JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

複合材料(カーボン、ケブラー、ガラスを充填したもの)

Last updated a day ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

基本的な情報

複合材料(PLA、PETG、ナイロン、PC、またはABSにカーボン、ケブラーなどを充填したもの)は、通常、そのままのフィラメントよりも機械的特性が優れています。複合フィラメントは寸法安定性に優れ、より軽量にすることができますが、プリントが難しくなります。
 
推奨ノズル温度:240-275 °C (フィラメントタイプによります)
 
推奨ベッド温度:75-110 °C(フィラメントタイプによります)
 
プリントシート:プリント面の準備は、フィラメントタイプによって異なります。詳しくはmaterial tableをご覧ください。

概要

炭素繊維やケブラー繊維、あるいはガラス粉末を、機械的特性を向上させるために様々なポリマーと混合しています。通常、PLA, PETG, Nylon, PC または ABS と組み合わせます。プリント設定を適切に行うことが必要ですが、フィラメントの柔軟性や強靱性、抵抗力が増します。フィラメント内部の繊維は寸法安定性を向上させ、軽量で反りにくいフィラメントになります。プリント温度は、未加工のフィラメントよりも若干高くなります。また、ノズルの詰まりやにじみ、フィラメントの折れなど、プリント特性が悪くなることも想定しておく必要があります。 

サポートされている材料特性の比較は、material table.をご覧ください。

長所

短所

✔ 耐摩耗性が良い

✖ 硬化鋼ノズルが必要

✔ 寸法安定性

✖ フィラメントが脆い

✔ 単一素材フィラメントと同様のプリント温度

✖ 層間密着性が悪い

✔ 見た目の良さ

✖ ノズル詰まりのリスクが高い

最適な用途

複合フィラメントは、主にRCモデル(ドローンのフレーム、機体、自動車部品など)、航空機産業(機能試作品)、自動車産業(機能試作品)の製造に使用されています。

プリント成功のヒント

硬化ノズルを使用する

炭素繊維やケブラー繊維は研磨性が高くノズルを摩耗させるので、 硬化ノズル を使う必要があります。

プリント前にノズルを清掃する

プリント前にcold pullを行い、ノズルが本当にきれいになっているか確認することをおすすめします。

ファーストレイヤーの設定

The first layer should be perfectly fine, otherwise, you risk the nozzle clogging. The higher the layer height is and the wider the nozzle diameter is, the lower the chance of clogging the nozzle is. The lowest optimal values are 0.4mm nozzle diameter and 0.2mm layer height.ファーストレイヤーのプリントが完璧であるのが理想です。そうでない場合、ノズルが詰まる危険性が高まります。レイヤー高さが高く、ノズル径が広いほど、ノズルが詰まる確率は低くなります。最も低い最適値は、ノズル径0.4mm、層高0.2mmです。

プリント面の準備

プリント面の準備は、フィラメントタイプによって異なります。詳しくはmaterial tableをご覧ください。

プリントサンプル

RCドローンのフレームタービン
 
Turboprop 
Was this article helpful?

Comments

0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us