JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

定期的なメンテナンス (MINI)

Relevant for:
Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

プリントシートの清掃

プリントオブジェクトがシート表面に付着しにくい場合は、シートをきれいに拭き取る必要があります。シートに合ったクリーニング剤(IPA、Windexなど)を選び、香りのないペーパータオルに少量つけて、プリント面を拭いてください。毎回プリントする前に表面をきれいにする必要はありません。ただ、手や汚れた道具などでスチールシートに触れないことが大切です。

パウダーコートシートは、絶対にアセトンで洗浄しないでください。アセトンで洗浄すると、PEIのテクスチャーに微細な亀裂が生じ、表面の経年劣化を招きます。

高温で洗浄すると、ベッドやノズルが熱くなり、けがをするおそれがあります。また、高温で洗浄すると、洗浄する前にアルコールが蒸発してしまいます。詳しくは、1層目の問題をご覧ください。

ベアリングのメンテナンス

200時間ほどプリントした後は、ペーパータオルでスムースロッドを清掃する必要があります。潤滑剤(どんな良い超潤滑剤でも構いません)を購入し、スムースロッド(XYZ軸)に塗るようにしてください。MINIにはPrusa潤滑剤のチューブが付属していますし、私たちのeshopで入手可能です。

Z軸の台形ナットやねじリードスクリューに潤滑剤を塗布しないでください。

プリンタの電源を切った状態で、X軸(エクストルーダー)とY軸(ヒートベッド)を手で2、3回往復させてみてください。片方の軸がスムーズに動かなくなったと感じたら、ベアリングを取り出して内側にグリスを塗るようにしてください(プラスチックのリップシールでグリスがほとんど中に入らないため、軸から取り外した方がよいでしょう)。

詳しいメンテナンスガイドは、メンテナンスのコツをご覧ください。

ファン

ファンは両方とも、数百時間ごとにチェックし、クリーニングする必要があります。コンピュータクリーナースプレー(エアダスター、圧縮空気)で埃を取り、ピンセットで小さなプラスチックの繊維を取るようにしてください。エアダスターでファンを掃除するときは、必ず羽根を持つようにしてください。

エクストルーダー駆動部のギア清掃

エクストルーダーギアは潤滑の必要がありません。しかし、時間が経つと、溝にフィラメントのカスが溜まり、把持力が緩んでフィラメントの押し出し不足になることがあります。圧縮空気でゴミを吹き飛ばすか、小さな真鍮ブラシで溝を掃除してください。エクストルーダーアセンブリの上部にあるアクセスウィンドウから、チェックとクリーニングを行います。できる限りきれいにして、ギアを回転させるようにして繰り返します。駆動部の歯に少量の潤滑剤を塗布しても問題はありませんが、フィラメントの歯に付着したり、ゴミが溜まったりすると問題が発生する場合があります。

より広範な分解については、エクストルーダープーリーのアクセス方法と清掃方法 (MINI/MINI+)を参照してください。

アイドラーを開くと、両方のギアを清掃したり、エクストルーダーのギアに巻き込まれたフィラメントの残りを取り除くことができます。時々、ギアを点検し、ゴミが挟まっている場合は取り除くことをお勧めします。

PTFEチューブ

MINIには4本のPTFEチューブ(外部2本、内部2本)があり、時々基本的な手入れが必要な場合があります。PTFEチューブは、フィラメントをスプールからエクストルーダーを通してノズルまで導くために使用されます。このPTFEチューブには、時間とともにフィラメントの屑が蓄積されます。

PTFEチューブは清潔で、状態が均一であることが望ましいです。チューブが変形している場合は、交換する必要があります。掃除にはエアダスターを使用します。固い針金を使うと、内側が傷つくことがあります。

PTFEチューブへのアクセス:

外部のチューブ

  1. フィラメントをロードする最初のチューブです。このエクストルーダーにつながるチューブは、手で引き抜くことができます。手で引き抜けない場合は、エクストルーダープーリーのアクセス方法と清掃方法 (MINI/MINI+)の手順8で、最初のチューブを固定しているM3x12ネジを緩めてください。
  2. 2つ目となる、メインの長いボーデンチューブは、エクストルーダーからプリントヘッドまでつながっています。スパナ(サイズ10)を使って、チューブの両端にあるフィッティングに固定しているナットを緩めます。
フィラメントのロード/アンロードに失敗して、このチューブの中で詰まってしまった場合にも有効です。
 
内側のチューブ
  1. メインボーデンチューブの左右それぞれの継手の下には、PTFEチューブがあります。フィラメントのロードに問題がある場合は、両方とも点検する必要があります。エクストルーダー内にあるものは、エクストルーダーから出るフィラメントを補助するための短いチューブです。
  2. ホットエンド/プリントヘッドのPTFEチューブは、ヒートブレーク内に取り付ける際、清潔で、少し圧縮された状態である必要があります。MINIのPTFEチューブの交換については、illustrated guide on replacing the PTFE-tube in the MINIを参照してください。

MINIのエクストルード、プリント品質の問題については、ノズル/ホットエンドの詰まり (MINI/MINI+)を必ずご確認ください。

ノズル

内側

詰まりやプリント不良がある場合は、何度かコールドプルを行う必要があるかもしれません。また、PLAからPETGに変更する場合、PLAの温度で問題が発生することがあります。コールドプルにより、部分的または全体的な詰まりを解消すれば、再びプリントできるようになります。Doing a Cold Pull on the Prusa MINIのガイドを参照してください。熱を加えているときは、鍼(キットに付属)を使ってノズルの内側を掃除するのも効果的です。

外側

ノズルの外側がプラスチックで覆われていると、熱特性に影響を与える可能性があります。綺麗にクリーニングするには、ノズルを 5分ほど加熱し、プリンタの電源を切ります。その後すぐに小さな真鍮ブラシでノズルやヒーターブロックに付着した古いプラスチックを取り除きます。壊れやすいホットエンドヒーターやサーミスタの配線には、特に注意してください。

交換

PLAやPETGだけをプリントする場合でも、ノズルは時間の経過とともに摩耗します。スチールフィルのような研磨剤入りのフィラメントを純正の真鍮製ノズルでプリントしようとすると、すぐにノズルがダメになります。

ノズルの交換方法については、complete guide hereに手順やよくある失敗例などが掲載されています。

ファームウェアのアップデート

システムを常に最新の状態に保つことは重要です。ファームウェアは継続的に開発されており、テストやユーザーからのフィードバックに基づき、新機能や操作性の向上が定期的に実施されています。ファームウェアのフラッシュに関する完全なガイドについては、ファームウェアのアップデート方法 (MINI/MINI+)を参照してください。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us