JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

レイヤー分離とFDMオブジェクト特有の割れ

Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

これは、プリントされたレイヤーとそのラミネートが、層ごとに剥がれてしまうことを指します。ほとんどの場合、間違ったプリセット/カスタムプロファイル、間違った温度、プリントファンや周囲の環境からの過剰な冷却が原因で起こります。

レイヤーセパレーションは、ヒートベッドがなかった頃の "昔 "の問題であり、ABSのような材料では、より深刻です。PrusaSlicerのプリセットがあるMKシリーズのハードウェアでは、特にPLAやPETGのような材料では、ほとんど問題にはなりません。

クラックとレイヤー欠落を見分けるのは難しいことではありません。割れたレイヤーを見分けるには、少し上向きに曲げたり反ったりしているきれいな切り口を確認するのがベストです。

レイヤーの分離は、それぞれのレイヤーが異なる速度で冷却される際、プリント時にかかる力によってオブジェクトが割れることで発生します。反りの力がレイヤーの接着力を上回り、レイヤーが分離してしまいます。

 

レイヤーの分離、割れを防ぐ方法

ABSは、プリントオブジェクトが完全に冷える前に何らかの冷風を当てると、レイヤー分離を起こす可能性が非常に高くなります。ABSプリントの場合は、ファンを完全にOFFにすることをお勧めします。 

ABSは密閉されたチャンバーで(加熱しても)プリントするのがベストです。ここではIkea Lackのテーブルから作りました

ABSでは、プリントスペース全体をカバーするような大きなプリントができない可能性があるため、PETGフィラメントに置き換えることをお勧めします。PETGはABSと似たような利点がありますが、大きなものをプリントするのに適しており、ひび割れや剥離の傾向もありません。ASAも素晴らしい代替品ですが、やはりPETGよりもプリント時の環境への依存度が高いです。あなたのプリントに最適な材料を選択するための材料ガイドを確認することができます。

PLAは、不十分な温度でプリントすると、ひび割れレイヤー分離の問題が発生することがあります。ブランドにもよりますが、PLAは195~220℃の範囲でプリントされます。問題がある場合は、レイヤー同士の接着が良好になるまで、5℃刻みでプリント温度を上げてみてください。

流量/押し出し倍率

プリンタのフローレート(PrusaSlicerではExtrusion Multiplierと呼ばれる)を上げる。より多くの材料を押し出すことで、レイヤー間の結合をより強固にすることができます。詳しくは射出率のキャリブレーションを参照してください。

押し出し倍率は、温度を設定する場所にありますが、PrusaSlicerがアドバンスドモードまたはエキスパートモードに設定されている場合のみアクセス可能です。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.