JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

M.I.N.D.A./SuperPINDA センサーのテスト (MINI/MINI+)

Menu
Last updated 6 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

P.I.N.D.A. とは、Prusa INDuction Autoleveling sensor の略で、プリンタのキャリブレーションを容易にする重要な部品です。3種類のバージョンがあります。:

  • P.I.N.D.A. V1 - MK2/S and MINI に使われています。
  • P.I.N.D.A. V2 - MK2.5, MK2.5S, MK3, and MK3S に使われています。
  • SuperPINDA - MK2.5/S, MK3/S/+, and MINI+ に使われ、互換性があります。

P.I.N.D.A V1とV2の違いは、P.I.N.D.A V2にはサーミスタが内蔵されており、冷温差測定を補正することができる点です。V1とV2は互換性がありません。ただし、SuperPINDAとPINDA V2は互換性がありますが、ファームウェアの更新が必要な場合があります。SuperPINDAは、高品質の部品と製造により、サーミスタを必要としないため、サーミスタを搭載していません。

SuperPINDAが装着されているMK2.5/MK2.5Sプリンタでは、ファームウェアバージョン3.9.3以上を使用する必要があります。さらに、 LCD Menu -> Settings -> HW settings -> SuperPINDA -> ON と進み、P.I.N.D.A. V2ではなくSuperPINDAをインストールしていることをプリンタに認識させる必要があります。SuperPINDAを使用しているMK3SおよびMK3S+のユーザーは、ファームウェアバージョン3.9.2以上を使用する必要があります。

P.I.N.D.A./SuperPINDA センサーのテスト

まず、センサーが動作するかどうかを確認する必要があります。このテストには、小さくて薄い金属製の物体(ヘラ、ハサミ、ペンチなど)が必要です。また、プリンターは最新のfirmware version for your printer modelで動作している必要があります。

  1. LCD横のノブを3秒間押しながら回すと、エクストルーダーがヒートベッドから約10cm上に上がります。これは、金属から距離をとるためです。
  2. ファームウェアのバージョンが3.5.3以降であれば(MK2/Sでなければ)、LCD Menu -> Support -> Sensor info で、センサー値(「PINDA:」1または0)を見ることができます。
ファームウェアバージョン3.5.3以前は、LCD Menu -> Calibration -> Show end stops でP.I.N.D.A.センサー値を確認することが出来ました。MK2/Sをお持ちの方は、そこでZ値を確認することができます。
 
  1. P.I.N.D.A. /SuperPINDAセンサーの下に金属製の物体(ヘラ、ドライバーなど)を置く。値が0から1に変化し、センサー上部の赤いランプが消灯します。
  2. X軸に沿ってエクストルーダーを手で動かし、エクストルーダーのケーブル束を動かしてみてください。センサーの下に何か金属がある限り、値は1のままであるはずです。
最も頻繁に起こる問題の1つは、ジップタイを締めすぎて、P.I.N.D.A.センサーケーブルが特定の位置に移動したときに故障してしまうことです。すべてのジップタイを再確認し、締めすぎていないことを確認してください。

PronterfaceでP.I.N.D.A.センサーの読み取りをテスト

P.I.N.D.A.センサーが正常に動作するかどうかを確認する方法はもう一つあります。以下の手順を3回行ってください。安定した測定のために、必ず同一条件下でテストしてください。  

Pronterfaceは、Catalinaが32bitアプリのサポートを打ち切ったために新しいバージョンのiOS(Apple Laptop)には対応していない可能性があります。しかし、いくつかの回避策があります。url=https://github.com/kliment/Printrun/issues/1016|title=このGithubのスレッド] を参照してください。

  1.  PronterfaceとUSBケーブルのガイドに従って、プリンターとパソコンを接続します。
ノズルがきれいであること、印刷面に障害物がないことを確認してください。
 
 
  1. コマンドラインにG80-commandを入力します。メッシュベッドのレベリング処理のトリガーとなる。
  2. 処理が完了したら、G81-commandを入力して、7×7の値の配列に対して補間されたZ値のレポートを得ることができます。

データ配列を比較します。行列の各数値はあらかじめ決められた位置にあることに留意し、常に同じ位置の数値を比較する。3つの測定値の間に有意な偏差(>0.2)がないことを確認したいと思います。

P.I.N.D.A.センサーやその他のハードウェアを調整した後は、最初からCalibration Wizzardを実行することをお勧めします。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.