JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Relevant for:
Last updated 9 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLESDEITFR

スマートワイプタワー

The smart wipe tower ensures sharp color transitions and stable filament flow after a color change while aiming to waste as little filament as possible. There is always only one wipe tower no matter how many objects are being printed at once.スマートワイプタワーは、色の変化をシャープにし、色を変化後の安定したフィラメントフローを確保し、できるだけフィラメントの無駄をなくすことを目的としています。一度にいくつオブジェクトをプリントしても、ワイプタワーは常に1つだけです。

ワイプタワーの大きさは、プリントするオブジェクトの大きさに依存しません。

オブジェクトを一度にいくつもプリントしたり、大きなものをプリントすることで、使用するフィラメント全体の使用効率が良くなります。

ワイプタワーの配置

プリンタ選択ボックスでマルチマテリアル・プリンタを選択すると、すぐにスマートワイプタワーが3Dビューに表示されます。プレビューでは最大のフットプリントが表示されていますが、スライス後に各レイヤーのカラーチェンジの数に応じてサイズが小さくなる可能性があります。サイズは、ポリラインのある端から小さくなります。ワイプタワーの配置は、マウスの左ボタンでドラッグすることで変更することができます。ワイプタワーがどのオブジェクトとも交差していないことを確認してください。

対象物とワイプタワーの間の移動量を短くするために、オブジェクトの近くに配置します。
Gコードプレビューでは、ワイプタワーの実寸が確認できます。

ワイプタワーのサイズ

プリント設定-複数のエクストルーダー-ワイプタワーで、ワイプタワーの幅を設定することができます。その他の寸法は、パージに必要なフィラメントの量に基づいて自動的に計算されます。

パージ量は、右パネルの「パージ体積...」ボタンで設定できます。

ワイプタワーがベタ塗りされることはほとんどありません。その代わり、フィラメントをできるだけ無駄にしないように、色替えの数に基づいて、隙間と、密になるインフィルの比率が層ごとに自動的に調整されます。

ワイプタワーのライミングライン

ワイプタワーの上側に線が見えたら正常です。これは、プリント最後に、エクストルーダーが、最後に使用したフィラメントをアンロードする前にラミングする様子を可視化したものです(鋭い先端を作るため)。

まばらの箇所のないワイプタワー

スパースレイヤー(ツールチェンジのないレイヤー)をスキップすることで、ワイプタワーのサイズを小さくすることができます。これにより、材料を節約し、ほとんどの場合、プリント時間を短縮することができます。

  1. プリントセッティングから複数のエクストルーダーを選択します
  2. スパースレイヤーなし(試用的)をにチェックをします

当社でのマルチマテリアルのプロジェクトでは、この機能によってプリント時間が3.16%短縮され、ワイプタワーに使用されるフィラメントが16.17%削減されました。

スパースレイヤー機能のないワイプタワーは、MMUでカラープリントと共に非常に便利です。カラーサインを無人でプリントするのに必要なフィラメントスイッチはほんの一握りで、その結果、フルワイプタワーに比べて多くの材料を節約することができます。
スパースレイヤーなしでワイプタワーを使用している場合は、クラッシュ検出をオフにしてください。そうしないと、クラッシュリカバリー時にX軸とプリントオブジェクトが衝突する可能性があります。
現在、PrusaSlicerでは、ワイプタワーの上まで下降する際に、エクストルーダーとプリントオブジェクトの衝突をチェックしていないため、この機能は実験的とされており、MK3Sのプリントベッドの右奥にワイプタワーを置き、オブジェクトは反対側の角に置くことを推奨します。

ワイプトゥインフィル

モデルの内部が見えないので、カラーチェンジの際にノズルを拭くのに使えます。インフィルが足りないモデルもあるので、ワイプタワーを完全になくすことはできませんが、ワイプトゥインフィルで無駄な材料を大幅に減らすことができます。

  1. 3Dビューのモデル上で右クリックします。
  2. ワイプオプションを選択します。
  3. 次に、右のパネルで「このオブジェクトのインフィルに拭き込む」にチェックを入れます。
インフィルにパージされた暗いフィラメントが、明るい色の壁から透けて見えることがあります。この問題を回避するために、ペリメーターの数を増やすことをおすすめします。

ワイプオブジェクト

スマートワイプタワーに使用する材料の量をさらに減らすために、残留しているフィラメントをオブジェクトにワイプすることを選択することができます。いわゆる「ワイプオブジェクト」は、ノズルを拭くためのカラーチェンジの際に使用されます。その結果、オブジェクトの色は混合されます。これは、表面の色を気にしない場合、機械部品などに便利です。

  1. 3Dビューのモデル上で右クリックします。
  2. ワイプオプションを選択します。
  3. 次に、右側のパネルで「このオブジェクトにワイプする」にチェックを入れます。

マルチカラーオブジェクトより背の高いオブジェクトを拭き取る
ワイプオブジェクトは、マルチマテリアルプリント時に使用する最後のフィラメントで仕上げることになります。

ワイプオブジェクトよりも高い位置にあるマルチマテリアルオブジェクト
ワイプオブジェクトの印刷終了後、ワイプはスマートワイプタワーに移動します。

カラーチェンジの際、流れは完全に安定しているわけではありません。例えば、溶けた材料が上から押し出されるときに、ノズルの中に微量の空気が入り込むことがあります。その結果、ワイプしたオブジェクトにわずかなアーチファクトが現れることがあります。

ワイプオブジェクト(ギア)により、ワイプタワーの設置面積は最小限に抑えられています

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us