは、レイヤー高さとプリント速度に応じてノズル温度を設定することを提案していますが(最適な設定は、50mm/sと0.2mmのレイヤー高さで220~240℃)、当社のプリンタに合わせたプリントプロファイルをPrusaSlicerで見つけることも可能です。 プリントファンの速度を100%にすると、レイヤーの密着度が低下するので、プリント時間全体に対して設定するのは適切ではありません - 実験してみるのも良いでしょう。

流量は以下の式で計算できます。
フロー(mm3/s)=(層の高さ*ノズル径)*印刷速度

冷却

メーカーは、ペリメーターでは冷却をONにし、インフィルではOFFにするようアドバイスしています。ブリッジの場合、プリント速度は遅くする必要があります。

リトラクション

リトラクト値はPLAより少し高く、速く設定する必要があります - 適切な値を見つけるには、PLA設定で開始してみて、調整するのをおすすめします。

ケミカルスムージング

NGENはジクロロメタンに溶解します。

プリントサンプル

義肢装具花瓶

 

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us