JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

4. Z軸 の組み立て

4. Z軸 の組み立て

4. Z軸 の組み立て
Relevant for:
Last updated 2 years ago
4. Z軸 の組み立て
 Difficulty
Easy
 Steps
11
 Available languages
ENCSPLESDEITFR

Step 2 Z軸: モーターホルダーの組み立て

Z軸: モーターホルダーの組み立て
Z軸: モーターホルダーの組み立て
Z軸: モーターホルダーの組み立て
Z軸: モーターホルダーの組み立て
警告: 以下の 2つ のプリント部品は同じものではありません! それぞれ左向き、右向きの部品となっています。写真を確認してください。また、フレームが正しい方向を向いていることも確認してください。"PRUSA" ロゴが手前にある状態が正しい状態です。
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Z-axis-bottom-left (1個)
Z-axis-bottom-right (1個)
M3x10 ネジ (6本)
フレームの隣に、プリント部品を置きます。画像を見て、正しい方向に置かれていること を確認してください。(小さな丸い切り欠きは、外側になくてはなりません。)
それぞれのプリント部品を、M3x10 ネジ で固定します。締めこむ際には、無理な力をかけないでください! もし抵抗を感じた場合には、反対側からネジを差し込んでみて、ネジ穴を “掃除” してください。その後、前側から再度締めこんでみてください。

Step 3 Z スクリューカバー の取り付け

Z スクリューカバー の取り付け
Z スクリューカバー の取り付け
Z スクリューカバー の取り付け
Z スクリューカバー の取り付け
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Z軸 モーター (2個)
Z軸モーターは、それぞれ異なる長さのケーブルが取り付けられることに注意してください。ケーブルが短い方が左側で、長い方が右側のモーターです。
Z-screw-cover (2個)
モーターから台形ネジを取り外します。これは 絶対に捨ててしまわないでください! この部品は必要な部品です!
Z スクリューカバー を、それぞれの リードスクリュー に通します。
カバーは、モーターの位置までしっかりとねじ込まれている必要がありますが、締めこみ過ぎないように気を付けてください! モーターがスムーズに回れるようになっていなくてはなりません!

Step 4 Z軸: モーターの取り付け

Z軸: モーターの取り付け
Z軸: モーターの取り付け
Z軸: モーターの取り付け
Z軸: モーターの取り付け
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
左側の Z軸 モーター (Z axis left と書かれたラベルが貼られています。ケーブルが短い方です。)
右側の Z軸 モーター (Z axis right と書かれたラベルが貼られています。ケーブルが長い方です。)
M3x10 ネジ (8本)
2枚目の写真をご覧ください。短いケーブルのついているモーター (赤矢印) は左側に、長いケーブルのついているモーター (橙矢印) は右側です!
注意: モーターのケーブルがフレームを向くようにしてください! モーターを回転させながら調整してください。フレームにはそれぞれのケーブルに対して、小さな切り欠きが設けられています。
それぞれのモーターを、4本 の M3x10 ネジ で固定します。これらのネジは、プリント部品を壊さないよう、注意しながら均等に締め付けてください。

Step 5 X軸: 台形ナット (パート 1)

X軸: 台形ナット (パート 1)
X軸: 台形ナット (パート 1)
X軸: 台形ナット (パート 1)
X軸: 台形ナット (パート 1)
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
台形ナット (2個)
M3x18 ネジ (4本)
M3n ナット (4個)
X軸 を上下逆さにひっくり返し、X エンド の両方に設けられているスロットに、ナットを差し込んでください。
もしナットが入らなくても、力をかけて押し込まないようにしてください。この場合には、穴の部分に何か障害となってしまっているものがないかを確認してください。
注意: X エンド の プリント部品は、少しだけ形状が異なっている可能性がありますが、組み立て方法は変わりません。

Step 6 X軸: 台形ナット (パート 2)

X軸: 台形ナット (パート 2)
X軸: 台形ナット (パート 2)
X軸: 台形ナット (パート 2)
X軸 を注意しながら裏返します。
それぞれの X エンド に 台形ナット を差し込みます。
台形モーターナットは、正しい向きで取り付けるように注意してください!
ナット を M3x18 ネジ で締め込みます。
台形ナットにある4つの穴のうち、どれをつかっても構いません。
注意: X エンド の プリント部品は、少しだけ形状が異なっている可能性がありますが、組み立て方法は変わりません。

Step 7 X軸 と スムーズロッド を取り付ける

X軸 と スムーズロッド を取り付ける
X軸 と スムーズロッド を取り付ける
X軸 と スムーズロッド を取り付ける
X軸 と スムーズロッド を取り付ける
X軸 の組み立てが終わったら、以下のステップに向けて、次の部品を用意してください。
スムーズロッド (2本)
注意: 台形リードスクリューに X軸を取り付けるときは、十分に注意してください。 この手順はスムーズに行われないと、プラスチックナットの内側のスレッドを損傷する可能性があります。 必要に応じて軸を取り付け直してください。
X軸を 台形リードスクリュー に慎重にスライドさせます。 両方のネジを同時に回転させることにより、両方の 台形リードスクリュー が見えるまで X軸をスライドさせます。強い抵抗を感じる場合は、まず軸を取り付け直してください。
スムーズロッドの上部が、上部フレームの下端と平行であることを確認してください。
これから行う作業は、細心の注意を払って行ってください! 残っているスムーズロッド を X軸 ベアリングにやさしく通し、プリント部品に達するまで通してください。無理な力はかけず、ロッドを傾けないようにしてください!
もしベアリングの中からボールが押し出されてしまった場合には、その数をカウントしてください。1つ や 2つ であれば問題ありませんが、それ以上である場合には、新しい ベアリング をご注文ください。
注意: X エンド の プリント部品は、少しだけ形状が異なっている可能性がありますが、組み立て方法は変わりません。

Step 9 Z軸 のトップ部品を取り付ける (パート 2)

Z軸 のトップ部品を取り付ける (パート 2)
Z軸 のトップ部品を取り付ける (パート 2)
Z軸 のトップ部品を取り付ける (パート 2)
Z軸 のトップ部品を取り付ける (パート 2)
Z-axis-top-left を、ロッドの上に取り付け、フレームの上端と合わさるように調整します。
プリント部品に空いている穴が、フレームの穴と完全に合わさっていることを確認してください。
2本 の M3x10 ネジ を使って、Z-axis-top-left を固定します。
締めこむ際には、無理な力をかけないでください! もし抵抗を感じた場合には、反対側からネジを差し込んでみて、ネジ穴を “掃除” してください。その後、前側から再度締めこんでみてください。
このステップを、フレームの反対側にも同様に繰り返します。こちらには Z-axis-top-right を使ってください。
注意: X エンド の プリント部品は、少しだけ形状が異なっている可能性がありますが、組み立て方法は変わりません。

Step 10 Haribo time!

Haribo time!
Haribo time!
Z軸 は簡単でした、まだ 10% の グミ が残っていますよ。

Step 11 Z軸の完成!

Z軸の完成!
Z軸の完成!
Z軸 は完成です!
組み立てたフレームを確認して、写真と比較してみてください。
すべて確認しましたか? 次は5. E軸の組み立て へ進みましょう。
Was this guide helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us