JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

基本情報

ASAは、高い耐紫外線性と耐温度性を持つため、屋外での使用に適したテクニカルマテリアルです。より危険な薬品に溶ける他の素材とは異なり、ASAはアセトンに溶かすことができます。この素材の主な欠点は大きな反りであり、より高い周囲温度でプリントする必要があります。
 
推奨ノズル: 260 °C
 
推奨ベッド温度: ファーストレイヤー105 °C、他の層は110 °C
 
ヒートベッド: スティックのりには、スムースPEIシートまたはパウダーコートPEIシートを使用します。

概要

ASA(アクリルスチレンアクリロニトリル)は、ABSの後継とされる技術材料です。ABSに比べ、ASAはより耐紫外線性が高く、反りが少なく、匂いもあまりしません。ASAは丈夫で弾力性のある素材で、耐紫外線性と耐熱性(最高93℃)があるため、屋外での使用や技術部品の製造に適しています。例えば、当社のMK3Sプリンタ ファンシュラウドをご覧ください。ASAのもう一つの大きな利点は、アセトン蒸気への溶解性で、これを利用して滑らかで光沢のある仕上がりにすることができます。これは、モデルに素晴らしい外観だけでなく、異なる機械的特性を与えます(私たちのケミカルスムージングについての記事を参照してください)。

ASAの主な欠点は、オブジェクトと周囲の温度差によって生じる大きな反りです。また、ASAはプリント時に危険なガスを発生させる可能性があるため、プリンタは風通しの良い場所に置く必要があります。ASAは、湿式でも乾式でも簡単にサンディングすることができます。

ASAのプリントを成功させるためには、特定の条件が必要です。この材料からは、健康に害を及ぼす可能性のあるガスや物質が発生するため、十分に換気された部屋でプリントを行うことが重要です。ただし、換気をする際には、プリントオブジェクトの周囲にすきま風を立てないようにしてください。

ASAでのプリント方法については、弊社徹底解説記事で詳しく解説しています。

また、対応する素材特性の比較は、素材表をご覧ください。

長所

短所

✔ 高い紫外線耐性

✖ 著しい反り

✔ 高い耐熱性

✖ 大型部品のプリントには筐体が必要

✔ 糸引きのない細かなプリント

✖ 危険性のあるガス (スチレン)

✔ アセトンによる平滑化、接着の可能性

✖ 高温でのプリント

✔ 後処理が容易(サンディング、カッティングなど)

✖ 部分的に吸湿性がある(水分を吸収する)

✔ 高い耐衝撃性、耐摩耗性 

最適な使用方法

ASAは、屋外での使用や技術部品の製造に適しています。

プリントを成功させるためのヒント

高い周囲温度を保つようにする

ベッドは少なくとも100℃に加熱する必要があり、プリンタはより高い周囲温度を保つためにエンクロージャの中にある必要があります。エンクロージャがない場合は、1つ簡単な代替手段があります:PrusaSlicerで、スカートの値をできるだけ高く設定します。これは、オブジェクトの周りに壁を作り、モデルをわずかに暖かく保ち、反りを緩和することができます。換気されていない筐体で大量のASAをプリントすると、ファンシュラウドやエクストルーダーのプラスチック部品が時間の経過とともに変形する可能性があることに留意してください。これは、性能に影響を与えたり、問題を引き起こす可能性があります。

 Original Prusa Enclosureは、弊社e-shopで購入することができます。

また、make your own enclosureすることも可能です。

HIPSを使ったプリント

ASAは私たちのプリントシート(スムース、テクスチャ)に非常によく付着しますが、ガラスのような他のプリントシートでは、ASA(またはABS)を溶解したアセトンの層が必要になるかもしれません。url=https://www.prusa3d.com/product/original-prusa-i3-mmu2s-upgrade-kit-for-mk2-5-mk3s-org/|title=MMU2S]でプリントする場合、サポートにHIPSを使用できます - この材料はASAと同様のプリント設定を持ち、リモネンで簡単に溶解することができます。

パウダーコートシートにアセトンやABS/ASAのジュースをつけないでください。

ケミカルスムージング

ASAは後加工に適した素材です。湿式・乾式のサンディングだけでなく、アセトンで接着・溶着したり、アセトンの蒸気でスムージングしたりすることもできます。スムージングされたモデルは、車のラッカーで処理されたような、あるいは射出成形されたような光沢のある表面になります。しかし、プリントオブジェクトは通常、平滑化によってディテールやシャープなエッジが失われる傾向にあります。ケミカルスムージングについては、ケミカルスムージングについての記事で詳しく解説しています。

プリントサンプル

機械的な部品アセトンスムージングされたオブジェクト
ファンシュラウド (耐高温部品)屋外での部品(耐紫外線)
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.