JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

高度なキャリブレーション

All articles

  • 射出率のキャリブレーション

    射出率のキャリブレーション

    これは 高度なキャリブレーションであり、  経験豊富なユーザーにのみお勧めします。 射出率(Extrusion Multiplier)を使用すると、押出し流量を微調整できます。これは、 簡単に言えばノズルから出るフィラメントの量です。 つまり、PrusaSlicerの 射出率 設定とプリンターファームウェアの Flowrate 設定は、同じことを調整する2つの方法ですが、これら2つの設定の一方を調整しても、もう一方の値には影響しません。 この手順は、工場から出荷される新しいプリンタでは必要ありませんが、特殊な用途やフィラメン ...

  • ベッドレベル補正

    ベッドレベル補正

    このキャリブレーションは上級ユーザーを対象にしています! メッシュベッドレベリングとともに、この ベッドレベル補正は、1層目をプリントしたときの、わずかな不完全な場所でも、ユーザーが補正できるようにプログラムされた重要な機能です。 これにより、 ヒートベッドの左側、右側、前、および後のレベルを実質的に上下させることができ、 本質的にヒートベッドの4つのポイントのそれぞれに異なる Live Adjust Z 値 を設定できることになります。 この機能は、ヒートベッドの全プリントエリアを頻繁に使用する必要があるときに、最も役立ちます。 このキャリブレーションを実施する前に、もう一度スチールシート ...

  • Linear Advance

    Linear Advance

    This is an advanced calibration, recommended only to experienced users. Linear Advance (LA) is a technology that predicts the pressure build-up in the extruder when printing at higher speeds. The firmware of the ...

  • エクストルーダーのリニアリティ補正キャリブレーション

    エクストルーダーのリニアリティ補正キャリブレーション

    これは 高度なキャリブレーションですので、 経験豊富なユーザーにのみお勧めします。 このキャリブレーションは、ファームウェアバージョン3.2.0以降でのみ機能します。 リニアリティ補正は、カスタム電流波形の定義を可能にするTrinamicステッピングモータードライバーの機能を使用しています。 デフォルトのTrinamic波形は正弦波ですが、実際の波形は少し異なる場合があり、ステッピングモーターのタイプによって異なります。 また、同じタイプのモーターは異なる波形を持つことができます。 歪みが最大になるのは、波形がゼロクロスするとき(またはその周辺)なので、元の正弦波は、こ ...

  • PID tuning

    PID tuning

    PID tuning is a calibration procedure that ensures the printer holds a stable target temperature at all times. PID (Proportional Integral Derivate) is used on the Original Prusa printers to ...

  • MINIを正確に調整する

    MINIを正確に調整する

    輸送、組み立て、メンテナンス(ベルトの張り調整など)の際に、プリンターがわずかに傾き、ある軸が別の軸に対して垂直(90度の角度)にならないことがあります。ファームウェアで多少のずれは補正されますが、一番良いのは、最初からハードウェアを調整し、正立させることです。 この手順は、完全に動作するプリンターのみに適用されます。セルフテストやフィラメントの押し出しに問題がある場合は、この手順の先に進む前に修正する必要があります。プリンタの組み立ては、当社の説明書に従って行うことが重要です。特に重要なのは、ベッドアッセンブリー(Y軸)とバディーケース(XZ軸)の位置関係と、取り付け状態です。 ここでは、特 ...

  • Manual temperature calibration

    Manual temperature calibration

    The following procedure is extracted from our Github. Manual temperature calibration procedure: Disable temperature calibration by the M861 Z gcode. This will store zero offsets to EEPROM for all PINDA sensor temperatures ...

Top Prusa Forum Posts

    Nothing found.

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.