JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

7. Yキャリッジ & ヒートベッドの組み立て

Menu

7. Yキャリッジ & ヒートベッドの組み立て

7. Yキャリッジ & ヒートベッドの組み立て
Relevant for:
Last updated a month ago
7. Yキャリッジ & ヒートベッドの組み立て
 Difficulty
Moderate
 Steps
68
 Available languages
ENCSPLDEESITFR
この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章で、準備するもの:
1.5mm 六角レンチ
2.0 mm 六角レンチ
2.5 mm 六角レンチ
T8/10 トルクス・キー
ラジオペンチ
プラスドライバー (1本)
ユニバーサル・レンチ
ヒートベッドケーブルの組み立て:部品の準備
ヒートベッドケーブルの組み立て:部品の準備
ヒートベッドケーブルの組み立て:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください:
ヒートベッド MK52 24V (1枚)
赤いヒートベッドケーブル(1本)
黒いヒートベッドケーブル(1本)
M3x10 ネジ (2本)
M3w ワッシャー (2個)
M3nN ナット (2個)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート1)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート1)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート1)
電源ケーブルを正しく接続することが重要です。組み立てを始める前にピンを見てください。左側の "GND"と書かれたピンは必ず黒い線に接続してください。
両方のヒートベッドケーブルを確認します。各ケーブルのラベルに注意してください。次のステップでは、ラベルのないケーブルの端を準備します。
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート2)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート2)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート2)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート2)
黒線を "GND" 記号のあるピンの上に置きます。ケーブルの端はQRコードの付いていない方を使用してください。QRコードはもう一方の端にあるようにします。
丸型ケーブルコネクターの上にM3wワッシャーを置きます。
M3x10 ネジ を全ての部品に通して押し込みます。
ネジを持って、ヒートベッドを慎重に逆さまにします。
M3nNナットをM3 x10ネジに取り付け、少し締めます。
ヒートベッドを元に戻します。ユニバーサルレンチと六角レンチを使ってネジを締めます。後でケーブルの位置を微調整するので、まだネジを強く締めすぎないようにしてください。
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート3)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート3)
2本目(赤/+/VCC)のワイヤーもこの手順を繰り返します。QRコードの付いていないケーブルの端を使用してください。QRコードはもう一方の端になければなりません。
先に進む前に、以下のことをもう一度確認してください:
黒い線"GND"に接続してください。
赤い ケーブルは "VCC" に接続されていなくてはなりません。
後で装着するケーブルカバーでは、コネクターが互いに少し傾いている必要があります。コネクタとコネクタの間には隙間を空けて、静かに押し込んでください。
六角レンチとプライヤーレンチを使用して、両方のネジをしっかりと締めます。締め付け中はコネクタの位置を維持します。
ヒートベッドケーブルのカバー:部品の準備
ヒートベッドケーブルのカバー:部品の準備
ヒートベッドケーブルのカバー:部品の準備
ヒートベッドケーブルのカバー:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
ナイロン製の細い棒 2x380 mm (1本)
heatbed-cable-cover-bottom (1個)
heatbed-cable-cover-top (1個)
M3x10 ネジ (3本)
M3n ナット (3個)
ケーブルスリーブ 5x350 mm (1本)
ヒートベッドケーブルカバーの組み立て: ナイロンフィラメント
ヒートベッドケーブルカバーの組み立て: ナイロンフィラメント
ヒートベッドケーブルカバーの組み立て: ナイロンフィラメント
ヒートベッドケーブルカバーの組み立て: ナイロンフィラメント
heatbed-cable-cover-bottom を写真のように置きます。ヒートベッドのサーミスタケーブルを heatbed-cable-cover-bottom に通します。
ナイロンフィラメントを heatbed-cable-cover-bottom の穴に挿入します。ナイロンフィラメントが反対側に出過ぎないようにしてください。ナイロンフィラメントを挿入するときは、フィラメントがプリント部分の下にあるサーミスタケーブルを傷つけないようにしてください。2mm以上はみ出さないようにします。
ナイロンフィラメントを挿入する際は、フィラメントがプリント部分の下にあるサーミスタケーブルを傷つけないようにしてください。
After inserting the nylon, bend the filament slightly in the same direction as shown.
フィラメントのカーブの向きを3枚目の写真のようにします。
heatbed-cable-cover-bottomの組み立て
heatbed-cable-cover-bottomの組み立て
heatbed-cable-cover-bottomの組み立て
ケーブルカバーの下部をスライドさせ、ヒートベッドケーブルのコネクター(M3nNナット)を外します。写真の正しい方向を参照してください。
カバーを上からM3x10のネジで固定します。ネジはしっかりと締めてください。
ナイロンフィラメントが前のステップと同じように上向きに曲がっていることを確認します。
heatbed-cable-cover-topの組み立て
heatbed-cable-cover-topの組み立て
heatbed-cable-cover-topの組み立て
heatbed-cable-cover-topの組み立て
ケーブル束の端をナイロン・フィラメントと一緒にケーブルスリーブに巻き付けます。スリーブをできるだけヒートベッド側にスライドさせます。
heatbed-cable-cover-top をケーブルの分岐に応じて取り付け、M3x10のネジ2本で固定します。
下側のサーミスタケーブルには、指が1本通せる程度のたるみを残します。
2つのカバーの間にほとんど隙間がないことを確認してください。
Yキャリッジのバリエーション
Yキャリッジのバリエーション
Yキャリッジには、お持ちのMK3プリンタのモデルによって2つのバリエーションがあります。各バリエーションは組み立て手順が異なります。写真に従って、あなたのバリエーションを区別し、適切な指示に従ってください
新バージョン:Yキャリッジにはベアリング用のポケット(凹み)が3つあります。このパーツのバリエーションをお持ちの場合は、Yキャリッジ:パーツ準備(新)のステップに進んでください。
旧バージョン:Yキャリッジにはベアリング用の切り欠きが3つあります。このバリエーションをお持ちの方は、Yキャリッジ:パーツ準備(旧版)のステップに進んでください。
古いYキャリッジ:部品の準備
古いYキャリッジ:部品の準備
リニアベアリング LM8UU (3個)
Y キャリッジ (1個)
ベアリングクリップ (3個)
ゴム製のベアリングパッド 31x16x0.5 mm (3個)
M3x12 ネジ (6本)
プラスチックベアリングパッド 31x16x1 mm (3個)
M3nN ナット (6個)
Yキャリッジ(古いバージョン): 部品の準備(潤滑)
Yキャリッジ(古いバージョン): 部品の準備(潤滑)
Yキャリッジ(古いバージョン): 部品の準備(潤滑)
Yキャリッジ(古いバージョン): 部品の準備(潤滑)
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Prusaグリス塗布器(1個)
Prusa LM8UUベアリング用 潤滑剤アプリケーター10mm (1個)
ベアリングの表面についている潤滑油を、ペーパータオルで拭いてください。
各ベアリングは、プリンタに取り付ける前に潤滑剤を塗布する必要があります。以下の説明に従って慎重に作業してください。
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
油汚れから作業面を保護するために、適当なダスターを使用します。
ベアリングの内部がきれいであることを確認してください。
ペーパータオルでベアリング表面の油分を拭き取ります。
ベアリング内の4列のボール全てに潤滑油を塗る必要があります。
潤滑剤を開封し、キャップの中のチップでチューブの穴を突き刺します。
グリースチューブに塗布器をねじって装着します。
ベアリング内に塗布器の塗布部分を完全に挿れます。
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
チューブとアプリケーターを、わずかに抵抗を感じるまで反時計回りに回します。これはアプリケーターの穴がボールの列と合っていることを意味します。
チューブを軽く押して、ベアリングのボール列に潤滑剤を押し込んでください。
ベアリングの前面を見てください。アプリケーターがグリスを押し出したら(黒いガスケットの周り)、チューブを押すのを止めます。潤滑中は、もう一方の手でベアリングを持ってください。
グリスは、ベアリング内の4つのボール列全てに均等に行き渡る必要があります。グリスは多すぎても少なすぎてもいけません。最後の写真をよく見てください。
ベアリングの外側の余分なグリスをペーパータオルで拭き取ります。
3つのベアリングすべてに、この手順を実施します。
ベアリングの取り付け後、スムースロッドに余分なグリスが残っていることがあります。ペーパータオルなどで拭き取ってください。
ベアリングクリップの組み立て(古いバージョン)
ベアリングクリップの組み立て(古いバージョン)
2本のM3×12 ネジ を、ベアリングクリップの穴に差し込みます。
ネジにゴム製ベアリングパッドを挿入します。
プラスチック製ベアリングパッドをネジに挿入します。
残りの 2 つのベアリングクリップについて、これらの手順を繰り返します。
パッドの順番は非常に重要です。3つのベアリングクリップの順番を確認してください。
Yキャリッジへのベアリングの取り付け
Yキャリッジへのベアリングの取り付け
Yキャリッジへのベアリングの取り付け
Yキャリッジへのベアリングの取り付け
Yキャリッジのベアリング用の3つの切り欠きに注目してください。
ポケットが1つある側から始めます。切り欠きのある部分にベアリングクリップを取り付けます。
反対側から、各ネジをM3nNナットで固定します。ナットはまだ完全に締めないでください。今は1~2回転で十分です。
ベアリングをベアリングクリップに挿入します。
ベアリングが簡単に挿入できない場合は、M3nNナットを締めすぎている可能性があるので、一度緩めてください。
ベアリングの位置調整(古いバージョン)
ベアリングの位置調整(古いバージョン)
ベアリングの位置調整(古いバージョン)
ベアリングの位置調整(古いバージョン)
ベアリングの正しい向き:ベアリングをYキャリッジに取り付ける際、写真のような向きになっていることを確認してください。ベアリング内部のボールの列は側面になければなりません。
ベアリングがベアリング・クリップの中央にくるように、ベアリングの位置を合わせます。ベアリングのほぼ同じ部分が両側に見えるようにします。
ベアリングの位置を維持し、両方のネジをわずかに締めます。位置と向きを維持する程度の締め込みであることを確認してください。後でしっかりとネジを締めます。
2.5mmの六角レンチとユニバーサル・レンチを使い、M3nNナットをわずかに締め付けます。まだ完全に締め付けず、ベアリングの向きと位置を固定する程度にしてください。後で完全に締めます。
古いタイプのYキャリッジへのベアリングの取り付け
古いタイプのYキャリッジへのベアリングの取り付け
古いタイプのYキャリッジへのベアリングの取り付け
古いタイプのYキャリッジへのベアリングの取り付け
残りの2つのベアリングポケットに2つのベアリングクリップを取り付け、2つのベアリングを中に押し込みます。
反対側から、各ネジをM3nNナットで固定します。ナットはまだ完全に締めないでください。今は1~2回転で十分です。
2列のベアリング・ボールが側面に来るように、両方のベアリングの向きを決めます。
前のベアリングとは異なり、ベアリングはできるだけYキャリッジの中心に近い位置に置きます。ベアリングがポケットの縁に触れないように注意してください。
ベアリングの正しい位置合わせが非常に重要です。慎重に作業を進め、両方のベアリングがYキャリッジの中心にできるだけ近く、ポケットの縁に触れないようにします。
ベアリングの位置を維持し、ネジをわずかに締めます。ベアリングの位置と向きを維持する程度にします。後でしっかりとネジを締めます。
2.5mmの六角レンチとユニバーサル・レンチを使い、M3nNナットをわずかに締め付けます。まだ完全に締め付けず、ベアリングの向きと位置を固定する程度にしてください。後で完全に締めます。
古いYキャリッジへのスムースロッドの挿入
古いYキャリッジへのスムースロッドの挿入
この作業は十分に注意してください。ロッドを慎重に、ベアリングに対してまっすぐ挿入してください。力を入れすぎたり、ロッドを傾けたりしないでください。
万が一、ベアリングからボールが押し出されてしまた場合は、その数を数えてください。玉が1個か2個なら大きな影響はありませんが、それ以上出てしまった場合は、新しいベアリングの注文をご検討ください。
慎重にネジを下側のナットに完全に締め込みます。ネジは均等に、しっかりと締めてください。それぞれのネジはナットの奥まで通すか、少なくとも先端がナットの上面と一直線になるようにしてください。
最後に締め付けをした後、スムースロッドの動きが円滑でなければなりません。スムースロッドの動きが硬い場合は、ネジを緩めて同じ手順を繰り返してください。
それでは、Yロッドホルダーの準備のステップに進んでください。
Yキャリッジ:新しい部品の準備
Yキャリッジ:新しい部品の準備
Yキャリッジ:新しい部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
リニアベアリング LM8UU (3個)
Y キャリッジ (1個)
ベアリングクリップ (3個)
ゴム製のベアリングパッド 31x16x0.5 mm (3個)
プラスチックベアリングパッド 31x16x1 mm (3個)
M3x8 ネジ (6本)
Yキャリッジ(新しいバージョン): 部品の準備(潤滑)
Yキャリッジ(新しいバージョン): 部品の準備(潤滑)
Yキャリッジ(新しいバージョン): 部品の準備(潤滑)
Yキャリッジ(新しいバージョン): 部品の準備(潤滑)
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Prusaグリス塗布器(1個)
Prusa LM8UUベアリング用 潤滑剤アプリケーター(1個)
ベアリングの表面についている潤滑油を、ペーパータオルで拭いてください。
各ベアリングは、プリンタに取り付ける前に潤滑剤を塗布する必要があります。以下の説明に従って慎重に作業してください。
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
油汚れから作業面を保護するために、適当なダスターを使用します。
ベアリングの内部がきれいであることを確認します。
ペーパータオルでベアリング表面の油分を拭き取ります。
ベアリング内の4列のボール全てに潤滑油を塗る必要があります。
潤滑剤を開封し、キャップの中のチップでチューブの穴を突き刺します。
グリースチューブに塗布器をねじって装着します。
ベアリング内に塗布器の塗布部分を完全に挿れます。
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
ベアリングの注油/潤滑
チューブとアプリケーターを、わずかに抵抗を感じるまで反時計回りに回します。これはアプリケーターの穴がボールの列と合っていることを意味します。
チューブを軽く押して、ベアリングのボール列に潤滑剤を押し込んでください。
ベアリングの前面を見てください。アプリケーターがグリスを押し出したら(黒いガスケットの周り)、チューブを押すのを止めます。潤滑中は、もう一方の手でベアリングを持ってください。
グリスは、ベアリング内の4つのボール列全てに均等に行き渡る必要があります。グリスは多すぎても少なすぎてもいけません。最後の写真をよく見てください。
ベアリングの外側の余分なグリスをペーパータオルで拭き取ります。
3つのベアリングすべてに、この手順を実施します。
ベアリングの取り付け後、スムースロッドに余分なグリスが残っていることがあります。ペーパータオルなどで拭き取ってください。
ベアリングクリップの組み立て(新しいバージョン)
ベアリングクリップの組み立て(新しいバージョン)
2本のM3×8 ネジ を、ベアリングクリップの穴に差し込みます。
ネジにゴム製ベアリングパッドを挿入します。
プラスチック製ベアリングパッドをネジに挿入します。
残りの 2 つのベアリングクリップについて、これらの手順を繰り返します。
パッドの順番は非常に重要です。3つのベアリングクリップの順番を確認してください。
新しいベアリングの位置調整
新しいベアリングの位置調整
新しいベアリングの位置調整
新しいベアリングの位置調整
ベアリングの正しい向き:ベアリングをYキャリッジに取り付ける際、写真のような向きになっていることを確認してください。ベアリング内部のボールの列は側面になければなりません。
ベアリングがベアリング・クリップの中央にくるように、ベアリングの位置を合わせます。ベアリングのほぼ同じ部分が両側に見えるようにします。
ベアリングの位置を維持し、両方のネジをわずかに締めます。位置と向きを維持する程度の締め込みであることを確認してください。後でしっかりとネジを締めます。
ベアリングの位置(新しいバージョン)
ベアリングの位置(新しいバージョン)
ベアリングの位置(新しいバージョン)
ベアリングの正しい位置合わせは非常に重要です。慎重に作業を進め、両方のベアリングがYキャリッジの中心にできるだけ近く、ポケットの縁に触れないようにします。
以前のシングル・ベアリングとは異なり、ベアリングはできるだけYキャリッジの中央に配置します。ベアリングがポケットの縁に触れないように注意してください!
位置決めの不適切な例:最初の写真の下部に示されているように、ベアリングがポケットの縁に接触したり、重なったりしないようにしてください。
ベアリングの位置を維持し、ネジをわずかに締めます。ベアリングの位置と向きを維持する程度にします。後でしっかりとネジを締めます。
クリップを固定した後、ベアリングがポケットの縁に触れないように、正しい位置を再確認します。
新しいYキャリッジへのスムースロッドの挿入
新しいYキャリッジへのスムースロッドの挿入
新しいYキャリッジへのスムースロッドの挿入
新しいYキャリッジへのスムースロッドの挿入
ペーパータオルでスムースロッド表面の油分を拭き取ります。
この作業は十分に注意してください。ロッドを慎重に、ベアリングに対してまっすぐ挿入してください。力を入れすぎたり、ロッドを傾けたりしないでください。
万が一、ベアリングからボールが押し出されてしまた場合は、その数を数えてください。玉が1個か2個なら大きな影響はありませんが、それ以上出てしまった場合は、新しいベアリングの注文をご検討ください。
各ベアリング・クリップのネジを完全に締めます。
最後に締め付けをした後、スムースロッドの動きが円滑でなければなりません。スムースロッドの動きが硬い場合は、ネジを緩めて同じ手順を繰り返してください。
ベアリング・クリップを固定しているすべてのネジを締めた後、ベアリングが正しい位置にあるか最終チェックします
ベアリングがふたつある側:ベアリングはYキャリッジの中央寄りに配置すること。ポケットの端に触れたり、はみ出したりしないようにしてください。
ひとつのベアリングの側:ベアリングはポケットの中央に設置してください。
Y軸ロッドホルダーの準備
Y軸ロッドホルダーの準備
Y軸ロッドホルダーの準備
Y軸ロッドホルダーの準備
Y-rod-holder ひとつに対し、M3nS ナット を2個差し込みます。
ナットを最後まで押し込んだことを確認してください。プライヤーを使っても良いですが、プリント部品を傷つける可能性があるので注意してください。
万が一、ナットを押し込めない場合は、無理な力を加えないようにしてください。まず、ナットが入る穴や経路にゴミや障害物がないか確認してください。
Y-rod-holder の側面から M3nSナット を 1つ挿入します。
ナットの位置を 2mm の 六角レンチ を使って調整します。
残りの Y-rod-holdersについてもこの手順を繰り返します。
Y軸ロッドホルダーの取り付け
Y軸ロッドホルダーの取り付け
Y軸ロッドホルダーの取り付け
Y-rod-holderをロッドに押し込みます。プラスチック部品の前面をロッドの平らな面に合わせます。
Y-rod-holderの正しい位置を確認してください。ネジ穴は上向きで、Yキャリッジの中心に向かっていなければなりません(写真を参照)。
残りの Y-rod-holdersについてもこの手順を繰り返します。
Yキャリッジ の取り付け
Yキャリッジ の取り付け
Yキャリッジ の取り付け
Yキャリッジ の取り付け
ロッドホルダーを付けたスムースロッドを含むYキャリッジを取り出し、YZフレームにセットします。2つベアリングがある方が左側にあることを確認してください(写真参照、ネジ穴は左側に2組、右側に1組あります)。
それぞれのY-rod-holderを固定し、フロントプレート(長い突起のある方)にM3x10のネジで固定します。両方のネジを均等に締めていきますが、まだ完全には締めません。後で完全に締めます。
M3x10 ネジを各フロントホルダーの穴に入れ、締め込みます。
2組目のY-rod-holderを2本のM3x10ネジで固定します。ネジ を均等に締め付けてください。ただし、完全には締めこまないように注意してください。後ほど締めこみを行います。
M3x10 ネジをリアホルダーの穴に入れ、締め込みます。
M3nSナットが抜け落ちてしまう場合は、フレームを上下反転させてください。両方のナットを締めてから、フレームを元の位置に戻してください。
スムーズロッド の調整
スムーズロッド の調整
スムーズロッド の調整
スムーズロッド の調整
重要: スムースロッドを正しく一直線にすることは、プリンタの騒音を減らしたり、摩擦が発生しないようにするためにとても重要な作業です。
Yキャリッジをスムースロッドの全長にわたって前後に動かし、位置を合わせます。
次にキャリッジをフロントプレート側に移動し、フロントYホルダーのすべてのネジを締めます。
Yキャリッジをリアプレートに移動し、back-Y-holdersのすべてのネジを締めます。
Yベルトの組み立て:部品の準備
Yベルトの組み立て:部品の準備
Yベルトの組み立て:部品の準備
Yベルトの組み立て:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
プリントされたパーツは同じではありません。両方のパーツをよく見比べてみてください。
Y-belt-tensioner (1個) 楕円形の穴がある
Y-belt-holder (1個) 六角形の穴がある
M3x40 ネジ (1本)
M3x10 ネジ (4本)
M3nN ナット (1個)
GT2-20 プーリー (1個)
ピン H8 2.9x20 (1本)
Yベルト (1本)
Yベルトの組み立て
Yベルトの組み立て
Yベルトの組み立て
M3nN ナットを Y-belt-holder に完全に挿入します。
M3x40ネジの先端にM3nNナットを取り付けるます。まだ数回転で十分です。ネジはまだ締めず、ナットをYベルトホルダーに最後まで引き込みます。部品からM3x40ネジを取り外し、後で使うために取っておくことを忘れないでください。
Yベルトの組み立て
Yベルトの組み立て
Yベルトの組み立て
Yベルトの組み立て
プリンタを右側(PSUのある方)に傾け、底面に簡単にアクセスできるようにします。
ピンをプーリーに押し込み、中央に配置します。
Y軸ベルトの端を片方取り、Y-belt-holderに押し込みます。ベルトの歯の向きに注意してください。
M3x10のネジを挿入し、締めて固定します。
Y軸ベルトホルダーの組み立て
Y軸ベルトホルダーの組み立て
Y軸ベルトホルダーの組み立て
Y軸ベルトホルダーの組み立て
M3x10 ネジを使い、Y-belt-holder をYキャリッジに固定します。中央部の左(後方)の穴を使用します。
Y軸ベルトをY軸モータープーリーに巻き付けます。ベルトがフレームの下ではなく内側にあることを確認してください。
プーリーからYベルトガイドの自由に動く側を取り出し、Y-belt-tensionerの溝に押し込みます。
M3x10ネジで固定します。
Y軸ベルトテンショナーの組み立て
Y軸ベルトテンショナーの組み立て
Y軸ベルトテンショナーの組み立て
ベルトの自由端を取り、GT2-20プーリーに巻き付けます。
ベルトを付けたプーリーをフロント・リアプレート後部の Y-belt-idler に挿入します。
プリントされた部品の内側までプーリーを押し込み、ベルトを軽く引っ張って固定します。
Y軸ベルトテンショナーの組み立て
Y軸ベルトテンショナーの組み立て
Y軸ベルトテンショナーの組み立て
Y軸ベルトテンショナーの組み立て
M3x10のネジをY-belt-tensionerに挿入し、ベルトにテンションをかけたとき、ネジがYキャリッジのネジ穴に達するかどうかを試してください。
ネジが穴に届かない場合は、Y-belt-holder(すでに取り付けられているもの)を一度取り外し、両方のプリントパーツの歯を1つずつ動かしながら、ベルトの位置を調整する必要があります。
Y-belt-tensionerをYキャリッジの左 右(前)の穴に取り付け、M3x10 ネジで固定します。ネジは締めすぎないようにしてください。後で正確な位置を調整します。
M3x40のネジを Y-belt-tensioner に挿入し、ネジが2番目の部分のナットに達するまで締めます。
Y軸ベルトの張力の調整
Y軸ベルトの張力の調整
Y軸ベルトの張力の調整
Y軸ベルトの張力の調整
Yキャリッジを奥まで動かします。左手の指を使ってベルトを押し下げます。両方の部品が接触するくらいまでベルトを押しつぶすには、ある程度の力が必要です。プリンタを損傷する恐れがあるので、ベルトを伸ばしすぎないようにしてください。
ベルトの張りは、Yキャリッジの底にある長いM3x40のネジを調整することで変えることができます。
ネジを締めてパーツ同士を近づけ、張力をかけます。
ネジを緩めると、部品同士が離れ、張力が下がります。
ベルトの張力を正しく設定したら、底面のM3×10ネジを締めて Y-belt-tensioner を固定します。
ベルトテンションの確認
ベルトテンションの確認
このステップを実行することが推奨されますが、任意です。スマートフォンが手元にない場合は、次のステップに進んでください。このチェックは、後でもできます。
プリンタのX軸またはY軸ベルトの張力を確認または微調整するには、prusa.io/belt-tunerにアクセスし、モバイルデバイスでウェブページを開きます。または、写真のQRコードをスキャンしてください。
prusa.io/belt-tuner-video の解説ビデオを見て、必要に応じてYベルトのテンションを微調整してください。
ベルトチューナーアプリは複数のスマートフォンでテストされ、最も一般的なスマートフォンメーカーであれば動作するはずです。しかし、まれに期待通りに動作しない場合があります。その場合、ステップの下のコメント欄に、お使いの機種とブランドをご記入ください。
Y軸ベルト位置の調整
Y軸ベルト位置の調整
上側と下側の両方のベルトは、互いに平行となっていることを確認してください。
そうでない場合は、ベルトの位置を調整します。プーリーの両ネジを緩め、最適な位置に来るまで少しずつ動かします。
プーリーの両方のネジを締めこみます。
注:ベルトの位置を再調整する必要がある場合は、ベルトの張りをもう一度チェックすることを忘れないでください。
延長ジョイントの準備
延長ジョイントの準備
Yキャリッジの外側の穴に8本のM3x6rネジを取り付けます。まだ完全に締めないでください。今は数回転で十分です。