JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ホットエンドヒーターの交換方法 (MK4/MK3.9)

ホットエンドヒーターの交換方法 (MK4/MK3.9)

ホットエンドヒーターの交換方法 (MK4/MK3.9)
Relevant for:
Last updated 3 months ago
ホットエンドヒーターの交換方法 (MK4/MK3.9)
 Difficulty
Moderate
 Steps
18
 Available languages
ENCSPLDEESITFR

Step 1 はじめに

はじめに
はじめに
このガイドでは、Original Prusa MK4およびMK3.9ホットエンドヒーターの交換について説明します。
必要なパーツは全て弊社eshopで販売しています。shop.prusa3d.com
スペアパーツセクションへのアクセスにはログインが必要です。

Step 2 この章に必要な道具

この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章で準備するもの:
T6 トルクス・キー
ヒートベッドを保護する15x15cmの布または布片
小さな真鍮ブラシノズル掃除用

Step 3 プリンタの準備

プリンタの準備
プリンタの準備
プリンタからフィラメントを取り外します。
プリンターからスプールホルダーを外しておくことをお勧めします。
Z軸を中央の位置に移動し、エクストルーダーに上下から簡単にアクセスできるようにします。

Step 4 ノズルの清掃

ノズルの清掃
ノズルの清掃
ノズルの清掃
ノズルの清掃
警告:ホットエンドとヒートベッドは非常に高温です。これらの部品に触れないでください!
次のステップでは、ヒーターブロックとホットエンドをフィラメントのゴミからきれいにしておく必要があります。
ホットエンドにPrusaホットエンドソックスを装着している場合は、ソックスを取り外してください。
プリンタの画面から Control -> Temperature -> Nozzle Temperature と進み、ノブを使用して250℃に設定します。
少なくとも5分間待ちます。フィラメントのゴミを取り除きやすくするため、少し温める必要があります。
真鍮のブラシを使い、ヒーターブロックとホットエンドのフィラメント汚れを注意深く清掃します。ショートする恐れがあるため、ブラシがホットエンドケーブルに接触しないようにしてください。
ヒーターブロックとホットエンドが完全にきれいになったら、プリンタを冷却します。メニュー画面からPreheat -> Cooldownに移動します。
熱くなった部品が周囲温度まで冷めるまで待ちます。 およそ10分かかります。

Step 5 ヒートベッドの保護

ヒートベッドの保護
ヒートベッドの保護
プリンタの電源を切り、PSU(電源ユニット)から電源ケーブルを抜きます。
プリンタ部品(プリントヘッドとヒートベッド)が室温程度まで冷却されていることを確認してください。
プリンタの電源を切り、コンセントを抜いてください!
作業を進める前に、ヒートベッドを保護することをお勧めします。
フレキシブルスチールシートを外します。
十分な厚みのある布を使い、ヒートベッドを覆ってください。こうすることで、分解時に表面を傷つけることがなくなります。

Step 6 ホットエンドケーブルへのアクセス

ホットエンドケーブルへのアクセス
ホットエンドケーブルへのアクセス
ホットエンドケーブルへのアクセス
LoveBoardカバーを上にスライドさせ、エクストルーダーから取り外します。パーツの背面には2つの切り込みがあり、これをつかむと簡単に取り外すことができます。
Fan-doorを大きく開けます。

Step 7 ホットエンドケーブルの取り外し

ホットエンドケーブルの取り外し
ホットエンドケーブルの取り外し
ホットエンドケーブルの取り外し
ホットエンドケーブルの取り外し
各コネクターには安全ラッチがあります。取り外す前に、ラッチを押す必要があります。さもないと、コネクターが破損する恐れがあります。
ホットエンドヒーターケーブルを外します。
ホットエンドサーミスタのケーブルを外します。
ヒートシンクファンケーブル、ホットエンドサーミスタ、ホットエンドヒーターケーブルをケーブ ルチャンネルから外し、今は自由にしておきます。
必要であれば、重なっている他のケーブルを外します。

Step 8 ホットエンドの取り外し

ホットエンドの取り外し
ホットエンドの取り外し
ホットエンドの取り外し
ホットエンドを手でつかみます。
もう片方の手で2本のサムスクリューを緩めます。完全に外す必要はなく、数回回すだけで十分です。
ホットエンドアセンブリをヒートシンクからスライドして外します。
同時に、ヒートシンクの後ろにあるホットエンドケーブルをエクストルーダーの外に押し出します。

Step 9 ヒーターの取り外し

ヒーターの取り外し
ヒーターの取り外し
ヒーターの取り外し
ヒーターの取り外し
T6トルクスキーを使ってネジを緩めます。
ヒーターをプリンターから取り外します。

Step 11 ホットエンドヒーターの取り付け

ホットエンドヒーターの取り付け
ホットエンドヒーターの取り付け
ホットエンドヒーターの取り付け
新しいグラブスクリューを挿入し、TX 6キーでねじ込みます。今は数回転で十分です。
新しいヒーターをヒーターブロックに完全に挿入します。
ヒーターの底面をヒーターブロックの底面に合わせます。
ヒーターがヒーターブロックの下側に合っていることを確認してください。
TX6トルクスキーの長い方を使い、ヒーターを所定の位置に保ちながら、2本のグラブネジを静かに締めます。締めすぎに注意してください。

Step 12 ホットエンドの挿入

ホットエンドの挿入
ホットエンドの挿入
ホットエンドの挿入
エクストルーダーの底部からヒートシンクの穴を探し、ホットエンドノブをヒートシンクに挿入します。
同時に、ヒートシンクファンの後ろにあるホットエンドケーブルを電子機器まで押し上げます。
ホットエンドアセンブリーをヒートシンクに完全に押し込みます。ヒートシンクとノズルの真鍮部分の間に約 2 mm の隙間があるはずです。
ヒーターブロックのHOTマークが正面を向くように、ホットエンドアセンブリの向きを決めます。
ホットエンドアセンブリーを押し込みながら、下側のつまみネジと上側のつまみネジをしっかりと締めます。ネジとヒートシンクの間にケーブルを挟まないようにしてください!

Step 13 ホットエンドの接続

ホットエンドの接続
ホットエンドの接続
ホットエンドの接続
ホットエンドサーミスタをLoveBoardの左上のスロットに接続します。
ホットエンドサーミスタのケーブルが長い場合は、コネクタ付近でループを作ります。ケーブルをあまりねじらないでください。
ホットエンドヒーターをLoveBoard 上部の黒いスロットに接続します。

Step 14 ホットエンドケーブルのガイド

ホットエンドケーブルのガイド
ホットエンドケーブルのガイド
ホットエンドケーブルのガイド
サムスクリューの後ろにケーブルチャンネルがあることを確認します。まずホットエンドサーミスタケーブルをチャンネルに通します。次にホットエンドヒーターケーブルを挿入します。
ヒートシンクファンケーブルを図のように導きます。ケーブルチャンネルに押し込みます。
他のケーブルを外した場合は、チャネルに戻してください。

Step 15 ケーブルの整理

ケーブルの整理
ケーブルの整理
ケーブルの整理
ケーブルの整理
Fan-doorを閉めます。
すべてのケーブルを写真に従って配置します。すべてのケーブルは、次のステップでカバーに干渉しないよう、できるだけエクストルーダー本体に密着させてください。

Step 16 LoveBoardをカバーする

LoveBoardをカバーする
LoveBoardをカバーする
LoveBoardをカバーする
LoveBoardカバーをエクストルーダーの上にスライドさせます。そして押し下げる。
ケーブルを挟まないように注意してください!
カバーが正しく完全に挿入されると、背面のラッチがわずかに「カチッ」と音がするのを感じるはずです。

Step 17 最終チェック

最終チェック
最終チェック
最終チェック
すべてが正しく接続されているか確認するには、Control -> Temperature -> Nozzle Temperature で、少なくとも200℃以上の温度を指定します。
メイン画面に戻り、温度が上がるかどうかを下のバーで確認します。

Step 18 完成!!

完成!!
完成!!
Great job! Original Prusa MK4/MK3.9のホットエンドヒーターの交換に成功しました。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us