JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

Gコードの置き換え

Relevant for:
Last updated 3 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR
この機能はPrusaSlicer 2.4.1以降で利用可能になります。

PrusaSlicerは、検索と置換のペアを指定することで、一般的なテキストエディタと同様に、正規表現マッチング、大文字と小文字の区別、単語全体のマッチングをオプションで指定し、シンプルなGコードの後処理を提供します。正規表現は非常に強力で汎用性の高いツールであり、非常に複雑な置換も設定できます。より複雑な後処理が必要な場合は、代わりに外部の後処理スクリプトを使うことができます。

[プリント設定]->[出力オプション]からアクセスできる機能です。

Gコードはプレビューされる前に処理されるため、変更はGコードプレビューに表示されます。Verbose Gコードをオンにすると、PrusaSlicerが追加の注釈を生成し、正規表現でマッチさせることができます。

正規表現の構文

Perlの正規表現構文はboost Perl正規表現構文で説明されているようにサポートされており、"single line "修飾子はPerlのs/修飾子を模倣しています。正規表現が有効な場合、"Replace with" パターンは、boost 拡張書式構文で説明されているように、"extended" 構文をサポートします。lookaheadとlookbehindは正規表現エンジンでサポートされるが、固定長のパターンのみである。正規表現が無効の場合、n、r、t、プレースホルダは、メモ帳++の「拡張」構文と同様に、「検索」と「置換」の両方のパターンでサポートされます。

G-code find/replace post-processor はG-codeをブロック単位で処理し、Zから始まる各レイヤーに対して1つのG-codeブロックを生成して次のレイヤーに移動します。複数の検索/置換パターンは、次のGコード・ブロックを処理する前に、1つのGコード・ブロックに1つずつ適用されます。複数行のパターンをマッチさせることは可能ですが、1つのGコード・ブロックの中だけです。正規表現は強力ですがトリッキーなので、正規表現に慣れ、PrusaSlicerに入力する前にGコードを修正する正規表現をテストして微調整するために、正規表現101オンラインプレイグラウンドをお勧めします。正規表現101オンラインプレイグラウンドで正規表現のフレーバーをECMAScriptに切り替えることを忘れないでください。

 

それなりに複雑な正規表現による、かなり強力なGコード修正の例: トップ・ソリッド・インフィルの押し出し率をデフォルトの95パーセントから98パーセントに上げる。
Find:

(;TYPE:Top solid infilln)(.*?)(;TYPE:|$)(?!Top solid infill)

Replace with:
${1}M221 S98n${2}M221 S95n${3}

Modifiers: regexp, single line

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us