JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ベルトの調整方法 (MINI)

Relevant for:
Last updated 6 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

ベルトが緩んでいると、プリンタの誤作動を引き起こし、適切なプリントができなくなります。また、ベルトの締め付けが悪いと、真円ではなく不規則な形になってしまうので、丸いものをプリントするのが一番簡単なチェック方法です。Y軸ベルトはヒートベッドの下にあり、X軸ベルトはプリントヘッドを動かしています。

ベルトの張力の確認

各軸を右端または左端に移動させたら、軸の中心でベルトを指で押し下げます。ベルトを曲げるには、ある程度の力が必要です。ベルトを伸ばし過ぎると、プリンタを破損する恐れがあるので、押すときは慎重にしてください。ベルトは、つまむと低いベース音のような音がする程度にきつくしてください。 

ベルトの張力が適切かどうかを確認するには、次のようなプリントが最適です。 Tension Meter for the GT2 belts.

X軸のベルト調節

微調整

2.5mmの六角レンチを使います:

  1. 下図のように2本のネジを反時計回りに回して緩めてください(左写真)。
  2. X軸の一番端にある2つのネジを時計回りに回して締め付けます(右の写真)。これらは金属ロッドの端に直接押し付けられ、ベルトアイドラー部分を動かし、ベルトを締め付けることになります。
2つのエンドスクリューのうち1つだけを調整すると、XZ軸にねじれが発生します。これを応用することで、すでにねじれが発生している場合に修正することもできます。
  1. ベルトが締まったら、2本のサイドスクリューを 時計回りに回し、ベルトアイドラー部を固定します。

大きな調整

X軸のベルトホルダーにアクセスするためには、プリントヘッドのヒートシンクを取り外す必要があります。そのため、多少の分解が必要です。

  1. 上記の方法でベルトを緩めてください。
  2. ガイドヒートシンクの交換方法 (MINI/MINI+)に従って、ステップ10まで行い、ヒートシンクを取り外します。
  3. ベルトを中央のスロットから外し(green arrows)、2~3個の「歯」(blue arrow)の中に移動させ、1.5mmの六角レンチを使ってスロットに押し戻します。
  4. ガイドヒートシンクの交換方法 (MINI/MINI+)に従って、手順10から逆に行い、プリントヘッドを組み立てます。
  5. 上記の方法でベルトの張りを調整してください。

Y軸のベルト調節

微調整

ヒートベッド部分のフロントプレート(紫色の矢印)の中央に、Y軸ベルトの張力を調整するための2つのネジがあります。2.5mmの六角レンチを使用し、時計回りに回すことでY軸のベルトを締めることができます。

大きな調整

Y軸ベルトが非常に緩んでいる場合は、ベッドキャリッジの下にあるY軸のベルトホルダーでベルトを移動させる必要があります。  

  1. 上の写真に写っている2本のネジを反時計回りに回して緩めてください。完全に緩めないでください。
  2. プリンタ全体を横向きにし、プリンタ底面にアクセスします(左写真)。
  1. ベルトの一端をベルトホルダーからスライドさせて取り出し(右の写真)、ベルトを2-3「歯」(blue arrow)分動かし、1.5mmの六角レンチを使ってスロット内に押し戻します(orange arrows)。
  2. プリンターを右側に戻し、前面の2本のネジでベルトの張りを微調整します(前の方法と同じです)。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.