JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ポリプロピレン(PP)

Last updated 5 days ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

基本的な情報

ポリプロピレン(PP)は、食品加工業界で保管や包装によく使われる軽い素材です。部分的に柔軟性のある部品のプリントに使用できます。価格が高く、プリントも難しいため、初心者にはお勧めできません。
 
推奨ノズル温度:220 °C
 
推奨ベッド温度:100 °C
 
プリントシート:スムースPEIシートにPPテープを貼ると、最適な定着が可能です。

概要

3Dプリントでは、PP(ポリプロピレン)は主にヒンジ、ストラップ、ベルト、その他の曲げられるパーツを作るために使用されます。この材料の主な欠点は、その価格とプリント面の接着性が非常に低いことです。PPは、酸、塩基/灰分、有機溶剤に対してかなり優れた耐性を持つ。PPは軽量で、食品にも安全です(ただし、通常の3Dプリントの食品安全に関する制限は適用されます)。薄い層では半透明になります。

サポートされている材料特性の比較は、material table.をご覧ください。

長所

短所

✔ 軽量な材料

✖ プリント面に定着しにくい

✔ 高い耐薬品性

✖ 特に大型モデルでは大きな反りが発生する

✔ 高い粘着力

✖ 高価

最適な使い方

PPは、食品に安全であり、曲げられるものを作るために主に使用されています。

プリントを成功させるためのヒント

表面処理

メーカーは通常、以下のような表面処理を推奨しています: PPホイル(PPテープ)、Magigoo PPを使用したガラス/ミラー。PPテープを貼ったのスムースPEIシートを使用し、より良い定着のために高い温度を設定することをお勧めします(しかし、最初の層は比較的低くしてください)。パウダーコートサテンシートにPPをプリントすることも可能ですが、PPテープ付きのスムースPEIシートに比べて接着力が弱くなる可能性がありますのでご注意ください。

温度

温度は、特定のフィラメントブランドによって異なる場合がありますが、標準値は、ノズルのための225〜245℃と加熱ベッドのための80〜105℃の間のどこかです。PPは非常に反りやすいので、enclosureを使用したプリントを検討してください。

 Original Prusa Enclosureは、弊社e-shopでご購入いただけます。

また、エンクロージャーを自身で製作することも可能です。

 

プリントサンプル

 
折り曲げ可能なオブジェクト 
Was this article helpful?

Comments

0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us