JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

MINI/MINI+の組み立てに関するトラブルシューティング

MINI/MINI+の組み立てに関するトラブルシューティング

MINI/MINI+の組み立てに関するトラブルシューティング
Relevant for:
Last updated 6 months ago
MINI/MINI+の組み立てに関するトラブルシューティング
 Difficulty
Moderate
 Steps
5
 Available languages
ENCSPLESDEITFR

Step 1 はじめに

はじめに
はじめに
このガイドでは、Original Prusa MINI およびMINI+ の一般的なハードウェアの問題を解決する方法について説明します。
一部のパーツが若干異なる場合があります。しかし、手順には影響ありません。
修理を始める前に、プリンタを冷却して、プラグをコンセントから抜いてください!
以下のリンクを参照して問題を解決してください:

Step 2 M.I.N.D.A.センサー/SuperPINDA センサーの高さ調整

M.I.N.D.A.センサー/SuperPINDA センサーの高さ調整
M.I.N.D.A.センサー/SuperPINDA センサーの高さ調整
M.I.N.D.A. /SuperPINDA センサーの高さは、製造時に設定されます。この手順で、正しい位置を確認することができます。
ノズルの先端とセンサーの正しい高さの隙間は0.8〜1.0mmです。
リードスクリューを回して、ノズルの先端がヒートベッドの表面に触れるまでX軸全体を慎重に下げていきます。 ヒートベッドを曲げないでください!
センサーを調整できるようにネジを外します。
使っていないクレジットカード(使っているものだと、カードが磁石で読取れなくなってしまうことがあります)または結束バンドの先端を使用して、ギャップ高さを正しく設定します。
ネジを締めます。 次に、プリンタの電源を入れる前に、Z軸を慎重に5mmほど上に移動させておきます。
数字などがエンボス加工(凸)されたカードをお使いのときは、この部分が厚くなっているため、この凸部分があたらないようにしてください。

Step 3 ケーブル束の位置をチェックします

ケーブル束の位置をチェックします
ケーブル束の位置をチェックします
ケーブル束の位置をチェックします
ケーブル束の位置をチェックします
まれに、プリントヘッドが最大範囲にあるときに、ケーブル束の長さが適切に配置されておらず、一部のワイヤが引っ張られてしまう場合があります。 修正しておきましょう:)
まず、何かを分解する前に最終確認をしておきましょう。X軸が上がりきるまでリードスクリューを回転させます。
プリントヘッドを右端まで動かし、プリントパーツに接触することを確認します。
この状態でプリントヘッドから手を離してもこの位置に留まっている必要があります。 そうでない場合は、X軸の上のケーブル束の長さが短すぎます。
ケーブルの分配長さを修正するには、マークされた3つの結束バンドをすべて切断します。 プリントヘッドが軸の端に自由に触れることができるように調整します。 電装ボックスからつながるケーブルを伸ばしすぎる可能性があるため、軸上のケーブル長に気をとらわれすぎないでください。
良い感じに長さを調整できたら、結束バンドで再度固定します。このとき結束バンドの頭がファンのケースと衝突しないことを確認してください。
Was this guide helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us