JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
  • Home
  • キャリブレーション

キャリブレーション

Guides

基本的なキャリブレーション

基本的なキャリブレーション

All articles

  • 1層目のキャリブレーション (i3)

    1層目のキャリブレーション (i3)

    ファーストレイヤーキャリブレーションは、ノズルの先端とプリント面の距離を調整するためのものです。 押し出されたフィラメントが、わずかに押しつぶされてヒートベッドにぴったりとくっついている状態になるようにノズルの高さを調整していきます。 組立て済みのPrusaプリンターはすでに微調整されています。このキャリブレーションは、キットバージョンを組み立てた場合、またはノズルを変更する場合のみ必要となります。 ファーストキャリブレーションはウィザードの一部です(XYZキャリブレーションの最後のステップ)。 後で LCD menu - Calibration - First Layer Calibrati ...

  • 射出率のキャリブレーション

    射出率のキャリブレーション

    これは 高度なキャリブレーションであり、  経験豊富なユーザーにのみお勧めします。 射出率(Extrusion Multiplier)を使用すると、押出し流量を微調整できます。これは、 簡単に言えばノズルから出るフィラメントの量です。 つまり、PrusaSlicerの 射出率 設定とプリンターファームウェアの Flowrate 設定は、同じことを調整する2つの方法ですが、これら2つの設定の一方を調整しても、もう一方の値には影響しません。 この手順は、工場から出荷される新しいプリンタでは必要ありませんが、特殊な用途やフィラメン ...

  • ベッドレベル補正

    ベッドレベル補正

    このキャリブレーションは上級ユーザーを対象にしています! メッシュベッドレベリングとともに、この ベッドレベル補正は、1層目をプリントしたときの、わずかな不完全な場所でも、ユーザーが補正できるようにプログラムされた重要な機能です。 これにより、 ヒートベッドの左側、右側、前、および後のレベルを実質的に上下させることができ、 本質的にヒートベッドの4つのポイントのそれぞれに異なる Live Adjust Z 値 を設定できることになります。 この機能は、ヒートベッドの全プリントエリアを頻繁に使用する必要があるときに、最も役立ちます。 このキャリブレーションを実施する前に、もう一度スチールシート ...

  • Linear Advance

    Linear Advance

    This is an advanced calibration, recommended only to experienced users. Linear Advance (LA) is a technology that predicts the pressure build-up in the extruder when printing at higher speeds. The firmware of the ...

  • Live adjust Z (Z微調整)

    Live adjust Z (Z微調整)

    すべてのFFF(Fused Filament Fabrication)プリンターには、ノズルとプリント面の間の垂直方向の距離"Z"を設定する第1層キャリブレーションが必要です。 この値をわずかに調整する必要がある場面があります。このとき、「Live adjust Z」と呼ばれるオプションを使うと便利です (最初のレイヤーをプリント中に隙間を調整したいことがよくあるために設けられた機能です)。 距離を微調整する理由は、主に押し出されたフィラメントのより良い接着を得るためです。 使い方 以下のことを知っておくことが重要です: すべてのプリンターの第1層のキャリブレーションする前のデフォルト値は、 ...

  • エクストルーダーのリニアリティ補正キャリブレーション

    エクストルーダーのリニアリティ補正キャリブレーション

    これは 高度なキャリブレーションですので、 経験豊富なユーザーにのみお勧めします。 このキャリブレーションは、ファームウェアバージョン3.2.0以降でのみ機能します。 リニアリティ補正は、カスタム電流波形の定義を可能にするTrinamicステッピングモータードライバーの機能を使用しています。 デフォルトのTrinamic波形は正弦波ですが、実際の波形は少し異なる場合があり、ステッピングモーターのタイプによって異なります。 また、同じタイプのモーターは異なる波形を持つことができます。 歪みが最大になるのは、波形がゼロクロスするとき(またはその周辺)なので、元の正弦波は、こ ...

  • PID tuning

    PID tuning

    PID tuning is a calibration procedure that ensures the printer holds a stable target temperature at all times. PID (Proportional Integral Derivate) is used on the Original Prusa printers to ...

  • セルフテスト (MK3/MK3S/MK3S+)

    セルフテスト (MK3/MK3S/MK3S+)

    セルフテストは、プリンタの組み立て、配線、電子部品に問題がないかを確認するものです。これは、キャリブレーションウィザードの最初の部分であり、プリンタの電源を初めて入れたとき、またはファクトリーリセット (MK2S/MK2.5S/MK3S)の後に自動的に表示されます。初期キャリブレーションの後、セルフテストはLCD Menu -> Calibration -> Selftestで実行することができます。 セルフテストが行う動作の順番 エクストルーダーとプリントファンの機能 ヒートベッドとホットエンドの配線 XYZ各モーターの配線と機能 X軸とY軸の長さ XY各ベルトのテンション ベ ...

  • X/Y/Z各軸の長さの確認 (MK3S)

    X/Y/Z各軸の長さの確認 (MK3S)

    このエラーは、ファームウェアが予想よりも短い軸移動距離を検出したときに、Self-testまたはXYZ-calibration中に表示される可能性があります。各軸の正確な長さは、プリンタのメモリに保存されています。エラーが出た場所にしたがって、実行中のプロセス(Selftest、XYZ calibrationなど)に名前が付けられ、ディスプレイに"Please check: Axis length"というメッセージが表示され、右下に問題のある軸の文字が表示されます("X/Y/Z")。 それぞれの軸の長さは、Trinamicステッピングドライバーのモーターに流れる電流の上昇を検知する機能によっ ...

  • MMU2S Setup and Inspection

    MMU2S Setup and Inspection

    After successfully finishing the build of your Original Prusa MMU2S upgrade and going through 8. Preflight check & Calibration [進行中の翻訳] of the assembly manual you should be good to go. ...

Top Prusa Forum Posts

    Nothing found.

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.