JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

Prusa ConnectとPrusaLink について

Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR
警告:Prusa ConnectおよびPrusaLinkは現在ベータ版であり、以下の情報は今後のリリースで変更される可能性があります。

Prusa ConnectとPrusaLinkは、弊社が社内で開発した2つのリモートプリントソリューションです。その起源は、プラハ本社にある記録的な大規模プリントファーム record-sized print farm located in Prague HQで使用されている管理システムにあります。

    • Prusa Connect は、どこからでも利用できるリモートプリントのためのクラウドサービスです。
    • PrusaLink* は、ローカルネットワークからアクセス可能なプリンタ上でローカルに動作するクライアントサイドです。

*旧称:Prusa Connect Local

 

Prusa Connectとは?

Prusa Connect (connect.prusa3d.com) を使用すると、世界中どこからでも個々のプリンタを制御したり、プリントファームを管理したりすることができます。

Prusa Connectインターフェース(クラウドサービス)の例

 

一部のPrusaプリンタ(下記リスト参照)をお持ちの方は無料でご利用いただけます。Gコードと遠隔データ用に1GBのクラウドストレージを無料でご利用いただけます。機能の全リストおよびエンドユーザーや企業向けの価格は、後日発表されます。

さらに、Prusa Connectは各プリンタの使用状況を個別に監視し、生産環境の貴重な統計情報を提供します。

 

Octoprintと同様に、このリモートプリンター管理システムは、Prusaプリンタ上でローカルに動作します。

PrusaLinkインターフェース(ローカルネットワーク)の例

 

主な目的は、プリンタとPrusaConnectクラウド間の通信を行うことです。副次的な機能として、ローカル(ホーム)ネットワークでのみ使用できるウェブインターフェースを提供します。プリンタのIPアドレスをWebブラウザに貼り付けるだけでアクセスできるようになります。PrusaLinkを使用するとブラウザを通じて、プリンタの監視、Gコードのアップロード、プリントの開始またはキャンセルができます。

 

PrusaLinkとPrusa Connectのインストールと設定方法は?

Prusa Connectを使用するには、まずプリンタにPrusaLinkをセットアップする必要があります。以下のガイドでは、すべてのプロセスを順を追って説明します。

FDM プリンタPrusaLinkPrusa Connect
Original Prusa MK3.9 / MK4built-inAvailable
Original Prusa i3 MK3/S/+via RPi / RPi Zero (GPIO/USB)Available
Original Prusa i3 MK2.5/Svia RPi (USB)Available
Original Prusa XLbuilt-inAvailable
Original Prusa MINI / MINI +built-inTBA (アルファ版が利用可能)

 

SLA プリンタPrusaLinkPrusa Connect
Original Prusa SL1S SPEEDbuilt-inTBA (work in progress)
Original Prusa SL1built-inTBA (work in progress)

 

次世代 Original Prusa プリンタ

MK4、 MK3.9、XL、MINI/+、SL1/SL1Sなど、今後発売されるモデルにはPrusaLINKが内蔵されています。プリンタは、Wi-Fiまたは有線LAN(イーサネット)ネットワークで接続できます。

 

Original Prusa i3 MK3/S/+ or MK2.5/S

これらのプリンタには十分な性能がないため、追加のハードウェアが必要になります。この場合、PrusaLinkの名称は、Raspberry Pi(RPi)という必要なハードウェア・ソリューションも含みます。PrusaLinkは、製造中止となったPrusaPrintソリューション(OctoprintとRPi Zero W)の代替品です。

i3(MK3/S/+またはMK2.5/S)用にどのRaspberry Piを購入すれば良いか

MK3/S/+では、PrusaLinkとPrusa Connectを動作させるためにRaspberry Pi(RPi)を入手する必要があります。サポートされているRPiボードは以下の通りです。これから新しくRPiボードを購入する場合は、最新世代のものを購入することを強くお勧めします。

MK3/S/+では、RPi Zeroをプリンタのメインボードに直接取り付けるか、USB接続を使用します。
MK2.5/Sでは、RPiにUSB接続を使用する必要があります。PrusaLinkとPrusaConnectのセットアップは、MK3/S/+とほぼ同様です。

RPiには内蔵ストレージがないので、MicroSDカードを用意する必要があります。推奨SDカードは Micro SD、SDHC規格、Class 10、8GB以上です。できれば、RPiで動作することが知られている有名ブランドのカードを選んでください。有名ブランドのカードであっても、データを失わないという保証はないので、定期的にバックアップを取ることを推奨します。

サポートするボード (Einsy RamboボードとGPIO接続)

  • Raspberry Pi Zero 2 W
  • Raspberry Pi Zero W

サポートするボード (USB接続)

  • Raspberry Pi 4
  • Raspberry Pi 3+
  • Raspberry Pi 3

サポートしないボード

  • Raspberry Pi Zero (without Wi-Fi) and older
  • Raspberry Pi 2 and older
RPi Zero W/2が接続されているプリンタの電源が入っているときにやってはいけないこと:

- プリンタの軸は手で動かさないでください!Move Axisメニューのみを使用してください。
- RPiを接続したり外したりしないでください。
- RPi内部のmicroSDカードを抜き差ししないでください。
- RPiボードには触れないでください。
- RPiの接続や給電には、弊社が推奨する方法以外は使用しないでください。
- 弊社が発行する公式ドキュメントのガイダンスに従ってください。
- 弊社は、第三者のハードウェアに起因する損害について責任を負いません。

 

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us