JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

7.エクストルーダーのアップグレード

Menu

7.エクストルーダーのアップグレード

7.エクストルーダーのアップグレード
Relevant for:
Last updated 2 months ago
7.エクストルーダーのアップグレード
 Difficulty
Moderate
 Steps
29
 Available languages
ENCSPLDEESITFR
この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章で、準備するもの:
2.5 mm 六角レンチ
ラジオペンチ
防護メガネ(キットに含まれていません)
ナイロンフィラメントを短くする際には、防護メガネを着用する必要があります。すぐにメガネをかける必要はありません。指示があります。
ナイロンフィラメントを取り外す
ナイロンフィラメントを取り外す
ナイロンフィラメントを取り外す
防護メガネを使用すること!
プリンターの背面からエクストルーダーに注目してください。
ケーブルスリーブの上部にある3本の結束バンドを切り落とします。
下側のカップルは切らないようしにてください。
エクストルーダーからすべてのケーブルを横に広げます。
ラジオペンチを使って、エクストルーダー本体から黒いナイロンフィラメントを引き抜きます。
特に注意してください。ナイロンフィラメントを取り除くのは非常に困難です。
ナイロンフィラメントのカット
ナイロンフィラメントのカット
ナイロンフィラメントのカット
ナイロンフィラメントを写真のように平らな面に置きます。曲がった端が上を向くようにしてください。
ナイロンフィラメントの左端に注目します。
注意:保護メガネを使用してください。フィラメントの切断された鋭利な部分が飛び散る危険性があります。これらは目に重大な損傷を与える可能性があります。
ラジオペンチを使い、曲げた端から約1cmのところに切り込みを入れます。先端が鋭くなるように斜めにします。
ナイロンロッドを挿入する
ナイロンロッドを挿入する
ナイロンロッドを挿入する
ナイロンロッドを挿入する
ケーブル開口部にあるナイロンフィラメント用の穴の位置を確認します。最小の六角レンチを使用し、内部に障害物がないことを確認してください。
ラジオペンチ を使って、 ナイロンフィラメント を スロット に差し込みます。この際には、もう片方の手で エクストルーダー を押さえてください。
ナイロンフィラメントがうまく挿入できたら、写真のように上向きになるようにセットします。
ケーブルの束をまとめる
ケーブルの束をまとめる
ケーブルの束をまとめる
ケーブルの束をまとめる
テキスタイルケーブルスリーブの片側を開き、エクストルーダーにつながっているケーブル 及び ナイロンフィラメント の束に被せます。前に挿入した黒いナイロンフィラメントを含めることを忘れないでください!
最初の 1巻き は cable-holder よりも若干長いくらいが適切です。5 cm ほどあれ十分です。
結束バンドを3本取り、ケーブル・ホルダーの下段の穴に差し込みます。
ケーブル束の周りにケーブルスリーブを少しねじります。
3本の結束バンドを締めて、ケーブル束を固定します。
重要: それぞれ結束バンドの残り部分は、できるだけ先端に近いところでペンチを使って切断します。 結束バンドの先端の位置が正しいことを確認してください (少し左にずれています)。
ホットエンドケーブルをケーブル束に加えて、ケーブルスリーブに巻き付けます。
ケーブル束をガイドする
ケーブル束をガイドする
ケーブルスリーブの全長をねじっていきます。ケーブルではなく、スリーブをねじるよう気を付けてください。
エクストラケーブルホルダー:部品の準備
エクストラケーブルホルダー:部品の準備
エクストラケーブルホルダー:部品の準備
エクストラケーブルホルダー:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
MK35-Ext-cable-holder-b (1個)
MK35-Ext-cable-holder-a (1個)
M3x18 ネジ (2本)
M3x10 ネジ (2本)
M3nS ナット (2個)
モーターケーブルアダプター(1個)
Ext-cable-holderの取り付け
Ext-cable-holderの取り付け
Ext-cable-holderの取り付け
Ext-cable-holderの取り付け
2つのM3nSナットをExt-cable-holder-aに完全に挿入します。
ナイロン・フィラメントの曲がったほうの端を取ります。そしてExt-cable-holder-aの穴の位置を確認しておきます。
ナイロン・フィラメントの曲がった部分を穴に押し込み、束をExt-cable-holder-aに押し込みます。
エクストラケーブルホルダーの組み立て
エクストラケーブルホルダーの組み立て
エクストラケーブルホルダーの組み立て
Xモーターケーブルを取り出し、Ext-cable-holder-aの左側の溝を通して、エクストルーダーメインケーブルの上に導きます。
Xモーターケーブルをメインケーブルの後ろに引くと、プリント時に軸の移動に問題が生じる可能性があります。
Ext-cable-holder-bでケーブルを覆います。
M3x18のネジ2本を締めて、両方のパーツを締結します。
エクストルーダーケーブル束の取り付け
エクストルーダーケーブル束の取り付け
エクストルーダーケーブル束の取り付け
エクストルーダーケーブル束の取り付け
ケーブルが xBuddyボックスの長方形の穴を塞いでいないことを確認します。
Ext-cable-holderをxBuddyボックスの穴から電子機器に差し込みます。
Xモーターケーブルが、エクストルーダーメインケーブルの後ろに配線されていないことを再確認します。写真と比較してください。
2本のM3x10ネジでExt-cable-holder をxBuddyボードボックスに取り付けます。
ケーブルは xBuddyボードボックスの中でフリーにしておきます。後ほど接続します。
Xモーターケーブルの接続
Xモーターケーブルの接続
Xモーターケーブルの接続
Xモーターケーブルの接続
Xモーターケーブルをモーターケーブルアダプターに差し込みます。コネクターが正しく差し込まれると、わずかにカチッと音がします。
XモーターケーブルをxBuddyボードの左から1番目のスロットに接続します。
MK3.5 アダプターケーブル: 部品の準備
MK3.5 アダプターケーブル: 部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
MK3.5 アダプターケーブル (1本)
各ケーブルに黄色の印があることに注意してください。以下のステップでは、このマークに従って説明します。
MK3.5 アダプターケーブル の接続(パート1)
MK3.5 アダプターケーブル の接続(パート1)
MK3.5 アダプターケーブル の接続(パート1)
MK3.5 アダプターケーブル の接続(パート1)
次に、エクストルーダーの各ケーブルをMK3.5アダプターケーブルに差し込みます。アダプターケーブルのマークと、エクストルーダーから導かれるケーブルのマークと色に従います。
ケーブルの接続を示す以下の写真では、MK3.5 アダプターケーブルは常に一番下にあります(常に黄色のケーブルマーキングがあります)。
エクストルーダーモーターケーブルを"E"と表示されたアダプターケーブルに差し込みます。
ホットエンドサーミスタケーブル(赤と黒のワイヤー)を "H "と書かれたアダプターケーブルに差し込みます。
SuperPIDNA/P.I.N.D.A.センサーケーブルを "P"のラベルの付いたアダプターケーブルに差し込みます。
P.I.N.D.A.センサーケーブルは、コネクター内の3本のワイヤー(SuperPINDA)の代わりに4本のワイヤーがあり、黒またはグレー色の保護シースを持つことができます。
MK3.5 アダプターケーブル の接続(パート2)
MK3.5 アダプターケーブル の接続(パート2)
MK3.5 アダプターケーブル の接続(パート2)
MK3.5 アダプターケーブル の接続(パート2)
ホットエンドファンケーブルを "HF "と書かれたアダプターケーブルに差し込みます。
The design of the hotend fan cable may vary depending on which variant you have. Either a cable bundle wrapped with a textile sleeve or bare cables without a wrap.
フィラメントセンサーケーブルを "F "と書かれたアダプターケーブルに差し込みます。フィラメントセンサーケーブルと xBuddy アダプターケーブルの赤線は同じ側にしてください!
警告:ケーブル類は正しく配線してください。これを怠ると、電子機器に取り返しのつかない損傷を与える可能性があります。
プリントファンケーブルを"PF"と表示されたアダプタケーブルに差し込みます。
すべての接続をもう一度確認しましょう!
すべての接続をもう一度確認しましょう!
すべての接続をもう一度確認しましょう!
写真を見ながら配線の接続を確認してください。
電装系にカバーする前に、配線をチェックしてください。
ケーブルの取り回しを2枚目の写真と比較してください。ケーブルを箱の内側に沿わせ、電子ボードの上の隙間を確保することで、冷却効果を高めます。
xBuddyボックスの中に用意されている2本の結束バンドでケーブル束を締めます。
すべてのコネクタが完全に挿入され、PSUケーブルが適切に取り付けられていることを確認してください。そうしないと、プリンタを損傷する恐れがあります。
xBuddyボードボックスのカバー
xBuddyボードボックスのカバー
xBuddyボードボックスのカバー
xBuddyボードボックスのカバー
el-box-coverにM3x10のネジを2本通します。
カバーを xBuddyボックス に取り付けます。xBuddyボックス にはネジ穴が 2 つあります。ネジやカバーの邪魔になるケーブルがないことを確認してください。
両方の M3x10 ネジを xBuddy ボックスに締めて、el-box-cover を固定します。
ラベル:準備
ラベル:準備
ラベル:準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
安全ラベル(1枚)
xLCD ステッカー(1個)
SNラベル(1枚)
クリーニングパッド(1個)
安全ラベルのアップグレード(オプション)
安全ラベルのアップグレード(オプション)
安全ラベルのアップグレード(オプション)
安全ラベルのアップグレード(オプション)
この手順は任意ですが、お勧めします。MK3.5の安全ラベルが更新され、国際的なマークにより近い新しい記号が追加されました。
フレーム右側の古い安全ラベルをはがします。
IPAクリーニングパッド(キットのパッケージに含まれています)を使用して、糊が残っているエリアを清掃します。
新しい安全ラベルをフレームに貼りつけます。
xLCD ステッカー(オプション)
xLCD ステッカー(オプション)
xLCD ステッカー(オプション)
xLCD ステッカー(オプション)
xLCDステッカーを貼るのは完全にオプションです。しかしながら、組み立て全体に最終的なディテールを加える仕上げの役割を果たします。
このステップと次のステップは任意です。また、文字が小さければ小さいほど、転写や糊付けに手間がかかりますので、注意して作業してください。
クリーニングパッドを使用して、xLCDカバーの丸い穴のない面を掃除します。
保護層の一部をはがし、ラベルをxLCDカバーに注意深く貼りつけます。ラベルをディスプレイカバーの端に合わせます。下側から始めてください。
ステッカー越しにPRUSAの白い文字が見えます。2枚目の写真と向きを比べてみてください。
ステッカーを接着した後、ステッカーの全長に沿ってあらゆる方向へ指で押し伸ばし、完璧に接着するようにします。
xLCD ステッカー(オプション)
xLCD ステッカー(オプション)
xLCD ステッカー(オプション)
この作業には忍耐と注意が必要です。完璧に接着するには、パーツの適切な脱脂と周囲温度によります。
保護層をゆっくりとはがしていきます。レタリングに保護層を軽く押し付けながら剥がします。すべての文字が接着されているかを確認してください。
保護層をはがした後、最終的な外観が写真と一致していることを確認します。
SNラベル(必須)
SNラベル(必須)
SNラベル(必須)
SNラベル(必須)
このステップは製品保証のために必要です。ラベルは捨てないでください。
プリンタから古いSNラベルを剥がします。
SNラベルは、フレームの背面(PSUの上)またはリアプレートの背面に貼り付けることができます。
背面プレートの左側にラベルを貼り付けます。表面が汚れていないことを確認してください。付属のクリーニングパッドを使用してください。
Haribo で一休みしましょう!
Haribo で一休みしましょう!
グミを8個食べましょう。
グミの鮮やかな色は、食用の色素を使用することで実現し、視覚的な魅力を高めているのです。
残りの締結部品
残りの締結部品
ナットやネジが余る心配を避けるため、組み立て完了時に最初のパッケージから未使用のままにしておくべき締結部品のリストを以下に示す。
スペアを使用した場合は数が異なる可能性があります。
残りの締結部品:
- ターミナルネジ (1個)
- M3x4bT ネジ (1個)
- M3x6 ネジ (6個)
- M3x6r ネジ (1個)
- M3x8 ネジ (6個)
- M3x10 ネジ (3個)
- M3x14bT ネジ (1個)
- M3x18 ネジ (2個)
- M3n ナット (1個)
- M3nS ナット (9個)
- M3w ワッシャー (1個)
グッジョブ!
グッジョブ!
おめでとうございます! これでMK3.5はプリントの準備ができました。
残りは、キャリブレーションとセルフテストについて説明する短いチャプターです。
最後の章、8. プリフライトの確認 に進みましょう。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us