JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

Octoprint - オクトプリントの設定とインストール

Last updated 3 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

この記事では、Raspberry Pi (RPi)用にゼロから独自のイメージを構成する方法を説明します。この記事を読めば、Octoprintの基本的なインストールができ、それをもとにカスタマイズすることができます。また、Raspberry Pi ZeroのGPIOピンから接続するための設定方法も含まれています。しかし、Raspberry Pi Zeroはビデオストリーミングのような高度なOctoprintの機能やプラグインを利用するには十分なパワーがなく、Octoprintプロジェクトは公式にこれを推奨していません。  

以前は、Raspberry Pi Zero用のカスタムビルド「PrusaPrint」を提供していました。これは現在、古くなりメンテナンスもされていません。しかし、the guide soldering and connecting the RasPi はすべてのMK3/MK3S/MK3S+プリンターに有効で、PrusaLink や PrusaConnect など、将来のリモートソリューションで使用される予定です。
本記事では、下記の内容をご紹介します。:

必要な部品

  • A Raspberry Pi A, A+, B, B+, 2B, 3A+, 3B, 3B+, 4B 1/2/4GB, or Zero W/2 + PSU.
  • RasPiにWiFiが内蔵されていない場合は、WiFiドングルを使用します。
  • USBケーブル:
    • Original Prusa i3: USB タイプAケーブル
    • Original Prusa MINI: マイクロUSBケーブル
  • RasPi用のSDまたはmicroSDカード(8GB以上)。
  •  PuTTY.のようなSSHクライアントが動作しているコンピュータ。Mac/osXとLinuxは、SSHがターミナルに統合されています。
  • SDカードをフラッシュするための(マイクロ)SDカードリーダー。
  • WiFiネットワーク
RPi ZeroをGPIO経由でインストールする場合は、soldering the header pinsを行ってから進めてください。

Octoprintのイメージをフラッシュする

Raspberry Pi Foundationが "Raspberry Pi Imager "をリリースして以来、フラッシュ後の設定ファイルの編集は不要になりました。イメージャーのAdvanced optionsメニューですべて設定できます。Raspberry Pi Imagerでは、イメージのダウンロードさえも可能です。では、それを見てみましょう。

  1. 下記リンクから、Raspberry Pi Imagerをダウンロードし、コンピュータにインストールします。found here. です。

  1. "CHOOSE OS "ボタンをクリックし、"Other specific purpose OS" -> "OctoPi" -> "stable "バージョンに移動します。
  1. Shift + Ctrl + XでAdvanced Optionsに入り、SSHを有効にして、ホスト名(ネットワーク上のRPiの名前)とメインパスワードをすぐに設定し、WiFiネットワークとパスワードは後でRaspberry Piに接続するために設定します。

  1.  その後、「CHOOSE STORAGE」でSDカードを選択し、「WRITE」をクリックしてフラッシュプロセスを開始します。
WiFiのパスワードやネットワークは、SDカード内の「octopi-wpa-supplicant.txt」またはこの記事の後半で説明するSSH経由で、後から編集することが可能です。

RasPIを接続する

(マイクロ)SDカードをRPiに挿入し、プリンターとUSB接続します。この後、RPiに電源を入れます。Raspberry Pi Zero Wは、USBではなく、GPIOピンを使ってプリンターに接続することになります。先にこの作業を行うことをお勧めします。ただし、これらの構成では、5Vの携帯電話充電器を使用して電源を供給し、後で接続することができます。

RPi Zero over GPIOを使う場合は、RPiポートが「On」になっている必要があります。ただし、この記事の後半で解説する詳細な設定が必要です

USBで接続する場合は、RPiポートを非アクティブにする(LCDメニュー→設定→RPiポートで「オフ」に設定する)。

すべてのRaspberry PisはUSBで接続することができます。ただし、RPi Zeroは例外で、MK3SのEinsy RamboにGPIOピンで接続することもできます。RPi Zeroを使用する場合でも、GPIOの設定については、このガイドを最後まで読んでください。RPi ZeroをUSBで接続したり、他のRPiをGPIOで接続することは可能ですが、ほとんどメリットはありません。ts.
MK3s/MK2.5S USB Type-B のUSBポートMINI MicroのUSBポート

IPアドレスの検索

RPiがネットワークに接続されるまで、最初の起動で数分かかります。その後、"Fing "などのモバイルアプリや同様のIPスキャナでRPiのIPアドレスを見つけることができるようになるはずです。このIPアドレスはあなたのコンピュータと同じプレフィックスを持ちますが、末尾が異なります。おそらく、"Octoprint "や "Raspberry Pi "などの名前がついているはずです。一般的なローカルIPアドレスは、10.0.0.XXXまたは192.168.0.XXXです。

WiFi接続の問題については、残念ながら弊社ではカバーできません。Octoprintの情報をご覧ください。

Octoprintの起動と設定

ブラウザを開き、"octopi.local "またはRPiのIPアドレスのいずれかをタイプしてください。ウェルカムウィザードが表示されるかもしれません。それを経て、プリンタプロファイルを追加してください。次に、プリンタプロファイルの設定を行います。 

右上の設定レンチをクリックします(紫色の矢印)。ここでは、プロファイルの設定、プラグインのインストール、その他の設定を行うことができます(緑色の四角)。

「Printer profiles」を選択し、ペンのアイコン(紫色の四角)をクリックして編集します。Print bed & Build volume」で、下表の値を変更します。他の値はすべてデフォルトのままでかまいません。この設定は Octoprint のプリンターに対するコントロールにのみ影響し、スライスされた G コードには影響しません。

 Form FactorOriginHeated BedWidthDepthHeightCustom Bounding Box
MK3SRectangularLower leftYes250mm210mm210mmX: 0/250, Y: -4/210, Z: 0/210
MINIRectangularLower leftYes180mm180mm180mmX: 0/180, Y: -3/180, Z: 0/180
OctoprintをOriginal Prusa MMU2Sで使用する場合は、「Number of extruders」を5に設定し、「Shared nozzle」のチェックボックスをオンにする必要があります。

USBで接続するRPisは、「Serial Port」と「Baudrate」を「AUTO」(青い四角)のままにして、ConnectボタンをクリックすればOKです。おめでとうございます。これでOctoprintをプリンターで使用する準備が整いました。Octoprint はアップデートをするかどうか聞いてきます。プラグインをインストールする前にアップデートしてください。

プラグインのインストール

プリンタでRaspberry Piを動かすことは、Piボードに直接画面が接続されていないため、ヘッドレスシステムと呼ばれることがあります。プリンタを別のネットワークに移動したとき(新しいネットワーク用に octopi-wpa-supplicant.txt を編集したとき)、またはプリンタの IP アドレスを忘れてしまったとき、プリンタの画面に IP アドレスを表示するプラグインがあります。

IpOnConnectは、Original Prusa MINIでは動作しない場合があります。 

OctoPrint のウェブインターフェースを開いてください。設定]を開き、左の列で "プラグインマネージャー "を見つけ、スクロールダウンして "もっと見る... "をクリックします。(紫色の矢印)をクリックし、"IPonConnect "を検索してください。インストールをクリックします。インストール後、ページの更新を促すポップアップが表示されます。Refresh "をクリックします。

プリンターの電源を切り、側面のスイッチを入れて再度電源を入れます。数分待つと、ディスプレイにIPアドレスが表示されるはずです。プリンタのメニューに入ったり、SDカードを挿入したりすると、IPアドレスが画面から消えてしまい、プリンタを再起動しないと表示されないことがありますので、ご注意ください。

RPi ZeroからOctoprintを実行する場合、プロセッサが弱いため、たくさんのプラグインを使用することはお勧めできません。ビデオストリーミングもその一つです。

使用方法

私たちはOctoprintを開発しているわけではないので、使用上のすべての面をカバーすることはできません。そのため、Octoprint's own resourcesを一通りチェックすることをお勧めします。また、こちらのガイドもチェックすることをお勧めします。:

以下は、便利またはクールだと思うかもしれないOctoprintプラグインのリストです。:

  • Simple Emergency Stop - UI上のボタンですべてを即座に停止します。
  • NavBar Temp - ナビゲーションバーに温度が表示されます。
  • Heater Timeout - アイドリング時に設定した時間が経過するとヒーターを停止します。
  • OctoLapse - タイムラプス撮影機能
  • Themeify - UIにクールな(主にダークな)テーマを使用できます。

RPi Zero WのGPIOを設定する

RPi Zero/2 WをMK3/S+のGPIOに直接接続して使用するには、プリンタのメニューの設定を変更し、Piがシリアル通信をどのように処理するかを設定する必要があります。OctoPrintはデフォルトでは、Raspberry PiのGPIOピンをシリアル通信に使用しません。SSHで接続することで設定します。この部分は、Raspberry Pi Zero/2をGPIOで直接EinsyのMK3Sメインボードに接続した場合のみ適用されます。

プリンタの設定

まず、プリンタとの接続にGPIOピンを使用するため、RPiポートを有効にします(LCD menu -> Settings -> RPi port and set it to "On")。

SSHの利用

フラッシュしたOctoprintイメージはSSH(Secure SHell)が有効になっているはずです。SSHはホスト名(RPiの呼び名)とパスワードを入力すると、デバイスに対してリモートでコマンドを実行できるようにする方法です。RPiとあなたのコンピュータが同じネットワークに接続されていることを確認し、以下の認証情報を使用してください。

ウィンドウズ:

PuTTYを開き、Host Name欄(緑色の四角)に「hostname@your_IP_address」(例 'pi@192.168.0.100')と入力する。Port」はほとんどの場合22のままでよいでしょう。接続の種類」が「SSH」であることを確認し、「開く」をクリックします(紫色の矢印)。

Mac:

SSHクライアントは、Terminalに組み込まれています。ターミナルを開き、次のように入力します。: 

ssh hostname@your_pi_address

コンソールで、パスワードの入力を求められます。パスワードを入力します。入力しても文字は表示されません。エンターキーを押すと、RPiのシェルコマンドを使用できるようになります。

Linux:

ほとんどの一般的なディストロにはSSH Clientもインストールされており、Macと同じように接続することができます。ただし、RPiのスーパーユーザーパスワードの変更以外の編集は、デスクトップ環境から、カードリーダーを使ってファイルを探し、編集することができます。仮想マシン上では、内蔵のカードリーダーが使えない場合があります。USBカードリーダーを使用してください。

初めてRPiにSSH接続するとき、"Server host key is not in cache "というセキュリティ警告が表示されることがあります。接続先のIPが正しいことを確認し、「はい」をクリックして接続を続行することを承諾してください。

コンソールで、パスワードの入力を求められます。パスワードを入力します。入力しても文字は表示されません。エンターキーを押すと、RPiのシェルコマンドを使用できるようになります。

sudo raspi-configコマンドを使用すると、WiFiネットワークとパスワード、Piのメインパスワードを変更するためのツールが表示されます。

GPIOとBluetoothで使用するポートを入れ替える

この部分は、MK3S+のEinsyメインボードに直接GPIOで接続されたRaspberry Pi Zeroにのみ適用されます。これ以降はRPi Zeroをプリンタに接続する必要がありますを確認してください。

2つの設定ファイルを更新し、SSH経由でシリアルポートを追加する必要があります。以下のコードの一部は、私たちのフォーラムのスレッドから引用しています(Scott.w12)。

シリアル接続を有効にするには、まず、GPIO(ハンダ付けピン)と内蔵Bluetoothチップで使用するポートを入れ替える必要があります。ブートパーティションにある設定ファイルに一行追加する必要があります。

sudo nano /boot/config.txt

ダウンキーでカーソルを最後尾に移動し:

dtoverlay=pi3-miniuart-bt

Ctrl+Xを押して、Nanoテキストエディターを終了します。Y "キーを押して保存し、エンターキーを押してファイル名を確認します。

Raspberry PI Zero 2:

接続や読み書きの問題が発生した場合は、同じファイルに次の行を追加してください。

dtoverlay=disable-bt

また、次のターミナルコマンドを使用して、Bluetoothサービスをグローバルに無効化することもできます。:

sudo systemctl disable hciuart.service

sudo systemctl disable bluetooth.service

シリアルコンソールの無効化

別の設定ファイルに移動し、シリアルコンソールを無効にするためにコードの一部を削除する必要があります。

sudo nano /boot/cmdline.txt

次の文字列(テキスト)を探し、削除してください。

console=serial0,115200

RPiの再起動

すべての変更を有効にするには、次のコマンドを入力してRPiを再起動します。

sudo reboot

Octoprintにシリアルポートを追加する

最後の設定は、ウェブインタフェースで行います。ブラウザーを開き、"octopi.local "またはRPi Zero WのIPアドレスを入力します。ようこそウィザードが表示されるかもしれませんが、最初にそれを通過してください。

ホーム画面に到着したら、すぐにレンチをクリックして「設定」を開いてください。そして、「シリアル接続」に向かい、「追加のシリアルポート」(緑の四角)の下にある行を挿入します。

/dev/ttyAMA0

変更を保存し、OctoPrint を再起動します。再起動後、新しいポートを選択し(紫の矢印)、プリンタに接続します(青い枠)。また、「接続設定を保存する」と「サーバー起動時に自動接続する」にチェックを入れておくと便利です。

Raspi Zeroは強力なデバイスではありません。パフォーマンスを向上させ、CPU使用率を減らすために、今は「G-Code analyzer」のようなプリインストールされたプラグインを削除することが望ましいかもしれません。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.