JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

プリント品質のトラブルシューティング

Guides

プリント品質のトラブルシューティング

プリント品質のトラブルシューティング

All articles

  • 1層目の問題

    1層目の問題

    これは、3Dプリントにおける最も一般的な問題であり、おそらく誰もが最初に遭遇する可能性が高い問題です。1層目は、プリントするオブジェクトの土台となるため、重要なレイヤーです。 したがって、1層目が不完全だと、プリントが失敗する可能性が高くなります。 多くの一般的な3Dプリントの問題は、1層目が不十分であることに起因しています。 1層目をプリントするときに問題が発生する可能性がいくつかあるので、これらの問題を回避するために何ができるかを見てみましょう。 最適なプリント品質を実現し、プリントが失敗する可能性を最小限に抑えるために、プリントする表面を定期的にメンテナンスする必要があります。 簡単な手 ...

  • 射出不足

    射出不足

    プリントのレイヤーでフィラメントが欠けている場合、下から押し出し具合を確認することができます。押し出し不足のレイヤーを持つ印刷物は壊れやすく、バラバラになる傾向があります。押し出し不足の原因はいくつか考えられますが、最近プリンタを変更した (あるいは長期間メンテナンスをしていない) 場合は、そこに原因がある可能性があります。 Example of severe under extrusion (left cube) and a normal print (right cube). 押出不足の一般的な要因は: 1層目キャリブレーションが近すぎる Slicer 設定 ノズル Extruder g ...

  • レイヤーの位置ズレ

    レイヤーの位置ズレ

    レイヤーの位置ずれは、プリントオブジェクトのレイヤーが特定の位置でずれてしまうプリント上の問題です。通常、X軸やY軸の異常な動きにより、プリント中にエクストルーダーヘッドの位置がずれてしまうことが原因です。 この問題を正しく解決するためには、レイヤーがどの軸方向でずれが起きたか確認することが重要です。以下の3枚の写真は、3種類のレイヤーのずれを示しています。トラブルシューティングの方法は、どちらの軸でも同じです。 レイヤーの位置ずれは、ベルトの張力が間違っていたり、プーリーが固定されていないことが原因で起こることがほとんどです。      Prusa i3 ...

  • The Benchy hull line(船のベンチマーク)

    The Benchy hull line(船のベンチマーク)

    3DBenchy は、CreativeToolsが3Dプリンタのテストとベンチマーク用に特別に設計した3Dモデルです。完璧なBenchyをプリントする方法は誰もが知りたいことであり、そのためのテクニックが追究されています。このモデルの発表以来、プリントには程度の差こそあれ、ある特定の問題が発生するようです。それこそが、悪名高い、Benchy hull line(船体の線)です。 安価なものから高価なものまで、市場にあるすべてのFFFプリンタのプリントで見ることができます。スライスソフトの種類に関係なく確認できます。どのような材料でプリントしても確認できます。2015年のBenchy リリース動 ...

  • 糸引きと垂れ

    糸引きと垂れ

    糸引きやにじみは、「ヘアリープリント」とも呼ばれ、プリントしたモデルに小さな糸状のフィラメントが残ることを指します。これは通常、エクストルーダーが別のオブジェクトに移動している間に、フィラメントがノズルから流れ続けたときに起こります。これは、オブジェクトの間に残されたフィラメントの線として見ることができます。 この問題は、プリント温度が非常に高い場合や、不適切なリトラクション設定を使用した場合に発生します。PrusaSlicerの設定をいくつか変更し、ハードウェアもチェックすることで解決します。 ノズルに残った材料による糸引き PETGなどの単一種類のフィラメントで長時間プリン ...

  • 脆弱なブリッジ

    脆弱なブリッジ

    ブリッジングとは、サポートを使わず、空気の上にレイヤーをプリントすることを指します。不可能なことのように聞こえるかもしれませんが、当社のMK2およびMK3プリンタでは、それほど難しいことではありません。ただし、押し出されたプラスチックをプリントファンを使って空中で冷やす必要があるため、最良の結果が得られるのは短い距離に限られることを覚えておいてください。見栄えの良いブリッジレイヤーをプリントするには、3つの重要な設定があります。PrusaSlicerの設定、速度、そして冷却です。   ブリッジングの典型的な問題は、上の写真に見られるようなたるみ、垂れ下がりです。   解決 ...

  • 反り

    反り

    PCブレンド、ASA、ABSなどの高温材料を使用したプリントの場合、大きなオブジェクトをプリントすると、オブジェクトの角がベッドから浮き上がるという問題に遭遇することがあります。これは、ノズルの溶融温度と周囲温度との間に急激な温度差が生じた場合に起こります。これが起こると、プラスチックが収縮したり、反ったりします。私たちの目標は、プリント部品が受ける熱衝撃を最小限に抑え、反りが少なくなるようにすることです。反りが少ないということは、残留張力が少なく、強度が高いということでもあります。 冷えたプリントシート面にスティックのりを薄く塗ることで、接着を助けると同時に分離層としても機能し、プリントシー ...

  • ゴースト現象/ゴースティング

    ゴースト現象/ゴースティング

    ゴースティングは、モデルの鋭いエッジの後に続くいくつかの波によって典型的に認識することができます。例えば、3DBenchyの写真では、マークされた箇所で見ることができます。 ゴースティングの解消(MK2/2.5/S and MK3/S): X軸とY軸のベルトの張りを調整します。最適なベルトのテンションを見つけるには、少し時間がかかるかもしれません。ギターの弦を弾くようにベルトを弾いてみてください。深みのある低音が聞こえるはずです。ベルトの締め付けが強いと、より高い音色を奏でます。ベルトの締め付けが弱いと、低い音になります。 また、プリンタのLCDメニューにあるBelt Statusの値を確認 ...

  • サポート面上に生じる見栄えの悪い面

    サポート面上に生じる見栄えの悪い面

    一般的には、サポートが全く必要ないようにオブジェクトを回転させてポイントを見つけるのが常に最良の選択です。しかし、複雑なオブジェクトをプリントする必要がある場合、いずれにせよサポートを多用することになります。サポート構造を取り除いた後、サポートの上の表面がプリントの残りの部分より悪く見えることに気づくかもしれません。 上の写真は、プリント設定が最適でない場合に表示されるアーティファクトです。 サポート上部の見栄えの悪い面を修正する方法 もう一度、PrusaSlicerでオブジェクトを回転させてみて、より少ないサポートで済むような良い向きを探してみてください。 また、Cut tool [進行中 ...

  • レイヤー分離とFDMオブジェクト特有の割れ

    レイヤー分離とFDMオブジェクト特有の割れ

    これは、プリントされたレイヤーとそのラミネートが、層ごとに剥がれてしまうことを指します。ほとんどの場合、間違ったプリセット/カスタムプロファイル、間違った温度、プリントファンや周囲の環境からの過剰な冷却が原因で起こります。 レイヤーセパレーションは、ヒートベッドがなかった頃の "昔 "の問題であり、ABSのような材料では、より深刻です。PrusaSlicerのプリセットがあるMKシリーズのハードウェアでは、特にPLAやPETGのような材料では、ほとんど問題にはなりません。 クラックとレイヤー欠落を見分けるのは難しいことではありません。割れたレイヤーを見分けるには、少し上向きに曲げたり反ったりし ...

Top Prusa Forum Posts

    Nothing found.

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.