JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

エクストルーダーからの手動によるフィラメントの取り出し

Last updated 3 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

ホットエンドに詰まりがある場合、フィラメントがボンドテックのギアに接触して損傷し、引き抜くことができなくなることがあります。手で引き抜こうとすると、PTFEチューブの真上で折れてしまうかもしれません。この場合、フィラメントを手動で取り出す必要があります。

アイドラードアを開放する

エクストルーダーの左側にあるバネ付きネジを外して、アイドラードアを開きます。

MK3S/MK3S+/MMU2Sエクストルーダー(アイドラースクリュー1本)MK3エクストルーダー(アイドラースクリュー2本)
 

MMU2Sのアイドラードア

MMU2Sでは「チムニー」(IR-sensor-holder-MMU2S)のため、背面のヒンジネジ(赤矢印)を緩めてアイドラードア全体を取り外す必要があります。 
 

どこで折れてしまっているか

方法1を使用方法2を使用

フィラメントがPTFEチューブの端で折れてしまった場合は、方法1として、フィラメントをホットエンドに押し通そうとすることから始めます。フィラメントから0.5~1cmほど飛び出している場合は、ボンドテックのフィラメントプーリに届くように、ペンチで引き抜く方法2から始めます。

準備

  1. LCD Menu -> Settings -> Temperature -> Nozzle で温度を280℃に設定し、この温度で3~5分待ちます。
  2. LCD Menu -> Settings -> Disable steppers を選択します。
  3. LCD Menu -> Settings -> F. Autoload を選択することで、オートロード機能が干渉しなくなります。
作業中、ホットエンドは高温になります!エクストルーダーの下部(ヒーターブロック+ノズル)には触れないようにしましょう!

方法1:フィラメントをホットエンドに押し通す

別のフィラメント、細い(1~1.5mm)六角レンチ、または同じ直径の針金(MK3は4.5cm以上、MMU2は6cm以上)を使うことで、シンプルに押し出せることが多いようです。

 

  1. エクストルーダーの上部から、ボンドテックギアを通過し、詰まっているフィラメントの上に、適当なツールを押し入れます。
六角レンチで詰まったフィラメントをPTFEチューブ内に押し込むことができた場合、1~2cm程度でフィラメントの使用に切り替えてください。六角レンチによっては、長さが足りなくなる場合があります。 
  1. フィラメントが下から押し出され始めたら、そのままツールかフィラメントを押し続けてノズル内のフィラメントを押し出し、色の変化を確認します。

方法2:ペンチでフィラメントを引き抜く

ホットエンドが280℃に加熱されている間に、プリンタに付属のラジオペンチでフィラメントをしっかりとつかみます。フィラメントがPTFEチューブから完全に外れるまで、エクストルーダー本体の上部から少しずつ上につまみ上げていきます。

フィラメントがロードされていく場所を通る経路で、フィラメントが引っかかることがあります。アイドラードア側から引き抜くことも可能です。

 

フィラメントを取り除いた後、コールドプル (MK3S/MK2.5S)を行い、詰まりが完全に解消されたことを確認します。

まだ解決しない場合

どの方法もうまくいかない場合は、フィラメント先端がホットエンドの加熱部分に接触しておらず、PTFEチューブ内に引っかかっていることを意味します。この場合、PTFEチューブを抜き取って処理する必要があります。下記のリンク先のガイドに従って解決してください。

フィラメントが詰まったPTFEチューブを取り出すには、たいていの場合ホットエンドを加熱する必要があります。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.