JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

Bondtechギアのチェックとアラインメント調整(MK3S/MK2.5S)

Last updated a month ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

Bondtechギアは大きな引っ張り力があります。この機構は安定しているように見えますが、適切に締められていないと、モーターシャフトのフラット面から緩んで、シャフトは回転していてもギアは静止したままになることがあります。この現象は最初は断続的で、一見、射出不足が発生したようにみえますが、ギアが緩み続けたり、フィラメントパスに合わなくなったりします。

典型的な問題(偽の詰まり)

これは最初は詰まりのように見えるかもしれませんが、モーターシャフトは問題なく回転していて、ホットエンドが詰まったときによく発生するカチッという音が聞こえないことから判定できます。フィラメントはまったく動かず、引き抜くとギアで削られたようになっていないため、「偽またはゴースト詰まり」と呼ばれています。

モータシャフトに線を引いて、シャフトが回転しているかどうかがチェックできて便利です。

Bondtechギアへのアクセス

まず、1.5mmと2.5mmの六角レンチを用意します。 2.5 mmの六角レンチを使用して、バネで固定されたアイドラーネジを緩めて外し、アイドラードアを開けます。Original Prusa MK3S & MK3S+(左の写真)では1つ、Original Prusa MK3(右の写真)では2つです。 MMU2Sのエクストルーダーには1つのネジですが、いくつかの追加パーツがあります。

Original Prusa MK3S & MK3S+Original Prusa MK3 (Sでない/+-アップグレード)
 Original Prusa MMU2Sでは、ヒンジとして機能するネジ(赤矢印)を取り外して、アイドラードア全体(青矢印)を取り外す必要があります。
Original Prusa MK3Sでは、エクストルーダーの上部にある1本のネジを外してフィラメントセンサーカバーを取り外し、アイドラードアを完全に開きます。

モーターシャフトを回転させる

これで、Bondtechのギアにアクセスできるようになります。アイドラードアを開いた状態で、Bondtechギアがモーターシャフトのフラット面に固定されているかどうか、およびギアがフィラメントパスと合っているかどうかを確認します。モーターシャフトを手で動かすことはお勧めしません。 LCDメニューから回転を指示するのが最善です。

  • LCDメニュー -> Setting -> Temperatures -> Nozzle -> 180 °C.でノズルを予熱します。ファームウェアの設定で、少なくとも175°Cに加熱しない限り、エクストルーダーモーターを回転させないようになっています。
ノズルが熱くなっています! やけどをしないように注意してください。
  • LCDメニューで、Settings -> Move axis -> Extruderを選ぶと、LCDパネルのノブでエクストルーダーモーターを回転させることができます。 

モーターシャフトのフラット面が見えること (赤線)、プーリーの黒い止めネジ (紫矢印)と位置が合っていること、およびプーリーの刃溝がフィラメントパスと位置が合っていること (緑線)を確認します。

錆やロックタイトが原因で止めネジの六角形部分の溝が詰まっていることがあります。強い力を加えると、ネジの頭をなめてしまう危険があります。過度の力を加える前に、テクニカルサポートに相談してください。

上から挿入したフィラメント (青矢印)を使用して、位置合わせ確認ができます。次に、1.5 mm六角レンチまたは爪を使って、Bondtechギアを所定の位置に移動してから、固定ネジを固定します。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.