JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

基本的なキャリブレーション

Guides

基本的なキャリブレーション

基本的なキャリブレーション

All articles

  • 1層目のキャリブレーション (i3)

    1層目のキャリブレーション (i3)

    ファーストレイヤーキャリブレーションは、ノズルの先端とプリント面の距離を調整するためのものです。 押し出されたフィラメントが、わずかに押しつぶされてヒートベッドにぴったりとくっついている状態になるようにノズルの高さを調整していきます。 組立て済みのPrusaプリンターはすでに微調整されています。このキャリブレーションは、キットバージョンを組み立てた場合、またはノズルを変更する場合のみ必要となります。 ファーストキャリブレーションはウィザードの一部です(XYZキャリブレーションの最後のステップ)。 後で LCD menu - Calibration - First Layer Calibrati ...

  • Live adjust Z (Z微調整)

    Live adjust Z (Z微調整)

    すべてのFFF(Fused Filament Fabrication)プリンターには、ノズルとプリント面の間の垂直方向の距離"Z"を設定する第1層キャリブレーションが必要です。 この値をわずかに調整する必要がある場面があります。このとき、「Live adjust Z」と呼ばれるオプションを使うと便利です (最初のレイヤーをプリント中に隙間を調整したいことがよくあるために設けられた機能です)。 距離を微調整する理由は、主に押し出されたフィラメントのより良い接着を得るためです。 使い方 以下のことを知っておくことが重要です: すべてのプリンターの第1層のキャリブレーションする前のデフォルト値は、 ...

  • セルフテスト (MK3/MK3S/MK3S+)

    セルフテスト (MK3/MK3S/MK3S+)

    セルフテストは、プリンタの組み立て、配線、電子部品に問題がないかを確認するものです。これは、キャリブレーションウィザードの最初の部分であり、プリンタの電源を初めて入れたとき、またはファクトリーリセット (MK2S/MK2.5S/MK3S)の後に自動的に表示されます。初期キャリブレーションの後、セルフテストはLCD Menu -> Calibration -> Selftestで実行することができます。 セルフテストが行う動作の順番 エクストルーダーとプリントファンの機能 ヒートベッドとホットエンドの配線 XYZ各モーターの配線と機能 X軸とY軸の長さ XY各ベルトのテンション ベ ...

  • MMU2S Setup and Inspection

    MMU2S Setup and Inspection

    After successfully finishing the build of your Original Prusa MMU2S upgrade and going through 8. Preflight check & Calibration [進行中の翻訳] of the assembly manual you should be good to go. ...

  • Original Prusa i3のすべてのシステムのリフレッシュ

    Original Prusa i3のすべてのシステムのリフレッシュ

    プリンタのトラブルシューティングでは、破損したコンポーネントを交換するか、発生したバグを修正するため新しいファームウェアを書き込むことで、孤立した問題を解決する必要があります。しかし、それだけでは不十分な場合もあり、システムの完全なリフレッシュを実行する必要がある場合があります。これにより、保存されているすべての値や設定が削除され、システムが工場出荷時のデフォルトに戻されます。この記事では、full factory reset → flashing the firmware → recalibrate from scratch → さらに2回のキャリブレーションを ...

  • Selftest (MK2/S, MK2.5, MK2.5S)

    Selftest (MK2/S, MK2.5, MK2.5S)

    The first thing you need to do after assembling your printer is running the Selftest procedure. This routine checks for the most common issues in the build quality and electronics wiring. For ...

  • XYZ キャリブレーション(MK3/MK3S/MK3S+)

    XYZ キャリブレーション(MK3/MK3S/MK3S+)

    XYZキャリブレーションは、プリンターが正しく組み立てられ、軸が互いに直角であるかどうかをチェックするプロセスです。X/Y軸の傾きを測定し、不完全な部分には補正をかけます。妥協(compromised)/失敗(failed)の2種類のエラーメッセージが表示されることがあります。詳細については、以下を参照してください。 組み立てキット版ではXYZのキャリブレーションが必要ですが、工場で組み立てたプリンターはすでにキャリブレーション済みです。 XYZキャリブレーションは、初回起動時またはファクトリーリセット後に表示されるウィザードの一部です。ウィザードをスキップした場合は、LCD Menu - ...

  • アイドラーネジ張力の調整

    アイドラーネジ張力の調整

    Prusa FFFプリンターとそのアップグレードキットは、フィラメントとフィラメントプーリーギアの間に張力を与えるために、スプリング付きのネジを使用しています。このスプリングの張力が適切であることが重要です。緩すぎるとプーリーがフィラメントを「つかむ」ことができず、逆にきつすぎるとエクストルーダーモーターに対して負荷がかかりすぎ、フィラメントを削ってしまうことがあります。MK2/SとMMU1を除いて、すべてのプリンターで正しいテンションは変わりません。   やわらかいフィラメント(TPU/TPE)をプリントする場合は、ここで案内しているものよりもさらにネジを緩めておくことを ...

  • メッシュベッドレベリング

    メッシュベッドレベリング

    P.I.N.D.A. または SuperPINDA センサーは、ビルドプレート(パウダーテクスチャーコート、スムースPEIシートかは関係ありません)上に広がる、グリッドパターンで多数のポイントを通過し、シートまでの距離を測定します。これらの点は補正され、ベッドの仮想メッシュを作成するために使用されます。プリント中、ベッドが多少ゆがんでいても、センサーは測定したメッシュに従って正確に表面を追従します。この手順は、毎回のプリント前に行われます。また、XYZ-キャリブレーションの2回目も同じ手順で行われます。 Z軸のStallGuard(※ステッパーモーターの制御技術)は、メッシュベッドのレベリン ...

  • Zキャリブレーションの失敗 (MK3S/MK2.5S)

    Zキャリブレーションの失敗 (MK3S/MK2.5S)

    エクストルーダーのサイズとZ軸の移動距離は、ファームウェアで定義してあります。したがって、エクストルーダーの組み立て、またはエクストルーダーのファームウェアが合っていないと、キャリブレーションが失敗することがあります。 エクストルーダーの組み立て E3Dヒートシンクの上部は、円周にわたる凹付きの円筒形状があります。この凹付き円筒形状と適合するように、エクストルーダーボディーのプリントパーツに2つのノッチ (オレンジ色の矢印)が付いています。 ヒートシンクは、両方のノッチに合致するように組み合わされた場合だけでなく、1段下げた下部のノッチのみだけで組み合わしても適合してしまいます。こうしてしまっ ...

Top Prusa Forum Posts

    Nothing found.

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.