JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

これは、3Dプリントにおける最も一般的な問題であり、おそらく誰もが最初に遭遇する可能性が高い問題です。1層目は、プリントするオブジェクトの土台となるため、重要なレイヤーです。 したがって、1層目が不完全だと、プリントが失敗する可能性が高くなります。 多くの一般的な3Dプリントの問題は、1層目が不十分であることに起因しています。 1層目をプリントするときに問題が発生する可能性がいくつかあるので、これらの問題を回避するために何ができるかを見てみましょう。

最適なプリント品質を実現し、プリントが失敗する可能性を最小限に抑えるために、プリントする表面を定期的にメンテナンスする必要があります。 簡単な手順なので、ティプスと推奨方法を見てみましょう。

プリント面の準備方法 

 手や汚れた道具で プリント面に触れない場合は、毎回のプリントの前に表面をきれいにする必要はありません。 ベッドと 同様に使用する道具も掃除しておくと 、次のプリントをすぐに開始できます。

イソプロピルアルコール

プリント面との良好な密着性を得るには、プリント表面をきれいにしておくことが重要です。 ABS、PLA、およびその他の多くの材料でプリントするときの一番良いクリーナーは、90%イソプロピルアルコール(IPA)です。これは通常、地元のホームセンターやドラッグストアで購入できます。 エタノールでも大丈夫です。ただし濃度には注意が必要で、 常に90%のIPAを使用することをお勧めします。濃度の低いものには、不適切な化学物質や油が含まれている可能性があります。 

PETG、XT、およびCPHフィラメントは例外です。接着力が強くなりすぎて、スムーズPEIシートが損傷することがあります。 分離剤(スティックのりなど)の使用をお勧めします。 これらの材料を使用してプリントする方法の詳細については、材料ガイドをご覧ください。

皮膚/化粧品、すなわち皮膚または爪用の洗浄剤(IPAなど)には、保湿剤やオイルなどの不適切な添加剤が含まれている場合があります。

窓ガラス用洗剤

2番目のやり方は、アンモニアを含む ウィンドウクリーナー (Windexなど)をペーパータオルにスプレーして、ベッド表面を拭くことです。 ウィンドウクリーナーは、IPAよりも表面の脱脂が少ないことに注意してください。 ベッドは熱くなっていても掃除できます。表面やノズルに直接触れないように注意してください。 または、ペーパータオルと 温水および数滴の食器用洗剤 を組み合わせて表面をきれいにすることもできます。

アセトン

表面のPEIは、数百時間使用すると接着力が下がってくることがあります。 モデルの密着が以前よりも弱くなってきたと感じるようになったら、アセトンで表面を完全に拭いて接着力を回復させます。 これは、スムーズPEIシートでのみ、また、月に1回程度の頻度で使用する必要があります。  アセトンを使いすぎないでください。 頻繁に使用すると、PEIの表面がもろくなります。 また、PETGでプリントする前に アセトン を使用しないでください。

テクスチャー加工のスチールシートには、絶対にアセトンを使用しないでください。 ネイルカラーリムーバーやブレーキクリーナーなどの他の溶剤にも、アセトン(アセテート)が含まれていることがあります。

のり

のりは、接着力を高めるための優れた使いやすいツールです。 また、保護分離層を生成してくれます。 3Dプリント用に特別に作られた接着剤は必要ありません。 一般的な(PVAベースの)スティックのりを使用できます。 これはPrusaプリンターに付属しています。 私たちの経験から、PLAを印刷する場合は特に必要ありませんが、以下のものでは、のりを塗るのが推奨される場合があります:

ウィンドウクリーナーや食器用洗剤でPVAのりを簡単に拭き取ることができます。
他の種類の接着剤を代用して使用しないでください。 シートに瞬間接着剤を塗らないでください! 表面積の大きいプリントを取り外すときに、へらを使用しながら外す方がよい場合があります。 スムーズPEIシートが破れる可能性があるため、シートを曲げながらプリントを取り除くときは、優しく作業してください。

ABSジュース

ABSでプリントするときに、シートの種類がスムーズPEIの場合にのみ、ABSジュースが使用できます。ABSジュースはアセトンにABSを混ぜたものです。 ABSジュースを塗るときは非常に優しく、ベッドが冷えている状態で行ってください。 プリント品は非常に強くベッドに密着します。 

当社製ジュースはeショップで購入できます。 purchased in our e-shop ただし、残念ながら、UPSサービスでは、輸送上の制約により、アセトン系製品を航空便に乗せることができません。
テクスチャードシートにABSジュースは絶対に使用しないでください。

再表面化

ノズルやツールによって、シート表面に小さな跡が残ることがあります。 通常、それらの跡は他の部分よりも光沢があります。機能や接着性には影響しません。 ただし、再表面化することで、プリントベッド全体で同じ表面の外観にすることができます。

再表面化の最も簡単な方法は、乾いたキッチンスポンジの固い方の面を使って、跡がある部分に円を描くように数回優しく拭くことです。 他の方法としては、細かい紙やすり(400番-600番)を使用して、シートを軽くこすってください。 その後、IPAで拭き取ります。

steelsheet comparison

スムーズPEIシート 
  • イソプロピルアルコール90%+ (IPA) - ベスト脱脂剤
  • Windex - 脱脂効果は
    IPAよりは劣る
  • 温水+食器用
    洗剤を数滴
  • (IPA等でシート上の糖分
    残留物が除去できない場合)
  • アセトン-シートを復
    活させるためごくたまに
  • PETGをプリントする時は、Windexを使う
  • FLEX, PETG, および他のPET系材にはスティックのりを使う
  • IPA + PETGを使用すると、プリントがシートに非常に強く付着します。 取り除くことが非常に難しくなるかもしれません 
テクスチャードパウダーコート
シート
  • イソプロピルアルコール90%+ (IPA) - ベスト脱脂剤
  • アセトン使用禁止!
  • Windex - 脱脂効果はIPAよりは劣る

ノズルがシートに近すぎ/離れすぎ

ノズルがプリントベッドに近すぎると、プラスチックがエクストルーダーから出てくるのに十分なスペースがなくなります。 ノズルをプリント面に近づけすぎると、機構的にノズルの開口部が塞がれた形になって、プラスチックが押し出されてこなくなります。 この問題は、プリンタが最初の1、2層のプラスチックをうまく押し出していないなどの現象で簡単に認識できます。 ライブアジャストZ機能と 1層目のキャリブレーション (i3)オプションを使用して、ノズルの高さを微調整します。

まず、第1層のキャリブレーションは、LCDメニュー→Calibration→First layer calibrationで実行できます。 この手順の詳細につきましては、別ページ 1層目のキャリブレーション (i3)を参照してください

接着力が弱いときに、Live Adjust Z値を低く(マイナス値を大きく)設定することで最初のレイヤーを押しつぶすようなことはしないでください。 ノズルを下げすぎると、ノズル先端がシートに損傷を与え、過度の負荷や振動を引き起こす可能性があります。 誤ったLive Adjust Z値によって引き起こされた損傷は、保証の対象外です。

スピードと温度

プリントスピードを下げる

上記の方法で問題が解決しない場合は、プリントスピードを下げてみてください。 それを実行する最も簡単な方法は、プリント中にノブを回転させることです。 反時計回り=速度を下げる、時計回り=速度を上げる。 最初の3レイヤー分の速度を約75%に下げてから、通常に戻すことをお勧めします。

first layer calibration lcd

推奨のプリント温度にしてみる

推奨されるノズルとヒートベッドの温度を使用してください。PrusaSlicerは選択した材料に基づいてそれらを正しく構成するため、手動でプリンターの温度を調整する必要はありません。 うまく付着しない新しい材料を試している場合は、ヒートベッドの温度を5〜10℃上げてみてください。 こうすると、プラスチックは多少良くくっつきます。

recomendet printing temperatures

完全または部分的な詰まり

エクストルーダーが詰まっている可能性があります。 これは、過剰な破片がノズル内に詰まった場合、高温のプラスチックがエクストルーダー内に長時間保持された場合、またはエクストルーダーの熱冷却が不十分でフィラメントが目的の溶融ゾーンの外側で軟化し始めた場合に発生しやすくなります。 詰まったエクストルーダーを修理するには、エクストルーダーの分解を要する場合があります。 詳しくはこちらノズル/ホットエンドの詰まり (MK3S, MK2.5S)をご覧ください。

うねりのある表面 

プリント表面にうねりがあり、メッシュベッドレベリングではうまく調節しきれないときは、プリント面の水平レベルを合わせるために、水平レベルから下がっているところのスチール板の下に紙を挟んでみてください。 根本的な解決法は、ファームウェア ベッドレベル補正を実行することです 。

uneven sheet

シートが正しく配置されているか 

プリントする前に、プリントシートが正しく取り付けられていること、および前のプリントの残渣やシートの水平レベルに影響を与える可能性のある細いフィラメントゴミなどが付着していないかチェックしてください。 また、シートが平らで、曲がったり損傷したりしていないことを確認してください。

correctly placed sheet

ブリム(つば)

ベッドに接着剤を追加塗布することを検討する前に、PrusaSlicerのブリムオプションを使用するなどして、最初の層の表面積を増やしてみてください。 詳細はこちらの記事 Skirt and Brim [進行中の翻訳]をご覧ください。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.