JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Last updated 8 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLESDEITFR

Prusaのプリンタは、標準モードでも非常に静かなことで知られています。しかし、実は、当社のプリンタには、さらに静かに動作させるためのオプションが用意されています。以下の手順で、プリンタをステルスモードに設定する方法を説明します。

MINI and MINI+

MINI/MINI+は、TMC2209モータードライバーを搭載しており、複数回のテストの後、X、Y、Z軸のデフォルトでStealthChop(ステルスモード)を有効にしています。ステルスモードという名称はMK3/S/+に由来し、基本的にTMCドライバーでStealthChopモードを可能にするものです。

MINI+の場合、唯一の例外はエクストルーダーモーターです。主に、エクストルーダーとプリントヘッドの間にあるボーデンチューブのため、「SpreadCycle」を有効にすると、より確実に動作します。これはTMCモータードライバーの他のモードです。

MK3 and MK3S

ノーマルモードとステルスモード

MK3シリーズのプリンタには、2つのプリントモードがあります。ノーマルモードは、MK2/Sのサイレントモードよりも静かでありながら、ロストステップ(層のずれ)を検出することができるモードです。また、Trinamic StealthChop技術を利用したステルスモードもあります。これは、プリンタの中で最も騒音の大きいプリント冷却ファンの音をほとんど聞こえなくするものです。

ステルスモードでは、クラッシュ検知、ロストステップ検知はできません。

これらのモードは、状況に応じて切り替えることができます:

  1. アイドル状態のとき:

    LCD Menu -> Settings -> [Normal / Stealth mode]

  2. プリント中:

    LCD Menu -> Tune -> [Normal / Stealth mode]

MK2/S, MK2.5 and MK2.5S

パワーモードとサイレントモード

サイレントモードは消費電流が少なく、プリンターの音は静かになりますが、パワーは弱くなります。ハイパワーモードは、非常に大きな(200g以上)プリントをする場合に最適です。また、組み立てたばかりのキットで、すべてを微調整する前にもおすすめです。ロストステップ(レイヤーのずれ)が発生する場合や、プリント速度を手動で100%以上に調整している場合は、ハイパワーモードを使用してください。

オートパワーモード

また、オートパワーモードもあります。これは基本的にサイレントモードとハイパワーモードの間の中間モードとなります。ステッパーの電流は、Z高さに依存します。Z高さが最小のとき、電流は低く始まります。そして、オブジェクトがプリントされるにつれて、電流はゆっくりと増加します。 

これらのモードは、状況に応じて切り替えることができます:

  1. When idle:

    LCD Menu -> Settings -> [Hi-power mode / Silent mode / Auto power mode]

  2. During a print:

    LCD Menu -> Tune -> [Hi-power mode / Silent mode / Auto power mode]

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us