JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

PrusaSlicer マニュアルへようこそ

PrusaSlicer (旧称:Slic3r Prusa EditionまたはSlic3r PE) は、オープンソースプロジェクトSlic3r をベースにした自社開発のスライサーソフトウェアです。PrusaSlicerは、オープンソースで、機能が豊富で、また頻繁に更新されているツールです。

PrusaSlicerは、Windows, Mac and Linux に対応しています。

歴史

Slic3rプロジェクトは、Alessandro Ranellucci のリーダーシップのもと、成長を続ける3Dプリント技術にオープンソースのスライサーを提供する取り組みとして、2011年にRepRapコミュニティ内で誕生しました。Slic3rはすぐにユーザーの間に広まり、Josef Prusaが Original Prusa プリンター用の主要なスライシングソフトウェアを探していたとき、このSlic3r が選ばれました。Slic3r はオープンソースで、現在もそうですが、当時非常にパワフルなソフトウェアでした。

Jo and Alessandro in 2012 (video interview)

しかし、Prusa Researchが非常に非常に早いスピードで成長するにつれ、スライシングソフトウェアの開発をより柔軟に行う必要がありました。ソフトウェアに変更を加える必要があり、その変更は早急に行われなければならず、また、より多くの機能を追加する必要もありました。この時点で、切り離されたオリジナルのSlic3rチームとの協力関係は維持できず、結局は、私たちでオリジナルのSlic3rプロジェクトのフォークを設立することにしました。

Slic3r Prusa Editionは、2016年11月に発売されました - 発売の詳細はこちらをご覧ください。専任のSlic3r PE開発者チームが設立され、新機能がどんどん追加されていきました。これらの変化は2019年5月に結実し、UIを大幅に刷新した新バージョンをPrusaSlicer2.0という新しい名前でリリースしました。

なぜ名前を変えたのか?まず第一に、以前の名前は本当に紛らわしいものでした。自分たちの資料でも「PE」という接尾語をつけないことが多く、コミュニティでは Slic3r と Slic3r PE をほぼ同じ意味で使っていました。新しいユーザーは、Slic3r を誤ってダウンロードし、「3D Printing Handbook」に掲載されているスクリーンショットとは違って見えることや、自分のPrusaプリンタ用に設定されていないことを不思議に思うかもしれません。オリジナルの Slic3r について言えば、Slic3r PE はアップデートのたびに、オリジナルのコードからどんどん離れていきました。私たちは Perl のソースコードをすべて C++ に書き換え、特に2.0のアップデートでは、あまりにも多くの違いがあったため、名前をより明確にすることが適切だと考えました。

もちろん、オープンソースであり、 GitHub ですべてを見ることができます。そして、私たちのスライサーが Alessandro Ranellucci によって書かれたオリジナルのプロジェクトをベースにしていることを、私たちは今でも誇りに思っています。現在、両プロジェクトは楽しく共存しており、新機能は頻繁にマージされています。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.