JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

6. ヒートベッドのアップグレード

Menu

6. ヒートベッドのアップグレード

6. ヒートベッドのアップグレード
Relevant for:
Last updated 2 months ago
6. ヒートベッドのアップグレード
 Difficulty
Moderate
 Steps
29
 Available languages
ENCSPLDEESITFR
ヒートベッドサーミスタの取り外し
ヒートベッドサーミスタの取り外し
ヒートベッドサーミスタの取り外し
ヒートベッドの下側から、黄色のカプトンテープと銀色のアルミテープをはがします。
ヒートベッドからサーミスタケーブルを取り外します。
新しいヒートベッドサーミスタ:部品の準備
新しいヒートベッドサーミスタ:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
MK用のヒートベッドサーミスタ (1個)
カプトンテープ(1枚)
アルミニウムテープ(1枚)
説明書に注意してください。黄色いカプトンテープはすぐ丸まってしまい、最初の形状を復元することは困難です。
必要な部品はすべてヒートベッドサーミスタセットの袋に入っています。
ヒートベッドとサーミスターを準備します。
ヒートベッドとサーミスターを準備します。
ヒートベッドとサーミスターを準備します。
ヒートベッドとサーミスターを準備します。
サーミスタとテープを取り外したら、全体を掃除して油脂分を取り除きます。アルミテープの下にあった接着剤は多少残っていても大丈夫です。
サーミスタをヒートベッドに置きます。サーミスタの先端が円の中に入っていなければなりません。
ここがずれていると、プリンタは間違った温度を読み取ります。
センサーがヒートベッドのどちらに取り付けられているかに注意してください。
銀色のアルミテープを手に取り、保護フィルムを丁寧にはがします。
サーミスタの中心(楕円形の内側)にのみ、テープをヒートベッドに接着してください。正しい位置を再確認する必要があります。
テープを少し剥がしたり曲げたりして、サーミスタの先端を出します。
サーミスタをカバーする
サーミスタをカバーする
サーミスタの位置を保ち、アルミテープで覆います。サーミスタセンサー全体がテープで覆われていることを確認してください。
サーミスタを所定の位置に固定します
サーミスタを所定の位置に固定します
サーミスタを所定の位置に固定します
サーミスタを所定の位置に固定します
最後に "黄色 "のカプトンテープを貼ります。丸まってしまうので、一度にテープ全体をはがさないでください。
写真のように、カプトンテープを約0.5 cm剥がし、ヒートベッドに接着します。テープが正しく接続されていることを確認します。
カプトンテープがヒートベッドのネジ穴と重ならないようにしてください。
カプトンテープは、銀テープより面積が大きいです。銀色のテープが四方から重なっていることを確認してください。
テープを貼り続けてください。サーミスタの部分であまり丸まらないように注意してください。
接着面全体がヒートベッドに正しく接着されていることを確認します。
ヒートベッドケーブルの組み立て:部品の準備
ヒートベッドケーブルの組み立て:部品の準備
ヒートベッドケーブルの組み立て:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください:
ヒートベッド MK52 24V (1枚)
赤いヒートベッドケーブル(1本)
黒いヒートベッドケーブル(1本)
M3x10 ネジ (2本)
M3w ワッシャー (2個)
M3nN ナット (2個)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート1)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート1)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート1)
電源ケーブルを正しく接続することが重要です。組み立てを始める前にピンを見てください。左側の "GND"と書かれたピンは必ず黒い線に接続してください。
両方のヒートベッドケーブルを確認します。各ケーブルのラベルに注意してください。次のステップでは、ラベルのないケーブルの端を準備します。
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート2)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート2)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート2)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート2)
黒線を "GND" 記号のあるピンの上に置きます。ケーブルの端はQRコードの付いていない方を使用してください。QRコードはもう一方の端にあるようにします。
丸型ケーブルコネクターの上にM3wワッシャーを置きます。
M3x10 ネジ を全ての部品に通して押し込みます。
ネジを持って、ヒートベッドを慎重に逆さまにします。
M3nNナットをM3 x10ネジに取り付け、少し締めます。
ヒートベッドを元に戻します。ユニバーサルレンチと六角レンチを使ってネジを締めます。後でケーブルの位置を微調整するので、まだネジを強く締めすぎないようにしてください。
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート3)
ヒートベッドケーブルの取り付け (パート3)
2本目(赤/+/VCC)のワイヤーもこの手順を繰り返します。QRコードの付いていないケーブルの端を使用してください。QRコードはもう一方の端になければなりません。
先に進む前に、以下のことをもう一度確認してください:
黒い線"GND"に接続してください。
赤い ケーブルは "VCC" に接続されていなくてはなりません。
後で装着するケーブルカバーでは、コネクターが互いに少し傾いている必要があります。コネクタとコネクタの間には隙間を空けて、静かに押し込んでください。
六角レンチとプライヤーレンチを使用して、両方のネジをしっかりと締めます。締め付け中はコネクタの位置を維持します。
ヒートベッドケーブルのカバー:部品の準備
ヒートベッドケーブルのカバー:部品の準備
ヒートベッドケーブルのカバー:部品の準備
ヒートベッドケーブルのカバー:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
ナイロン製の細い棒 2x380 mm (1本)
heatbed-cable-cover-bottom
heatbed-cable-cover-top
M3x10 ネジ (3本)
M3n ナット (3個)
ケーブルスリーブ 5x350 mm (1本)
スリーブの端は、裂けるのを防ぐために工場でヒートシールされています。開封するには、シールされた端の継ぎ目を切るか、裂く必要があります。
ヒートベッドケーブルカバーの組み立て: ナイロンフィラメント
ヒートベッドケーブルカバーの組み立て: ナイロンフィラメント
ヒートベッドケーブルカバーの組み立て: ナイロンフィラメント
ヒートベッドケーブルカバーの組み立て: ナイロンフィラメント
heatbed-cable-cover-bottom を写真のように置きます。ヒートベッドのサーミスタケーブルを heatbed-cable-cover-bottom に通します。
ナイロンフィラメントを heatbed-cable-cover-bottom の穴に挿入します。ナイロンフィラメントが反対側に出過ぎないようにしてください。ナイロンフィラメントを挿入するときは、フィラメントがプリント部分の下にあるサーミスタケーブルを傷つけないようにしてください。2mm以上はみ出さないようにします。
ナイロンフィラメントを挿入する際は、フィラメントがプリント部分の下にあるサーミスタケーブルを傷つけないようにしてください。
フィラメントのカーブの向きを3枚目の写真のようにします。
heatbed-cable-cover-bottomの取り付け
heatbed-cable-cover-bottomの取り付け
heatbed-cable-cover-bottomの取り付け
ケーブルカバーの下部をスライドさせ、ヒートベッドケーブルのコネクター(M3nNナット)を外します。写真の正しい方向を参照してください。
カバーを上からM3x10のネジで固定します。ネジはしっかりと締めてください。
Make sure the nylon filament is still bent upward as in the previous step.
heatbed-cable-cover-topの組み立て
heatbed-cable-cover-topの組み立て
heatbed-cable-cover-topの組み立て
heatbed-cable-cover-topの組み立て
ケーブル束の端をナイロン・フィラメントと一緒にケーブルスリーブに巻き付けます。スリーブをできるだけヒートベッド側にスライドさせます。
heatbed-cable-cover-top をケーブルの分岐に応じて取り付け、M3x10のネジ2本で固定します。
下側のサーミスタケーブルには、指が1本通せる程度のたるみを残します。
カバーの間に大きな隙間がないことを確認してください。
延長ジョイントの準備
延長ジョイントの準備
Yキャリッジの外側の穴に8本のM3x6rネジを取り付けます。まだ完全に締めないでください。今は数回転で十分です。
延長ジョイントの取り付け
延長ジョイントの取り付け
延長ジョイントの取り付け
延長ジョイントの取り付け
延長ジョイントの取り付けは慎重に行う必要があります。この作業はプリンタが正しく機能するために非常に重要です。説明をよくお読みください:
延長ジョイントをM3x6rのネジの上で横からスライドさせます。
延長ジョイントの向きが正しいことを確認してください。延長ジョイントとほぼ同じ形状の凹みがあります。ジョイントは、この凹みにあわせてはめ込まなければなりません。2枚目の写真を確認してください。
プリンタモデルのバージョンによっては、凹みがないYキャリッジもあります。写真に従って延長ジョイントの位置を決めます。
位置を維持し、六角レンチ(2.0mm)を使用してM3x6r ネジを締めます。
残りの延長ジョイントも同様に作業します。
古いバージョンのYキャリッジ窪みのない旧いタイプのYキャリッジでは、ユニバーサル・レンチを使用して延長ジョイントの正しい位置と向きを維持しながら締め付けます。
ヒートベッドの取り付け
ヒートベッドの取り付け
ヒートベッドの取り付け
ヒートベッドの取り付け
スペーサーをYキャリッジの上に置き、中央の穴に合わせます。
ヒートベッドをYキャリッジに載せ、スペーサーを通じてM3x14bTネジで固定します。ネジはまだ完全に締めないでください。
M3x4bTネジをヒートベッドの残りの穴に挿入します。ネジはまだ完全に締めないでください。
ヒートベッドの固定
ヒートベッドの固定
すべてのネジが所定の位置に収まったら、以下の順序でネジを締めていきます:
中心のネジ
最初の 4本 のネジ(4隅)
最後の 4本 のネジ (4角)
ネジをゆっくりと、しっかり締めていきます。
Heatbed-cable-holder: 部品の準備
Heatbed-cable-holder: 部品の準備
Heatbed-cable-holder: 部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Heatbed-cable-holder (1個)
M3x6 ネジ (2本)
パワーターミナル用ネジ 6/32" (2個)
ヒートベッドの各ケーブルの出し方
ヒートベッドの各ケーブルの出し方
ヒートベッドの各ケーブルの出し方
ヒートベッドの各ケーブルの出し方
ヒートベッドケーブルを xBuddyボックス 背面の四角い開口部に通します。
フィラメントを四角い開口部の下にある印のついた穴に通します。
黒いヒートベッドケーブルを左側の端子に置き、端子ネジで固定します。
赤いヒートベッドケーブルを右側の端子に置き、端子ネジで固定します。
ヒートベッドサーミスタのケーブルをxBuddyボードに接続します。
ヒートベッドケーブルのカバー
ヒートベッドケーブルのカバー
heatbed-cable-holderをxBuddyボックスに取り付けます。ケーブルの束は、上を向くようにします。両方のM3x6ネジをしっかりと締めて固定します。
ESPモジュールの取り付け
ESPモジュールの取り付け
ESPモジュールの取り付け
ピンを曲げたり傷つけたりしないよう、ESPモジュールの取り扱いや接続には十分注意してください。
ESP Wi-Fi モジュールボードの端をつかみ、そのピンを xBuddyボックスの 8穴スロットに差し込みます。部品が正しい向きになっていることを確認してください。
ESPモジュールを wifi-cover で覆います。
M3x6ネジで固定します。
自分へのご褒美
自分へのご褒美
グミを8個食べましょう。
2014年、グミの熊をモチーフにした絵文字がユニコード標準に追加され、グミの熊愛好家たちがオンライン上のコミュニケーションでその愛を表現できるようになったことをご存知でしょうか。
もう少しです!
もう少しです!
今のところ複雑なことは何もないですよね…?複雑ではなかったと思うようにして、組み立ての終盤に取り掛かりましょう!
次の章、7.エクストルーダーのアップグレード に進みます。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us