JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

8. Preflight check

8. Preflight check
Relevant for:
Last updated 3 months ago
8. Preflight check
 Difficulty
Easy
 Steps
16
 Available languages
ENCSPLDEESITFR
スチールシートの取り付け
スチールシートの取り付け
注意:以下の手順では、MK4 のロゴが表示されます。これは、これらの手順が MK4 の組み立て説明書に記載されているものと同じであるためです。違いを気にする必要はありません。
ヒートベッドに何もついていないことを確認します。ヒートベッドは清潔でなければなりません。汚れが付着していると、ヒートベッドとスチールシートの表面が損傷します。
後部の切り込みとヒートベッドの背面にあるロックピン(上の写真でオレンジ色でマーク)を合わせてシートを取り付けます。シートの前面2隅を持ち、指に注意しながらゆっくりとヒートベッドに敷きます。
スチールシートは常に清潔に保ち、最高のパフォーマンスを発揮できるようにしてください。
プリントオブジェクトがプリントシートから剥がれてしまう原因の第1位は、油の汚れです。IPA(イソプロピルアルコール)を使って脱脂してください
ここではスムースPEIシートを使用しています。他のバリエーションのシートでも同様の手順です。
ファームウェアのアップデート (パート1)
ファームウェアのアップデート (パート1)
ファームウェアのアップデート (パート1)
出荷されたすべてのキット・ユニットには最新のファームウェア・バージョンが搭載されていますが、必ずファームウェアのバージョンを確認し、場合によってはアップグレードすることをお勧めします。
その他 Tips やチュートリアルは次のリンクからご確認ください: help.prusa3d.com
Navigate to the Original Prusa MK3.9 page.
ファームウェアファイル(.bbf) をUSBドライブに保存します。
MK3.9はファームウェアバージョン5.0.0以降と互換性があります。
ファームウェアのアップデート (パート2)
ファームウェアのアップデート (パート2)
ファームウェアのアップデート (パート2)
ファームウェアのアップデート (パート2)
最新のファームウェアファイルが入ったUSBドライブをプリンタに挿入します。
電源ケーブルを接続し、プリンタをコンセントに接続します。
プリンターの電源を入れます。
"New firmware available"の画面が表示されたら、ロータリーノブを押して "FLASH"ボタンを押し、最新のファームウェアにアップグレードします。
このようなメッセージが表示されない場合、プリンタはすでに最新のファームウェアを実行しています。次のステップに進んでください。
ウィザード - セルフテスト
ウィザード - セルフテスト
プリンタが起動すると、セットアップウィザードが表示されます。CONTINUE(続行)を選択して開始します。
ウィザードでは、プリンタの重要な機能をすべてテストしていきます。全てのプロセスを終了するには数分かかります。ウィザードの一部では、ユーザが直接操作する必要があります。画面の指示に従ってください。
注意:軸をテストしている間、プリンタ内に軸の動きを妨げるものがないことを確認してください。
警告:セルフテスト中は、指示がない限りプリンタに触れないでください!プリンタの一部の部品は高温になっており、また、高速で動いている可能性があります。
ウィザードは、ファンのチェック、Z軸のアライメント、X軸とY軸のテストから始まります。
ウィザード - ロードセルのテスト
ウィザード - ロードセルのテスト
ウィザード - ロードセルのテスト
ウィザード - ロードセルのテスト
ウィザードの次のステップでは、ノズルに触れてロードセルのテストとキャリブレーションを行うよう促されます。この手順では、プリンタの部品は加熱されないので、触ることはできません。Continue をクリックします。
まだノズルに触れず、Tap nozzle NOWのメッセージが表示されるまで待ちます。
ノズルを下から軽く叩きます。無理な力を加える必要はありません。ロードセルセンサーがタッチ動作を検出しない場合は、ステップを繰り返すよう促されます。成功すると、Loadcell test passed OKと表示されます。
ウィザード - ギアボックスのアライメント
ウィザード - ギアボックスのアライメント
ウィザード - ギアボックスのアライメント
ウィザード - ギアボックスのアライメント
Gearbox Alignment(ギアボックスアライメント)パートに移動したら、Continue(続行)を選択し、画面の指示に従います。
アイドラーロック(スイベル)を外し、アイドラードアを開けます。
ギアボックス前面の3本のネジを1.5回転緩めます。
プリンタは自動的にギアボックスのアライメント調整を行います。この工程は外からは見えません。
プロンプトが表示されたら、画面に表示されたパターンで3つのネジを締めます。
ウィザード - フィラメントセンサーのキャリブレーション
ウィザード - フィラメントセンサーのキャリブレーション
ウィザード - フィラメントセンサーのキャリブレーション
フィラメントセンサーのキャリブレーションでは、短いフィラメントを使用する必要があります。フィラメントを準備し、Continue を選択します。較正プロセスを開始する前に、エクストルーダーの内部にフィラメントがない状態にしてください。
キャリブレーションのプロセスを開始する前に、エクストルーダー内にフィラメントがない状態にしてください。
プロンプトが表示されたら、フィラメントの端をエクストルーダー上部の開口部に挿入します。
キャリブレーション終了後、フィラメントを取り外します。
Wizard complete
Wizard complete
これでプリンタのキャリブレーションは完了です。このガイドに従ってフィラメントをセットし、テストプリントを開始します。
ウィザードが終了すると、詳細画面が表示されます。ノブをクリックして続行します
Reward yourself!
Reward yourself!
間違いなく、すべてうまく組み立て、接続できたようですね。おめでとうございます!自分に大きなご褒美を与えるようにしてください。残っているグミを全部食べて...そして、組み立て中にあなたをサポートしてくれた人たちにもおすそ分けするのを忘れないでください。
ハリボーグミは、Original Prusa プリンタの組み立て説明書の中で、最も重要なパートのひとつです!
Loading a filament
Loading a filament
Loading a filament
Loading a filament
スプールホルダーの両側に、お好みのフィラメントのスプールまたはサンプルを追加します。
フィラメントガイドにフィラメントの端を通し、エクストルーダーに挿入します。フィラメントガイドを使用することで、フィラメントの絡みを防ぐことができます。
フィラメントが検出されると、自動的にロードが始まります。画面上で使用するフィラメントの種類を正しく選択することが重要です。最初のテストプリントにはPLA素材の使用をお勧めします。
プリンタはノズルを通して材料の一部をパージします。スクリーンでYESを選択し、フィラメントの色が明確であることを確認し、ノズルの下に残っているプラスチックを取り除きます。
ノズルは非常に熱くなっています!素手で触らないでください!
Printable 3D models
Printable 3D models
Printable 3D models
これで3Dプリントの準備ができました!
同梱のUSBドライブ内にあるテストオブジェクトをプリントすることから始めることができます。
サンプルオブジェクトは、公式 Prusa Research Printablesプロファイルでもご覧いただけます。
PrusaSlicer for MK3.9
PrusaSlicer for MK3.9
PrusaSlicer for MK3.9
PrusaSlicer for MK3.9
自分のモデルをプリントする準備はできていますか?
help.prusa3d.com にもう一度アクセスします。最新のドライバ&アプリパッケージをコンピュータにダウンロードしてインストールします。このパッケージにはPrusaSlicerが含まれています。
Open the PrusaSlicer app. If you’re running it for the first time, Configuration Wizard will show up. Visit the Prusa FFF tab in the Wizard, select Original Prusa MK3.9 in the 0.4mm nozzle version (the default nozzle size) and hit Finish to start using the MK3.9 printer profile.
Make sure the Original Prusa MK3.9 is selected in the Printer menu on the right, when slicing for the MK3.9.
Import a model of your choice into PrusaSlicer, adjust the settings if needed, hit Slice and export the G-code file onto the USB drive to print it on your MK3.9.
Prusa ConnectとPrusaLink について
Prusa ConnectとPrusaLink について
Prusa ConnectとPrusaLink について
PrusaLinkまたはPrusa Connectを使用して、ローカルネットワーク経由でプリントしたり、世界中のどこからでもプリンタを制御できます。
まず、Prusa Link and Prusa Connectの記事を読んで、これらのサービスに関する一般的な情報を入手してください。
これらのサービスの利用を開始するには、このガイドに従ってprusa.io/wifimk4 Wi-Fiのセットアップや、有線イーサネット接続を使用してプリンタをネットワークに接続するをご覧ください。
最初のプリントに向けたクイックガイド
最初のプリントに向けたクイックガイド
ご使用のプリンター専用の3Dプリンティングハンドブックをお読みになり、指示に従ってプリンターを正しくセットアップしてご使用ください。最新版は help.prusa3d.comでいつでも入手できます。
免責事項および安全に関する指示の章をお読みください。
Prusa knowledge base
Prusa knowledge base
もし何か問題が発生した場合は、都度help.prusa3d.comナレッジベースで確認するようにしてください。
私たちは毎日新しいトピックを追加しています!
Join Printables!
Join Printables!
Join Printables!
Join Printables!
最大の Prusa コミュニティに参加することを忘れないでください。あなたのプリンターに合わせたSTLまたはGコードで最新モデルをダウンロードすることができます。Printables.com
新しいプロジェクトのインスピレーションが必要な時は、ぜひ毎週更新されるブログをご覧ください。
組み立てにヘルプが必要な場合には、フォーラムの素晴らしいコミュニティをご利用ください :-)
全てのサービスは一つのアカウントで共有されます。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us