JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Last updated a year ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

概要

PETG は最も簡単にプリントできる材料の一つで、安価で初心者に適しています比較的高い靱性と耐熱性があるのでエンジニアリングパーツ (たとえばプリンターパーツ)のプリントに適しています。
 
推奨ノズル温度: 1層目が230℃ 、2層目からは240℃
 
推奨ベッド温度: 1層目が85℃、2層目からは90℃
 
シート: パウダーコートされたテクスチャーもしくはサテンシートの使用を強くお勧めします。スムーズPEIシートにプリントすると密着が高すぎてシートが破損することがあります。

詳細な説明

PETG (グリコール変性ポリエチレンテレフタレート) は一般的に使われる工業用プラスチックであり、低価格と優れたプリント性で3Dプリンターユーザーに人気があります。 粘り強く、優れた耐熱性を備えています; PETGは、層間の接着が優れているので、さまざまな機械部品、ホルダー、クランプ、および防水部品のプリントに最も一般的に使用されています。

PETGは表面に光沢があり、プリントシートに強く接着し、収縮や反りが少ないため(熱膨張がほとんどない)、大型モデルのプリントに適しています。 さらに、それの持つ高い粘り強さと柔軟性により、割れにくい材料といえます。 また、耐熱性も優れており、PETG部品は屋内および多くの屋外での使用(80℃未満の温度)に適しています。 私たちのプリンターの樹脂パーツはPETGで作られています!

PETGの最後のGは、製造プロセス中にグリコールで変性されていることを意味します。 グリコールを使用すると、PETの脆性が下がり、プリントが容易になり、半透明のプリントで透明性が高まります。 もちろん、グリコールを含まないPETフィラメントでもプリントできます。 しかし、PETのプリントは難しいだけで、何のメリットもありません。

PETG自体は食品安全とみなされる場合がありますが、他のすべての3Dプリントと同様に、時間の経過とともにバクテリアが成長する可能性のある微小な隙間が存在する積層構造です。 食品安全な(エポキシ)コーティングを施すことでこれを防ぐことができます。 また、食品を扱うことが意図された用途である場合は、ステンレスノズルでプリントする必要があります。

PETG食品業界で多く使われており、食品安全とみなされていますが、食器や食品と直接接触するその他のものをプリントする場合は、PETG(またはその他のフィラメント)はお勧めしません。 主な理由は、細菌の成長を助長する多数の微細な積層間の表面溝が存在するためです。 ただし、それでも3Dプリントされた皿が必要な場合は、表面をシールする特別な層を適用し(食品安全コーティング)、きれいなステンレスノズルでプリントすることをお勧めします。

一部のメーカーは、PETGをさまざまな添加剤で強化し、別の名前で販売しています。 たとえば、E3DによるSpoolworks EDGEは、添加剤を使用して変更されたPET/共重合ポリエステルのブレンド品です。 目標は、より良いビジュアル品質、積層間の密着強度など上げることです。

サポートされている材料特性を比較するには、 材料表を参照してください。

利点

欠点

✔ 容易なプリント

✖ 糸引き現象が出やすい

✔ 良好な層間接着力

✖ ブリッジやオーバハングの仕上がりが悪い

✔ タフで耐久性がある

✖ 細かいパーツのプリントには不適

✔ 反りが少ない

✖ プリント面への強固な接着

✔ 高耐熱性

✖ 危険な化学物質に溶解

✔ 良好な耐水性、耐湿性

✖ サポートが剥がしにくい

ベストな用途

PETGは広く使用されていますが、屋内と屋外の両方で使用される機械部品に特に適しています。 私たちのプリンターの樹脂パーツのプリントにはPETGを使用しています! ペットボトルも似たような素材で作られています。

うまくプリントするためのヒント

温度設定と冷却

PLAとは異なり、PETGには加熱ベッド(85℃)が必要です。 PETGのブリッジとオーバーハングの仕上がりは一般的に悪く、さらに糸引きが現象が出やすいです。 糸引きは、より早いリトラクションとより低いノズル温度で抑えられますが、うまく動作するようにチューニングされたPrusaSlicerプロファイルの使用をお勧めします。 PETGプリントでは冷却方法が重要なポイントです。冷却により、精細なモデルが可能になり、糸引きや垂れを防ぐことができます。 ただし、モデルの強度が気になる場合は、逆にプリントファンをオフにしてみてください。 フィラメント温度が高いほど、層間の結合が改善され、機械的性質が向上します。 それ以外の場合は、変形を防ぐためにプリントファンをオフにして最初の数層をプリントし、次にプリントファンを半分の速度で動かすことをお勧めします。

粘着力が強すぎて壊れる可能性があるため、スムーズPEIシートにプリントしないでください!

プリント表面の準備

別の記事で説明されているように、プリントする面がきれいであることを確認してください。 パウダーコートされたプリントシートの1つを使用することをお勧めします。 粘着力が強くなりすぎることがあるため、スムーズPEIシートにプリントしないでください。 どうしてもスムーズPEIシートを使用する場合は、プリントする前にプリント面にスティックのりを塗ってください。

ソリッドパーツには、外周の数を増やしてください

真にソリッドなパーツをプリントする場合は、インフィルを追加するのではなく、外周の数を増やしてみてください。

ポストプロセス

PETGは、乾式と湿式の両方で簡単に研磨できます。

PETGの溶解

PETGの溶解と平滑化は、熟練者が 危険な化学物質(ジクロロメタン)を使用可能なラボ施設で作業することが必要になります。

サンプルプリント

MMU (マルチマテリアルユニット)電装カバーと他のプリンターパーツ
ウクレレ多くのメカニカルパーツ
電子パーツボックスや整理箱
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.