JA
  • English
  • Čeština
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

コールドプル (MK3.9, MK4) #13702

Menu
Relevant for:
Last updated 18 days ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEITFR

コールドプルとは、プリンタのノズルやホットエンドの内部にこびりついたり、焦げたりしている材料をクリーニングする技術です。また、通常のメンテナンス時にホットエンドをクリーニングする際にも使用できます。

Nozzle X(E3D社製) を使用する場合は、コールドプルを使用せず、クリーニングフィラメントのみを使用してください。

コールドプルは、ノズルが部分的にしか詰まっておらず、まだフィラメントが押し出されている場合に行うべきです。ノズルが完全に詰まっている場合は、clogged hotend article for MK4、またはclogged hotend article for XLを確認してください。

弊社でのテストでは、PLAがコールドプルに最も適していることがわかりました。他のフィラメントはPLAほど先端を保持せず、ちぎれてしまったり溶けすぎたりするからです。しかし、ホットエンドをクリーニングするために特別に作られたフィラメントもあります。

XLのための準備

Original Prusa XLでは、コールドプル手順の前に以下の2つのステップを行います。

  1. サイドPTFEチューブに、フィラメントセンサーが作動する程度にフィラメントを挿入します。
  2. エクストルーダーの上にあるPTFEチューブのネジを外す。

コールドプルの手順

  1. エクストルーダーにPLAフィラメントをロードし、エクストルーダーの上から挿入します。プリンターが材料の選択を促しますので、PLAを選択し、装填手順を完了します。
  2. アイドラースイベルを開けます。
    Original Prusa MK4Original Prusa XL
  3. LCD Menu -> Control -> Temperature -> Nozzle Temperature を選択し、270 °Cにセットします。
  4. 270℃に達したら、PLAフィラメントをノズルから出始めるまで押し込みます。
  5. LCD Menu -> Control -> Temperature -> Cooldown を押すか、リセットボタンを押して加熱を停止します。
  6. 温度が低下しフィラメントが溶けて出てこなくなるまで(PLAの場合は170℃前後)、手動でフィラメントを押し下げ続けます。コールドプルをうまく成功させるには、ノズル内にフィラメントが満たされている必要があります。
  7. ノズルから押し出された材料は、後で引っ張る際に邪魔にならないように取り除きます。
  8. 100 °Cに達したらすぐに、フィラメントをプライヤーでつかみ、ゆっくりと、しかし確実にエクストルーダーから引き抜きます。フィラメントが内部で切れる可能性がありますので気をつけてください。もう一方の手でエクストルーダーを持ちます。
  9. フィラメントが完全にエクストルーダーから引き出されるまで止めないでください。

結果

引き出されたフィラメントの先端には、前に使っていた素材の残りや、ノズルの中に沈殿していた焦げた汚れが見えるかもしれません(左の写真)。フィラメントがきれいになるまで、この手順を何度か繰り返してください。

右の写真は、きれいにコールドプルされたフィラメントがどのように見えるべきかを示しています。ノズルの刻印があることが重要です。こうすることで、ノズルが満たされ、中に何も残っていないことを確認できます。また、以前使っていたものと色が混ざっていなかったり、濃い跡がついていないことも重要です。

dirty cold pullclean cold pull

処置が終わったら、アイドラーとアイドラースイベルを閉じます。

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us