JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Menu

MINI の組み立て

MINI の組み立て
Relevant for:
Last updated 8 months ago
MINI の組み立て
 Difficulty
Moderate
 Steps
40
 Available languages
ENCSPLESDEITFR

Step 1 Different hardware revisions

Different hardware revisions
Different hardware revisions
Different hardware revisions
There are more hardware revisions of the XZ-axis, please check the following photos to select the appropriate assembly procedure:
The XZ-axis has the opening on the left, continue using this assembly guide.
The XZ-axis has the opening on the right, jump to the following guide MINI+ の組み立て

Step 2 Josef Prusaによる開梱と組立て

Josef Prusaによる開梱と組立て
Josef Prusaによる開梱と組立て
プリンターを組み立て始める前に、YouTubeで開梱とプリンターの組み立てのビデオをご覧ください:
ビデオには、最新のデザイン変更がすべて反映されていない場合があることに注意してください。 常に印刷またはオンラインの組み立てマニュアルを確認してください。

Step 3 必要な工具はすべて付属しています。

必要な工具はすべて付属しています。
必要な工具はすべて付属しています。
必要な工具はすべて付属しています。
このマニュアルを進めるために準備するもの:
2.5mm 六角レンチ (1本)
Hariboのミニ袋 (1個)
組み立てに必要なのは、2.5mm六角レンチのみです。プリンタをメンテナンスするときには他の工具も使用しますが、詳しくはハンドブックの該当箇所をご覧ください。
ハンダ付けやワイヤーの圧着は不要です。
Hariboのクマが入った袋は、とりあえず閉じて隠しておきましょう! 放置された袋は、不思議と消えてしまうものです。

Step 4 ラベルを参照する

ラベルを参照する
ラベルを参照する
ラベルを参照する
ほとんどのラベルは1:1の縮尺で、パーツの識別に使用できます :-)
最も一般的なネジ、ナット、PTFEチューブの識別には、裏面にPrusa Cheatsheetが記載されている同封のペーパーもご利用ください。
You can download the Prusa Cheatsheet from our site prusa3d.com/cheatsheet. Print it at 100 %, don't rescale it, otherwise, it won't work.

Step 5 サポートが必要な時はこちらから!

サポートが必要な時はこちらから!
サポートが必要な時はこちらから!
サポートが必要な時はこちらから!
説明書を紛失したり、ねじを紛失したり、プリントパーツが破損したりした場合は?お知らせください!
次のチャネルを使用してお問い合わせいただけます:
オンライン版では、各ステップの下にあるコメントを使用してください。
24時間365日対応のライブチャットshop.prusa3d.comをご利用ください。
Emailはこちら。[email protected]

Step 6 XYZ軸パーツの準備

XYZ軸パーツの準備
XYZ軸パーツの準備
XYZ軸パーツの準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
XZ軸の組み立て
M3x40 ネジ (1本)
M3x20 ネジ (1本)
M3x12 ネジ (1本)
2つ目のM3x12ネジは後で使用します。
初期のユニットの中には、Z軸位置が下がった状態で到着するものがあります。 一部の手順では、Z軸を手動で上に移動させる必要があります。
リストは次のステップに続きます...

Step 7 XYZ軸パーツの準備

XYZ軸パーツの準備
XYZ軸パーツの準備
XYZ軸パーツの準備
XYZ軸パーツの準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Y軸の組み立て
フォームブロックまたはフォームパッドセット (1セット)
初期のユニットの中には、円形のフォームパッドが付属しているものがあることに注意してください。 新しいユニットには切り欠き付きのフォームブロックが付属しており、そこからパッドを押し出して使用します。 組み立て手順はどちらも同様です。
Y軸アセンブリにPEIシートが取り付けられている場合は、組立て作業中に傷がつかないように、取り外しておいてください。

Step 8 発泡パッド - 準備

発泡パッド - 準備
発泡パッド - 準備
発泡パッド - 準備
前のステップで説明したように、パッケージによっては切り欠き付きの1枚のフォームシートではなく4つの円形フォームパッドが同梱されている場合があります。 この場合は、このステップを飛ばしてください。
すべてのパッドをブロックからそっと押し出します。
以下の手順で、5個のフォームパッドが必要です。
残った6枚目のパッドは予備として保管しておいてください。

Step 9 発泡パッドの取り付け

発泡パッドの取り付け
発泡パッドの取り付け
発泡パッドの取り付け
発泡パッドの取り付け
パッケージに円形フォームパッドだけが含まれている場合は、Y軸のみに使用してください。
すべてのパッドから保護フィルムをはがします。
XZ軸を慎重に横にして、1枚目のフォームパッドを電装ケースの底面の溝に貼付けます。
Y軸を回転させ、ヒートベッドが下向きになるようにします。その際、下に柔らかいパッドや布を敷き、傷がつかないようにしてください。
写真のようにフレームに4つのフォームパッドを貼付けます。 方向に注意してください。

Step 10 電装ボックスを開けます

電装ボックスを開けます
電装ボックスを開けます
電装ボックスを開けます
電装ボックスを開けます
Z軸が上の位置にあることを確認します。そうでない場合は、指でリードスクリューを回し、Z軸を上に移動させます。
電装ボックス上のM3ネジを緩めて外します。
プリントされたケーブルカバーを取り外します。
Lift the electronics cover slightly. Before you remove it completely, pull it first towards the vertical aluminium extrusion to release both pins from the slots (holes on older design).
このマニュアルを使用している間は複数のケーブルを接続する必要があるので、ボックスはこのまま開けておいてください。

Step 11 LCDケーブルの接続

LCDケーブルの接続
LCDケーブルの接続
LCDケーブルの接続
LCDケーブルの接続
このステップでは、LCDケーブル (フラットグレー) を用意してください
LCDケーブルを、電装ボックスの穴から入れてください。
コネクターの"凸"部が上になっていることを確認します。
コネクタホルダー部のケーブルが上向きになっていることを確認します。
LCDコネクタを基板に接続します。コネクタの向きに注意してください。片側に切り欠きがあります (矢印を参照)。

Step 12 LCDケーブルの保護

LCDケーブルの保護
LCDケーブルの保護
LCDケーブルの保護
警告: 今後、XZ軸を動かすときは慎重に行ってください。LCDケーブルが下向きになり、破損する可能性があります。
ケーブルを保護するため、以下の要領でご使用ください。また、組み立てが複雑になりますので、他の方向では試さないでください。
XZ軸を慎重に横にして (写真参照)、LCDケーブルをケースに巻き付け始めます。ケーブルは伸ばさないようにしてください。
ここで、軸を後ろに傾けて電装ボックス内にアクセスしやすくし、ケーブルをそっと挿し込みます。これは一時的な解決策に過ぎないことに注意してください。

Step 13 Y軸とXZ軸の組み立てを接続する

Y軸とXZ軸の組み立てを接続する
Y軸とXZ軸の組み立てを接続する
Y軸とXZ軸の組み立てを接続する
重要: 以下に書いてあることをよくお読みください。Y軸アセンブリの3つのシルバーのM3nEナットが、XZ軸アセンブリの穴に正しく合うようにする必要があります!
全部で 3個の M3nE ナットをアルミ押出材に取付けます:
右側の 1つ目 (一番長い) は、M3x40ネジで両パーツを接続するために使用します。
2つ目 (2番目に長い) も、パーツ間の接合を行いますが、長さはM3×20ネジを使います。
3つ目は、アルミ押出し材の上部にあります (写真には写っていません)。これに関する説明は後ほど行います。
2枚目の写真はXZの組立ての内側で、アルミ押出材にシルバーのM3nEナットでダイレクトに接触します。1つ目のナットが「クランプ」の内側に収まっていることを確認してください。

Step 14 パーツを組み合わせる - 第1段階

パーツを組み合わせる - 第1段階
パーツを組み合わせる - 第1段階
パーツを組み合わせる - 第1段階
パーツを組み合わせる - 第1段階
まず、組立て済みY軸を準備しましょう。
ヒートベッドを右端まで移動します。
右側のM3nEナットをアルミ押出し材のほぼ中央に置きますが、上にヒートベッドユニットがないことを確認してください。
「クランプ」(XZアセンブリ) 部分が、アルミ押出し材の中央に移動させたM3nEナットを挟み込む位置で、両方のパーツを一緒に押して直接あたるようにしてください。
M3x40ネジで両パーツを接続します。 ネジがナットに届かない場合は、プリンターのプラスチックベースの穴を通して六角レンチでネジの頭を小刻みに動かしながら回してみてください。まだネジを完全に締めないでください!

Step 15 パーツを組み合わせる - 第2段階

パーツを組み合わせる - 第2段階
パーツを組み合わせる - 第2段階
パーツを組み合わせる - 第2段階
左から2番目のM3nEナットを右いっぱいに移動させ、六角レンチを使って軽く押し込んでください。内側に切り欠きがあり、2つ目のネジの位置が合うようになります。
M3x20ネジを使用して、もう一度少し締めますが、ナットに達していることを確認してください。 まだネジを完全に締めないでください!

Step 16 パーツを組み合わせる - 第3段階

パーツを組み合わせる - 第3段階
パーツを組み合わせる - 第3段階
パーツを組み合わせる - 第3段階
ここで、押出材の上部にあるM3nEナットを取り、スチール板の下に滑り込ませます。
ナットの穴とプレートの穴が合っていることを確認してください。六角レンチを使用して位置を合わせます。
M3x12ネジで両パーツを固定し、少しだけ締めてください。まだネジを完全に締めないでください!

Step 17 XZ軸アセンブリの位置調整

XZ軸アセンブリの位置調整
XZ軸アセンブリの位置調整
XZ軸アセンブリの位置調整
このステップでは、XZ軸全体を動かしますが、アルミの押出材に押し付けない (削らない) ようにしないと、アルミに傷がつく可能性があります。少し隙間を空けてパーツを動かしてください。
プリンタの背面を手前に向け、ヒートベッドをプリンターの「前面」まで押し込みます。
Y軸の組み立て部分をもちます。
XZ軸組み立て部分を奥に移動させます。
両パーツの正しい相互位置を示す、切り欠きがあります。

Step 18 最終的な締め付け

最終的な締め付け
最終的な締め付け
最終的な締め付け
部品の位置を合わせたら、すべてのネジをこの順番で締めていきます
まず、上部のM3×12 ネジ。
2つ目は、側面にあるM3×40ネジ。
3つ目は、側面にあるM3×20のネジ。

Step 19 Haribo休憩タイムです!

Haribo休憩タイムです!
Haribo休憩タイムです!
写真のようにクマを並べます。
パッケージの中に入っているクマの数が少ないかもしれません。そんなときは、すぐに近くのお菓子屋さんに駆け込みましょう! 正確な用法・用量は必須です!!!
上段を食べ、他は次のステージに残しておきます。
他は残してくださいね!

Step 20 LCDパーツの準備

LCDパーツの準備
LCDパーツの準備
LCDパーツの準備
LCDパーツの準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
LCDの組み立て
There are two versions of the LCD cover and each requires a different length of the screw:
New version: The LCD cover has a hexagonal protrusion on the side. Please, prepare and use the M3x20 screw.
Old version: The LCD cover has a circular protrusion on the side. Please, prepare and use the M3x12 screw.
If you are missing the M3x20 screw in the bag, please use one from the SPARE bag.
画面には保護フィルムが貼られています。傷がつかないように組み立てが完了するまで貼っておいてください。

Step 21 LCDの取り付け

LCDの取り付け
LCDの取り付け
LCDの取り付け
LCDの取り付け
まず、プリンターを慎重に横向きに倒します。写真をご覧ください。
LCDをLCDホルダーにセットします。切り欠きがあるので、プリンターのプリントパーツの内側にはめ込みます。
LCDスクリーンは何段階かに傾けることができるデザインになっています。お試しください。
Use the M3x20 screw (M3x12 for the old version) to connect both parts together.

Step 22 LCDの接続

LCDの接続
LCDの接続
LCDの接続
LCDの接続
LCDケーブルの固定されていない方の端を電装ボックスから慎重に取り外し、LCDのボードに接続します。コネクタの向きに注意してください。ノッチをガイドとして使用します。
基板上のソケットにコネクタを差し込みます。最後まで挿入されていることを確認してください。
ケーブルを押出材の中にやさしく差し込みます。後で傾けることができるように、LCDの近くには若干のたるみを残しておきます。
プロからのアドバイス: ケーブルを押出材に挿入する際は、ケーブルの長さに沿って慎重に半分に折り曲げてください。

Step 23 Y軸ケーブルを接続する

Y軸ケーブルを接続する
Y軸ケーブルを接続する
Y軸ケーブルを接続する
Y軸ケーブルを接続する
Turn the printer back on its "feet".
Push the heatbed all the way to the "front".
Locate the Y-motor cable placed in the extrusion and remove it
Take off the rubber from the cable and guide the cable below the y-plate-rear out.
Rotate the back of the printer towards you.

Step 24 Y軸モーターの接続

Y軸モーターの接続
Y軸モーターの接続
Y軸モーターの接続
Y軸モーターの接続
モーターケーブル(Yとラベルされたもの)を取り、穴に押し込みます。
コネクタを適切なソケットに接続します。詳細については、写真を参照してください。
ケーブルの長さの大部分を電装ボックスの右側に配置します。

Step 25 Y軸サーミスターとヒーターを接続する

Y軸サーミスターとヒーターを接続する
Y軸サーミスターとヒーターを接続する
Y軸サーミスターとヒーターを接続する
Y軸サーミスターとヒーターを接続する
ヒートベッドからケーブルの束を取り出し、上部からケースの中に入れ込みます。専用の穴はありません。各ケーブルを基板に接続していきます。
サーミスタ (H)
ヒートベッドヒーター
ケーブルはゆっくりとケースの中に押し込み、巻いた部分はケーブルが多く入る左上付近に配置します。

Step 27 フィラメントセンサーの取り付け (オプション)

フィラメントセンサーの取り付け (オプション)
フィラメントセンサーの取り付け (オプション)
フィラメントセンサーの取り付け (オプション)
フィラメントセンサーの取り付け (オプション)
フィラメントセンサーをPTFEチューブの上にスライドさせます。センサーの正しい向きは、写真を参照してください。
PTFEチューブが通る位置を確認します。
間違った取り付け。フィラメントセンサーがPTFEチューブに完全に押し込まれておらず、それによりフィラメントセンサーが正しく動作しない。
正しい取り付け。フィラメントセンサーは、PTFEチューブに完全に押し込まれています。
ここで、センサーがPTFEチューブから滑り落ちないように、ネジを軽く締めます。
チューブが変形していないか、適当な長さに切ったフィラメントをフィラメントセンサー内に挿抜してみます。 抵抗がある場合は、少しネジを緩めてください。

Step 28 フィラメントセンサーの接続(オプション)

フィラメントセンサーの接続(オプション)
フィラメントセンサーの接続(オプション)
フィラメントセンサーの接続(オプション)
フィラメントセンサーケーブルをメインボードに接続します。
写真のようにケーブルを配置します。 電装ボックスのカバーが所定の位置に取り付けられるかを確認してください。

Step 29 電装ボックスにカバーを付ける

電装ボックスにカバーを付ける
電装ボックスにカバーを付ける
電装ボックスにカバーを付ける
電装ボックスにカバーを付ける
電装ボックスのカバーを取り付ける前に、四角いナットがプリントパーツの所定の位置に入っていることを確認してくださいナットが抜け落ちていてはダメです! 電装品に致命的な損傷を与える危険性があります。
Insert the cover back in, make sure it is properly seated in the slot. Note: on an older design, there were holes instead of slots, the assembly procedure is the same.
上部の2枚目のカバーを置き、ケーブルを配置します:
エクストルーダーケーブル、テキスタイルスリーブが部分的に入っていることを確認してください。また、プリンターから遠ざかるように傾けておく必要があります。
ヒートベッドケーブルの束は、 は、テキスタイルスリーブが巻かれた部分がボックスの中にあることを確認する。
フィラメントセンサーケーブル (オプション)、ケーブルに巻かれたテキスタイルスリーブの一部がケースの中に入っていることを確認してください。
ここで、2つ目のカバーを締めます。ケーブルが挟まっていないことを確認してください。

Step 30 Haribo休憩タイムです!

Haribo休憩タイムです!
Haribo休憩タイムです!
お疲れさまでした! これで、すべてのケーブルの接続と配線が終了しました。
ちょっと休憩して、もう一列のクマを食べます。

Step 31 スプールホルダ部品の準備

スプールホルダ部品の準備
スプールホルダ部品の準備
スプールホルダ部品の準備
スプールホルダ部品の準備
次のステップのために、次のものをご用意ください:
MINI ベース スプールホルダー (4x)
MINIレール スプールホルダー (2x)
M3x12 ネジ (4本)
M3x8 ネジ (4本)
M3n ナット (4個)
Bearing 608Z (4x)
リストは次のステップに続きます...。

Step 33 スプールホルダーベースの組立て

スプールホルダーベースの組立て
スプールホルダーベースの組立て
スプールホルダーベースの組立て
スプールホルダーベースの組立て
2つのペースパーツを用意して、M3nナットを両方の穴に差し込みます。詳細は写真をご覧ください。押し込むことができない場合は、反対側からネジを挿入して引き込みます。
ベースパーツの1つをひっくり返して、ベアリングを2つ挿入します。
ベアリングの上に2つ目のベースパーツを置きます。
上からM3×12ネジを差し込み、締め付けます。ベースアセンブリをひっくり返し、同じようにします。
両方のベアリングがフリーに回転することを確認します。回転しない場合は、ネジを少し緩めてください。
2つ目のベースの組み立てでも、この手順を繰り返します。

Step 34 スプールホルダーレールを追加

スプールホルダーレールを追加
スプールホルダーレールを追加
スプールホルダーレールを追加
スプールホルダーレールを追加
1番目のベースの溝に両方のレールをスライドさせながら挿入します。ベースの端にレールを合わせます。
M3x8ネジ 2本で1つ目のベースを固定します。締め付けの際は、適度な力で行ってください。
レールに2つ目のベースをスライド挿入します。正確な位置はこの時点では重要ではなく、次のステップで調整します。

Step 35 スプールホルダーの間隔を調整

スプールホルダーの間隔を調整
スプールホルダーの間隔を調整
スプールホルダーの間隔を調整
使用したいフィラメントのスプールをスプールホルダーに入れます。 スプールのサイズに一致するように2番目のベースを位置合わせします。 例として、Prusamentのスプールを使用しています。
ホルダーが揃ったら、スプールを取り外し、M3x8ネジを2本挿入して締め、部品が動かないようにします。

Step 36 滑り止めパッドの貼り付け

滑り止めパッドの貼り付け
滑り止めパッドの貼り付け
滑り止めパッドの貼り付け
滑り止めパッドの貼り付け
同梱の切り欠き付き滑り止めシートを手に取り、4枚のパッドを取り出します。
保護フィルムを剥がし、スプールホルダーの底面にパッドを取り付けます。
注意: レールの近くやレールの上にパッドを取り付けると、あとで幅調整がしにくくなることがありますので、避けてください。

Step 37 Haribo休憩タイムです!

Haribo休憩タイムです!
Haribo休憩タイムです!
スプールホルダーを組み立てて、組み立て全体を仕上げてください!
残りのハリボを食べ、クマを残さないようにしましょう :-)
エネルギーを補給したら、すぐにこのマニュアルの残りの数ステップに取り掛かってください。

Step 38 組み立ての最終確認

組み立ての最終確認
組み立ての最終確認
組み立ての最終確認
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください:
PEI MINI シート (1枚)
MINI電源 (1個)
Older units may have a slightly different look of the PSU. However, the functionality is the same.

Step 39 PSUの接続

PSUの接続
PSUの接続
PSUの接続
PSUの接続
ディスプレイの保護フィルムをはがします。
MINI の電源をプリンタに接続します。コネクタが左右対称でないことに注意してください。
PEI MINIシートをヒートベッドの上に置きます。シートが正しい方向に向いていることをもう一度確認してください。
...これで完了です。お疲れ様でした!
Prusaに慣れた方: MINDAセンサーの高さは工場出荷時に設定されていますので、あえて調整する必要はありません。最適な高さは、ノズルの先端とセンサーのギャップが0.8~1.0mmです。
万が一、組み立て後にハードウェアの問題が発生した場合は、help.prusa3d.com のオンラインガイド MINI/MINI+の組み立てに関するトラブルシューティング を参照してください。

Step 40 次はこちらです!

次はこちらです!
次はこちらです!
次はこちらです!
次はこちらです!
Now, please read the 3D Printing Handbook, which is tailor-made for your printer. The latest version is always available at prusa3d.com/3dhandbookMINI
WARNING: Always check for the latest firmware. You can do it online at prusa3d.com/drivers or insert the bundled USB drive in the printer. Detailed instructions are in the Handbook. (If the USB drive includes a newer firmware than already installed, you will be prompted during the boot of the printer.)
ハンドブックに従ってプリンターのキャリブレーションを行い、同梱のテストプリントを使用して、プリンターが正しく動作することを確認してください。
もし何か問題が発生した場合は、いつでもhelp.prusa3d.comナレッジベースで確認することを忘れないでください。
最大の Prusaコミュニティ に是非ご参加ください! お使いのプリンタに合わせた STL または Gコード の最新モデルをダウンロードすることができます。登録はこちらから:Printables.com
Was this guide helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us