JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Relevant for:
Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

Original Prusa MINI は24V Buddyボードを搭載しています。この32ビット回路には、重要なコンポーネントを保護するため、2つの取り外し可能な自動車用ヒューズが搭載されています。プリンターやその部品が突然動作しなくなった場合、これらのヒューズを確認し、必要に応じて交換することをお勧めします。

各ヒューズは基板の異なる部分を保護しています:

  • F1 (3A fuse) - ステッパードライバ(モータ)、回路。
  • F2 (7.5A fuse) - ヒートベッドヒーター、ホットエンドヒーター
 miniRAMBoEinsy RAMBoとは異なり、Buddyボードにはヒューズが2つしかありません。

Buddyボードのヒューズの確認

  1. プリンターの電源を切り、電源コードを抜きます。
  2. カバードアを閉じているM3ネジを外し、エレクトロニクスカバーを開きます。詳しくは、組立説明書のステップ10を参照してください。 
  3. これでバディボードにアクセスできるようになりました。ヒューズを取り出し、点検してください。下の写真は、無傷のヒューズがどのようなものかを示しています。この角度から点検して、中の小さなワイヤーが壊れていないかどうか確認してください。
マルチメーターをお持ちであれば、部品がショートしている可能性をチェックすることができます。Multimeter usage [進行中の翻訳]を参照してください。

ヒューズの交換

もし、ヒューズが切れていることがわかったら、簡単に交換することができます。使用するヒューズは、自動車用のATOブレードヒューズで、お近くのカー用品店やオンラインショップでお求めいただけます。ヒューズを交換する際は、切れたヒューズを持参して店員に確認し、まったく同じヒューズを入手するようにしてください。

  1. プリンターの電源を切り、電源を抜いて、切れたヒューズをソケットから取り出します。
  2. 新しいヒューズを正しいスロットにセットします - 3Aを3Aに、7.5Aを7.5Aに交換していることを再度確認してください。 
  3. 以前に切れたヒューズに接続されている部品をすべて抜き、プリンタの電源を入れてみてください。何らかの異常な動作がないかを確認します。
  4. もう一度、プリンターの電源を切り、電源コードを抜きます。その後、切断されている部品をすべて再接続してください。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.