JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

エラーのある3Dモデル

Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

インターネット上で見つけることのできる3Dモデルの中には、何らかの形で壊れているものが意外と多くあります。最近のスライサーは、ユーザーが気づかないうちにモデルを修復するようになってきています。しかし、すべての壊れた3Dモデルを自動的に修復できるわけではありません。そこで、これらを修復する方法について、いくつかのヒントをご紹介したいと思います。 

PrusaSlicerによる修復

PrusaSlicerはある程度自動でモデルを修復しますが、専用のサービスを使って修復する必要がある場合があります。Windows 10でPrusaSlicerを使用する場合、Netfabbを通じて3Dモデルを修復するためのMicrosoftのAPIにアクセスすることができます。 

当該モデル名のそばにある警告マークを右クリック(左図緑の矢印)するか、モデル自体を右クリックして「Netfabbで修正」(右図赤い四角)を選択することができます。

3Dモデル修復のための外部ツール

3Dモデルを修復するには、いくつかの方法があります。特定のモデルによって、ある解決策が有効な場合とそうでない場合があることがおわかりいただけると思います。ここでは、無料で簡単に使用できるソリューションにのみ焦点を当てます。:

  • Microsoft STL repair Netfabbオンラインサービスは、すべてのOSで利用可能です。
  • Meshmixer
    • Auto-repair – 使いやすいが、いつもうまくいくとは限りません。
    • Make solid – ほとんどの場合うまくいきますが、欠点もあります。
  • 3D Builder – 本当に使いやすく、素晴らしいツールですが、Windowsのみです。

 

破損した3Dモデルの修復に関する記事全体は当ブログでも見ることができます。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.