JA
  • English
  • Čeština
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

フィラメントセンサー (MK4, MK3.9)

Menu
Relevant for:
Last updated 3 days ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEFR

Prusa MK4とOriginal Prusa MK3.9に搭載されたフィラメントセンサーは、フィラメントの有無とフィラメント切れを検出します。センサーはホールセンサーで、バネ、磁石、ボールで構成される機構によってトリガーされます。

使用中、センサーやその機構の周りにフィラメントのゴミが蓄積すると、誤読や誤作動を引き起こす可能性があります。

フィラメントセンサーのクリーニング方法

1) エアダスター

エクストルーダーの上部に小さな穴が開いているので、そこにエアダスターの先端を差し込みます。空いている方の手で、先端に筋のないフィラメントを少し用意します。圧縮空気を吹き付けながら、フィラメントをエクストルーダーから抜き差しします。そうすることで、溜まったゴミが取り除かれます。

2) フィラメント先端の抜き差し

エアダスターが手元にない場合は、上記と同様の手順を試すことができます。

先端にストリングが発生していないフィラメントを少し用意します。フィラメントをエクストルーダーから抜き差しします。フィラメントの抜き差しを何度か繰り返すことで、良好なクリーニングを行うことができます。

3) センサーの取り外し

次の手順に進む前に、PG-assembly-adapter があることを確認してください。お持ちでない場合は、使用するプリンタに応じて、以下のファイルを使用してプリントすることができます:
PG-assembly-adapter printed with MK4
PG-assembly-adapter printed with MK3/S/+

これまでの方法でうまくいかない場合は、フィラメントセンサーを取り外してマニュアルでクリーニングすることができます。この手順には、E軸の部分的な分解が必要です。

  1. フィラメントを取り出し、プリンタが完全に冷えるのを待ちます。その後、プリンタの電源を切ります。
  2. PG-カバーケースをPG-リング、ギアボックス、メインプレートと一緒に取り外します。これらの部品はすべて一括して取り外してください。
  1. ピンを使ってPrusaボールホルダー を外します。

  1. プルサボールホルダーから、スチールボールとマグネットとスプリングの組み合わせを慎重に取り外し、ゴミを取り除きます。ヒートシンクの溝もきれいにしておきます。
  1. プルサボールホルダーをスチールボール、マグネット、スプリングの順に組み立て直します。

  1. PG-カバーケース、PG-リング、ギアボックス、メインプレートとブロックを再び組み立てます。
ステップ6で分解した部品が1つのまとまりにならない場合は、Nextruder組立ガイドのステップ7~15、MK4キット組立ガイドの一部を参照してください。
Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us