JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

コールドプルテクニック(MINI)

Relevant for:
Last updated 8 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLESDEITFR

コールドプルとは、プリンターのホットエンドやノズルに付着したフィラメントやゴミなどの障害物を取り除くために行う技術です。また、プリンタの定期的なメンテナンスの一環として実施することをお勧めします。コールドプルは通常、フィラメントがノズルに到達できる場合のみ有効です。ノズルまでに障害物がある場合、コールドプルでは解決できない可能性が高いです。こちらの記事ノズル/ホットエンドの詰まり (MINI/MINI+)をご覧ください。

もしノズルX(E3D製)を使用している場合は、クリーニングフィラメントのみを使用してください。コールドプル方式はノズルを傷めるので使用しないでください。

この手順では、通常のPLAまたは特定のクリーニング用フィラメントを使用することをお勧めします。最近プリントしていたものと違う色を使うと、ノズルが掃除されてきれいになっているかどうかがわかりやすくなります。

手順

  1. ロードされているフィラメントをアンロードします。Filament -> Unload filament -> [PLA, PETG, ABS etc.] on the LCD-menu
  2. 次のステップでX軸にかかる負担を軽減するために、ホットエンドをX軸の右側に移動させます。
  3. 長いPTFEチューブを固定している大きな真鍮のナット(紫色の矢印)を10mmのスパナで反時計回りに回して外します。真鍮製の継手の下部は、ネジを緩めて取り外さないようにしましょう。

  1. プリンタのディスプレイで、次のように操作します。 Settings -> Temperature -> Nozzle, そして 270 °Cに設定し、温度を上げてください (もしくはクリーニングフィラメントに合わせて設定) 。
ノズルはとても熱くなっています。火傷しないように注意してください。
  1. フィラメントを手順3で露出した上部からホットエンドに挿入します。フィラメントの先端がカットされていることを確認し、挿入しやすくしてください
  2. プリンタのディスプレイから、温度またはプリヒートのメニューからクールダウンを選択するか、プリンタのリセットボタンを押してください。
  3. ホットエンドの温度が低下している間、フィラメントを押し続け、ノズルからフィラメントを押し出すようにします。押し出せなくなるまで(160~170℃程度)行います。

  1. 95~90℃に近づいたら、X軸アームを持って支え、手やペンチでフィラメントをまっすぐ上に引っ張り、エクストルーダーから出します。しっかり引っ張ります。
 フィラメントを強く引き抜くと、ホットエンド内でフィラメントが切れたり、プリンターが破損したりすることがあります。注意してください。斜めに引っ張らず、必ず真上に引っ張るようにしてください。

  1. 一度引き抜いたフィラメントチップを点検し、古いフィラメントや焦げ跡がないことを確認し、まだきれいでない場合は、もう一度この作業を繰り返してください。

コールドプルを実施した結果

  1. 手順4~8をもう1回以上繰り返し、ノズルに残っているフィラメントがきれいになったことを確認します。
  2. 手順3で外した真鍮製の継ぎ手を、10mmスパナでしっかりと締め付け直してください。押し出されたフィラメントをヒートベッドから取り外しきれいにしたら、プリンターの使用準備は完了です。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us