JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

インフィル

This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

インフィルの主な目的は、トップレイヤーの下を支持することです。そうしないと、トップレイヤーは何もないところにブリッジすることになります。 インフィルは、プリントスピード、強度、フィラメント消費量、さらにはプリントの外観にも影響します。

一部のオプションは、Expert mode を選択した場合にのみ表示されます。

インフィル(充填密度)

ほとんどのモデルは、10~15%のインフィルで十分です。 上部が徐々に閉じていくモデルでは、中空(0%のインフィル)でもプリントできますが、通常はお勧めしません。 モデルに重さが必要なときや、より高い耐圧縮性またはより高い剛性が必要な場合は、インフィル値を増やすことで対応できます。 ただし、30%を超えるインフィルが必要になることはめったにありません。 最後に、100%のインフィルでモデルをプリントすると、インフィルパターンが強制的に直線になります。 100%のインフィルは、プリントしたモデルの外観に悪影響を与えることがありますので注意してください。

モデルの強度向上
モデルの強度は、主に外周の周回数で決まります(インフィルではありません)。 より強いプリント品が必要なときは、外周の数を増やします。 とは言うものの、インフィルを増やすと耐圧縮性が向上します。

インフィルパターン

PrusaSlicerは、選択可能な多くのインフィルパターンを提供します。 インフィルパターンを選択するとき、考慮すべき主な事項は次のとおりです:

  • プリントスピード
  • 材料使用量あたりの密度 (少ない材料でトップレイヤーをしっかりとサポートする)
  • 仕上がりの外観
  • トップレイヤーをサポートする
  • 柔軟性 (TPU/TPE材のプリント)

ジャイロイドインフィル

ジャイロイドは、ベストなオールラウンドインフィルの1つです。

  • 3D構造です - 全ての方向で一定の強度になります。
  • この構造はかなり 速く プリントできます。
  • 同一レイヤーでパスが交差しません
  • 強度/重さについて良好なバランスになります
  • (あくまでも主観ですが) 結構きれいに仕上がります

トップ塗りつぶしパターン

最上層レイヤーにのみ適用され、その下の隣接するソリッドレイヤーなどには影響しないカスタムインフィルパターンが選択できます。 

ボトム塗りつぶしパターン

上部の隣接するソリッドレイヤーではなく、最下層のレイヤーにのみ適用されるカスタムインフィルパターンが選択できます。

インフィルをXレイヤー毎に結合する

プリント品質を犠牲にせず速くプリントするために、外周とは異なる積層高さでのインフィルが形成されます。
例: プリントレイヤーピッチが0.1mmで、インフィルを3レイヤー毎に結合するという指定をすると、インフィルは0.3mmピッチでプリントされます。

最大の積層高さは、ノズルの直径によって決まります(最大値はおよそノズル直径の80%)。0.4mmノズルを使用しているときに、外周の積層高さが0.3mm設定で結合を2レイヤー毎と設定しようとすると、制限の0.32mm以上になってしまうので、実際には結合しなくなります。
壁の断面拡大イメージ:インフィル(グレー)は外周レイヤー(オレンジ)の高さの2倍でプリントされています

必要な場合のみインフィルを付ける

このオプションは、インフィルが内部サポートのように振る舞います。上部でサポートが必要な領域のみ、その下にインフィルパターンを生成します。 このオプションを有効にすると、Gコードの生成が遅くなります(追加のオーバーハング計算を行うため)。 さらに、一部の領域ではインフィルが外周パターンから離れることがあるため、このオプションを使ったときはツールパスを入念にチェックすることが必要です。

このオプションは、サポートの オーバーハングのしきい値設定が反映されません。

必要な場合のみインフィルを付けるオプションを有効にした場合の球

ソリッドインフィルを各Xレイヤー毎に

この機能により、任意のレイヤー数ごとに強制的にソリッドレイヤーを作成することができます。これは、プリントパーツの強度を上げるのに役立ちますが、それが目的でしたら、外周の数やインフィルパターンの割合を増やすなどの方法を推奨します。このオプションの他の用途としては、断熱性を高める目的で内部に個別のセルを作りたいときなどがあります。

0で無効になります。

塗りつぶし角

デフォルトのインフィル角度。 クロスハッチングは、一部の塗りつぶしパターンで適用されます。

ブリッジ領域は PrusaSlicerが最適な方向を自動で探すため、この設定はブリッジには影響しません。

ソリッドインフィル領域のしきい値

指定したしきい値よりも面積が小さい領域が、強制的にソリッドインフィルになります。

0で無効になります。

(左)しきい値0、(中央)15、(右)100

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.