JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

プリンタートラブルシューティング

All articles

  • ノズル/ホットエンドの詰まり (MK3S, MK2.5S)

    ノズル/ホットエンドの詰まり (MK3S, MK2.5S)

    液体を流すパイプと同様に、3Dプリンターのホットエンドで溶融フィラメントが詰まることがあります。ここでは、3Dプリンターのタイプや品番に共通する主要な詰まりの原因を説明します。また、そもそも詰まりが形成されるのを防ぐ方法に関するヒントがあります。 詰まり現象について 一番わかりやすい詰まり現象は、フィラメントが挿入されているのに溶融フィラメントがノズルから出てこなくなるというものです。ただし、ホットエンドの部分的にしか詰っていないこともありますので注意が必要です。この部分的な詰まりが発生しているかどうかは、フィラメントのロード/アンロードは正常に行えるのでわかりにくいのですが、プリント中の積層 ...

  • プリント途中でエクストルーダーの押し出しが止まる現象(ヒートクリープ)

    プリント途中でエクストルーダーの押し出しが止まる現象(ヒートクリープ)

    プリンタが突然フィラメントを押し出さなくなったのに、エラーの報告もなくプリンタがプリント動作を続ける場合、ヒートクリープの被害を受けている可能性があります。 どのように見えるか? 大雑把に言うと、ヒーターブロックより上のホットエンドの部分が熱くなりすぎることをヒートクリープと呼びます。通常の場合、フィラメントはノズルのすぐ上で溶け始めます。しかし、ヒートブレイクが熱くなりすぎると、熱はホットエンド全体に不規則に上方に膨張し、フィラメントはホットエンド内の高い位置で軟化し始め、目詰まりを引き起こします。エクストルーダーのモーターは引き続きフィラメントを押し込もうとするため、「カチカチ」「コツコツ ...

  • IRフィラメントセンサーのトラブルシューティング(MK2.5S, MK3S)

    IRフィラメントセンサーのトラブルシューティング(MK2.5S, MK3S)

    IRセンサーは、小さな機械式レバーでトリガーされるように構成したIRレーザーセンサーとの組み合わせによるハイブリッドソリューションです。これは、IRセンサーがうまく動作していないとき、問題の原因がセンサー自体ではない場合があることを意味します。 問題は次のように表示されます: オートロードが機能しません。 フィラメントセンサーが終了を検知しません プリンタは、プリント開始時にフィラメントをアンロードしてしまい、再びロードするように要求してきます。 問題を解決する前に急いでプリントしなければならないときは、LCDメニュー -> Settings -> Fil. Sensor [O ...

  • ファクトリーリセット (MK2S/MK2.5S/MK3S)

    ファクトリーリセット (MK2S/MK2.5S/MK3S)

    トラブルシューティングの際に、プリンターのメモリーから設定、キャリブレーション、統計データを消去するために、ファクトリーリセット(工場出荷時状態に戻す)を使用することができます。 ファクトリーリセットの実行方法は2通りあります。手順は、お使いのファームウェアのバージョンによって異なります。まず、LCD menu - support - Firmwareに移動して、ファームウェアのバージョン番号を確認します。バージョン番号が分かったら、以下の対応する手順を使用してください。プリンタのファームウェアを常に最新の状態に保つことをお勧めします。 MMU2S本体をファクトリーリセットするには、follo ...

  • IR filament sensor calibration (MMU2S)

    IR filament sensor calibration (MMU2S)

    When used with the new Multi Material Upgrade 2S, the new IR filament sensor needs to be calibrated before first use, in order to work properly. The calibration of the ...

  • MK3Sがフィラメント交換を促し続ける

    MK3Sがフィラメント交換を促し続ける

    Original Prusa MK3S(およびOriginal Prusa MK2.5Sアップグレード版)では、新しいフィラメント感知システムを備え、完全に設計し直されたエクストルーダーを導入しています。これは、小さな機械式レバーで作動するIRレーザーセンサーを組み合わせたハイブリッドソリューションです。このシステムは、フィラメントの光学的特性の影響を受けず、機械的摩耗の影響を受けません。 どのようなものか このガイドは、フィラメントのオートロードが機能している(あるいは時々作動するとしても)にもかかわらず、プリンタがプリントの始めにフィラメントを下ろして再びロードするよう求め続ける、言い換え ...

  • 茶色のヒューズ (MK3/MK3S/MK3S+)

    茶色のヒューズ (MK3/MK3S/MK3S+)

    Prusa i3 MK3シリーズプリンタには、重要な部品を保護するためのヒューズが搭載されています。プリンタまたはその部品の一部が突然動作しなくなった場合は、これらのヒューズを確認し、必要に応じて交換することをお勧めします。 Einsy RAMBo ボード MK3シリーズには、24V Einsy RAMBoボードが搭載されています。前作同様、このロジックボードには3つの取り外し可能な自動車用ヒューズが搭載されています。 使用するヒューズは、自動車用のATOブレードヒューズと呼ばれるもので、お近くのカー用品店、またはオンラインで注文することができます。同じヒューズを入手できるように、切れたヒュー ...

  • スパゲッティモンスター

    スパゲッティモンスター

    なぜスパゲッティ・モンスターという名前が付けられたのか? このプリントの問題は、まさに「スパゲッティ」のように、プリントの上に、そしてその周りに、カオスがあるように見えます。これは、プリント中に下のオブジェクトが動いたり崩れたりしたために、プリントヘッド(エクストルーダー)が誤った位置にフィラメントを吐出したものです。 ファーストレイヤーが完璧でない場合、あらゆるプリントの失敗の可能性が高まります。 最も一般的な理由 プリント中にプリントオブジェクトがベッドから剥がれる プリント中にプリントオブジェクトが崩れる 3Dモデルやスライスファイルにエラーがある トラブスシューティング ファー ...

  • ノズルがヒートベッドに衝突する

    ノズルがヒートベッドに衝突する

    この場合、P.I.N.D.A.またはSuperPINDAセンサーに問題があることを示しています。P.I.N.D.A. とは、Prusa INDuction Auto leveling の略です。MK2/S、MK3/SのZ軸エンドストップです。ある範囲内の金属を正確に検出するため、ノズルがベッドに衝突する場合は、ノズルに対してP.I.N.D.Aの調整位置が高すぎるか、センサー自体またはケーブルの故障が考えられます。 P.I.N.D.A.の不具合や調整不良は、メッシュのベッドレベリングやXYZキャリブレーションの際にも問題を引き起こす可能性があります。 P.I.N.D.A.センサーのテスト P. ...

  • ヒートベッドが正常に加熱されない

    ヒートベッドが正常に加熱されない

    ヒートベッドが加熱されない場合、原因を特定するために確認すべき点がいくつかあります。 温度測定について 赤外線温度計で温度を測定するのは、正しい方法ではありません。中心部のレーザーポイントよりもはるかに大きな円の平均を測定するため、ヒートベッドの側面では著しく低い温度を示すことがあります。さらに、放射率というパラメータもあり、これは安価な温度計では固定されているのが普通です。放射率を単純化すると、表面によって異なる温度を測定することになります。 プリントシートとヒートベッドの底面温度には差があります(5~10℃程度)。 正しい温度測定は、サーミスタや接触型温度プローブを熱伝導ペーストでシートに ...

Top Prusa Forum Posts

    Nothing found.

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.