JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

PrusaリンクおよびPrusaコネクトのカメラのセットアップ

PrusaリンクおよびPrusaコネクトのカメラのセットアップ

PrusaリンクおよびPrusaコネクトのカメラのセットアップ
Last updated 3 months ago
PrusaリンクおよびPrusaコネクトのカメラのセットアップ
 Difficulty
Difficult
 Steps
11
 Available languages
ENCSPLDEESITFR
はじめに
はじめに
はじめに
はじめに

この記事では、Prusa Connect / PrusaLink用のカメラを設定します。

これらのサービスの詳細については、Prusa Connect and PrusaLink explainedの記事をご覧ください。

現在、プリンターには3つの基本的なカメラオプションがあります:
1. カメラ付き携帯電話、またはインターネットに接続され、Prusaコネクトにリンクされたウェブカメラ付きコンピュータ。
i3シリーズのみ:
2. RPiカメラCSI経由でRaspberry PiまたはRaspberry Pi Zeroに直接接続します。
3. USBウェブカメラをPrusaLinkが動作するRaspberry Pi(またはUSB OTGアダプタを使用するRPi Zero)に接続します。
次のステップに進み、ひとつひとつ進んでください。
携帯電話をカメラとして使用する
携帯電話をカメラとして使用する
このステップでは、Prusaコネクトでカメラをプリンタに割り当てる最初の方法を説明します:

携帯電話をウェブカメラとして使用する。

ウェブカメラとウェブブラウザがあれば、どんなコンピューターでも、この方法が有効です。
この方法は、Prusaコネクトで利用可能なすべてのプリンタモデルに対応しています。

Connect.prusa3D.comに移動し、プリンタの詳細ページを開きます。

Camerasのページを開きます。
+ ADD NEW CAMERAをクリック
携帯電話をカメラとして使用する
携帯電話をカメラとして使用する
携帯電話をカメラとして使用する
携帯電話をカメラとして使用する
ウェブカメラとして使用する携帯電話で、QRコードをクリックするかスキャンしてリンクを開きます。
携帯電話で、START CAMERAボタンをクリックして、Prusa Connectへの画像ストリーミングを開始します。
カメラ画像は、Prusaコネクトのプリンタ詳細ページ、指定したプリンタのカメラページ、およびプリンタのサムネイルに表示されます。
RPi カメラ
RPi カメラ
RPi カメラ
次のステップとして、CSIポートを使ってRaspberry Piに接続したRPiカメラを設置します。
このセットアップは、Raspberry Pi上でPrusaリンクを実行する必要があるすべてのプリンタ(オリジナルPrusa MK2.5、MK2.5S、MK3、MK3S、MK3S+)で共通です。

Alternatively, this setup is also compatible with RPi + Octoprint on MK4 / MK3.9 / XL printers.

これらのカメラは、RPi 3、3+、4、またはPrusaLinkが動作するRPi Zero WおよびZero 2に接続できます。
RPi カメラ
RPi カメラ
RPi カメラ
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Raspberry Pi CSIカメラ
ラズパイカメラの対応バージョン :1.3、2、3、NoIR、ワイド
Piカメラ用CSIケーブル(Raspberry Piと互換性のあるものをご用意ください)
RPi Zero CSIケーブルは、RPi側のコネクタが細くなっています。
標準的なRPi CSIケーブルは、両側に同じコネクタが付いています。
RPiカメラホルダーとお好みのカバー(Printables.comから印刷できます。)
RPi カメラ
RPi カメラ
RPi カメラ
RPi カメラ
カメラのコネクタのロック部分を引き抜きます。
ケーブルをコネクタに差し込みます。導電パッドがコネクタのピンと向き合うように、ケーブルの向きを合わせます。
ケーブルがコネクターに完全に収まっていることを確認する。次に、コネクターのロック部分を押してケーブルを固定します。
RPi カメラ
RPi カメラ
RPi カメラ
RPi カメラ
ラズパイをプリンタから取り外す
RPiカメラコネクタのロック部分を引き抜きます。
CSI のケーブルを RPi のカメラコネクタに差し込みます。
RPi Zeroのカメラコネクタは、RPi 3/3+/4ボードよりも小さいです。
導電パッドがコネクタのピンに向くように、ケーブルの向きを合わせます。
ケーブルがコネクターに完全に収まっていることを確認する。次に、コネクターのロック部分を押してケーブルを固定します。

カメラをケースに入れ、ホルダーに取り付けます。

RPiの配線をやり直すか、プリンターに取り付け直します。

PrusaLink RPiカメラのセットアップステップに進み、カメラを設定します。
RPi用USBカメラ
RPi用USBカメラ
RPi用USBカメラ
次のステップとして、USBカメラをPrusaLinkが動作するRaspberry Piに接続します。
このセットアップは、Raspberry Pi上でPrusaリンクを実行する必要があるすべてのプリンタ(オリジナルPrusa MK2.5、MK2.5S、MK3、MK3S、MK3S+)で共通です。
Alternatively, this setup is also compatible with RPi + Octoprint on MK4 / MK3.9 / XL printers
USBカメラは、RPi 3,3+,4に直接、またはUSB OTGアダプタを使用して、RPi Zero WやZero 2にも接続できます。
RPi用USBカメラ
RPi用USBカメラ
RPi用USBカメラ
ラズパイとプリンタの電源をオフにする
カメラのUSBケーブルをRPiの空いているUSBポートに接続します。
USB OTGアダプターを使用してカメラをRPi Zeroに接続する場合は、PWR_INと書かれたものではなく、USBと書かれたmicroUSBプラグを使用してください。
RPiの配線をやり直すか、プリンタに取り付け直してください。
PrusaLinkとラズパイカメラのセットアップ
PrusaLinkとラズパイカメラのセットアップ
PrusaLinkとラズパイカメラのセットアップ
プリンターRPiを元通りに接続し、電源を入れます。
ブラウザでPrusaリンクを開き、ログインします。
Camerasタブにアクセス
カメラ画像の下に、Link camera to Connectボタンがあります。この機能をオンにします。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us