JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

5.ネクストルーダーの組み立て

Menu

5.ネクストルーダーの組み立て

5.ネクストルーダーの組み立て
Relevant for:
Last updated 3 days ago
5.ネクストルーダーの組み立て
 Difficulty
Moderate
 Steps
45
 Available languages
ENCSPLDEESITFR

Step 1 この章に必要な道具

この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章で、準備するもの:
1.5mm 六角レンチ
2.5 mm 六角レンチ
TX6 トルクス・キー
TX10 トルクス・キー
ラジオペンチ
油性マジック

Step 2 フィラメントセンサー:部品の準備

フィラメントセンサー:部品の準備
フィラメントセンサー:部品の準備
フィラメントセンサー:部品の準備
フィラメントセンサー:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
ネクストルーダーヒートシンク (1個)
ホールフィラメントセンサー (1個)
プルサボールホルダー (1個)
マグネット 3x3x3 mm (1枚)
バネ 3x9 mm (1x) 小さい方
スチールボール 4mm (1個)
M2.5x6rT ネジ (1個)

Step 3 フィラメントセンサーの組み立て

フィラメントセンサーの組み立て
フィラメントセンサーの組み立て
フィラメントセンサーの組み立て
フィラメントセンサーの組み立て
ヒートシンクにある同じような形のポケットに、フィラメントセンサーを入れます。
M2.5x6rTネジで固定します。電子基板が割れる恐れがあるので、慎重に締めてください。
プルサボールホルダーを以下の順序で組み立てます。:
スチールボール (1個)
マグネット
バネ
これらのパーツに対し、鋼球で蓋をするようにしてプルサボールホルダーに挿入します。

Step 4 フィラメントセンサーの取り付け

フィラメントセンサーの取り付け
フィラメントセンサーの取り付け
フィラメントセンサーの取り付け
フィラメントセンサーの取り付け
プルサボールホルダーアセンブリをヒートシンクに挿入します。スチールボールの部分がヒートシンクの側面に近いことを確認してください。
プルサボールホルダーアセンブリの正しい向きに注意してください。部品には突起があります。突起は下向きでなければなりません。
アセンブリをヒートシンクに押し込み、ボールアセンブ リが金属ヒートシンクと面一であることを確認します。

Step 6 エクストルーダーアイドラーの組み立て

エクストルーダーアイドラーの組み立て
エクストルーダーアイドラーの組み立て
エクストルーダーアイドラーの組み立て
エクストルーダーアイドラーの組み立て
写真のように、2.9mmx8.5mmのピンを、それぞれ693 2RSベアリングに挿入します。
両方のベアリングをピンと一緒に Idler-lever-a に入れます。
Idler-lever-b パーツで閉じ、M3x6のネジで固定します。ネジは締めすぎないようにしてください。両方のベアリングが大きな抵抗なく回転できなければなりません。
同じ側からチューブラー・スペーサーをアッセンブリーに押し込みます。チューブラー・スペーサーの "底部 "は、アイドラー・アッセンブリーの底部と面一でなければなりません。

Step 7 エクストルーダーの組み立て:部品の準備 I.

エクストルーダーの組み立て:部品の準備 I.
エクストルーダーの組み立て:部品の準備 I.
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
遊星ギアケース (1個) 後で使うことになります。
メインプレート (1個)
遊星ギアアッセンブリアダプタ (1個)
遊星ギアアッセンブリ (1組)
遊星ギアリング (1個)
必要な部品リストは、次のステップにも続きます。

Step 9 エクストルーダーの組み立て

エクストルーダーの組み立て
エクストルーダーの組み立て
エクストルーダーの組み立て
エクストルーダーの組み立て
5x10x0.1スペーサーをエクストルーダーモーターのシャフトの上に取り付けます。
ヒートシンクをエクストルーダーモーターの上に置きます。両方の部品の向きに注意してください。
モーターケーブルは「上」を向いていなければなりません。
ヒートシンクのケーブルは右側になければなりません。
メインプレートをヒートシンクに取り付けます。部品の向きに注意してください。切り込みをガイドとして使用します。
次のステップに進む前に、5x10x0.1スペーサーがエクストルーダーモーター上に置かれていることを確認してください。

Step 10 ギアボックスの組み立て

ギアボックスの組み立て
ギアボックスの組み立て
ギアボックスの組み立て
以下の手順は、正しく慎重に行う必要があります。ガイドと一緒にビデオを見ることで、理解を深め、組み立てを成功させましょう: prusa.io/PG-assemblyをご覧ください。
ビデオを見た後は、このガイドの手順に従ってください。
遊星ギアアセンブリアダプターを遊星ギアアセンブリに取り付けます。プリントされたアダプターのギア用ポケットに注意してください。

Step 11 遊星ギアリングの組み立て

遊星ギアリングの組み立て
遊星ギアリングの組み立て
遊星ギアリングの組み立て
遊星ギアアセンブリアダプターなしでギアボックスを組み立てないでください。このツールは、ギアが正しく組み合わされていることを確認するためのものです。
遊星ギアリングをアダプターにスライドさせます。
遊星ギアリングの歯の片側に面取りがあることに注意してください。この面は(アセンブリに対して)下向きでなければなりません。
遊星ギアリングと一緒に回転できるように、片手でアセンブリ全体をつかみます。
もう一方の手で、遊星ギアリングを、遊星ギアアセンブリにグリグリとスライドさせながら装着していきます(リングを左右に繰り返し動かします)-1/4回転程度で十分です。
ギアの表面が遊星ギアリングの表面とほぼ面一になったところで止めます。

Step 12 遊星ギアの組み立て

遊星ギアの組み立て
遊星ギアの組み立て
遊星ギアの組み立て
遊星ギアの組み立て
このステップは慎重に進めてください。
遊星ギアアセンブリの位置を維持し、エクストルーダーモーターシャフトに取り付けます。
遊星ギアアセンブリー全体(遊星ギアアセンブリ-アダプター、遊星ギアアセンブリ、遊星ギア-リング)を、アセンブリーとメインプレートの間に隙間がなくなるまで、静かに、ゆっくりと回転させてください。アセンブリを無理に押さないでください。
遊星ギアアセンブリアダプターを取り外します。

Step 13 遊星ギアアセンブリの確認

遊星ギアアセンブリの確認
遊星ギアアセンブリの確認
遊星ギアアセンブリの確認
遊星ギアアセンブリの確認
遊星ギアアセンブリ・アダプターを遊星ギアアセンブリに再度取り付け、すべての部品が正しく取り付けられていることを確認します。
遊星ギアアセンブリー・アダプターで回転させていきます。遊星ギアアセンブリーは、力を入れなくても簡単に回転させれるかを確認してください。
遊星ギアアダプターを取り外します。組み立て時にはもう必要ありません。メンテナンスのために保管しておくことをお勧めします。
遊星ギアアッセンブリが、遊星ギアリングよりも上に突き出ていないことを確認し、遊星ギアアッセンブリが同じ高さに収まっていることを確認します。遊星ギアリングの表面の高さより低い位置か、リングと同じ高さになるようにしてください。
遊星ギアリングとメインプレートの間に隙間があってはなりません。隙間がある場合は、遊星ギアアッセンブリを一度取り外し、取り付け直してください。

Step 14 ネクストルーダーアイドラーの組み立て

ネクストルーダーアイドラーの組み立て
ネクストルーダーアイドラーの組み立て
ネクストルーダーアイドラーの組み立て
ネクストルーダーアイドラーの組み立て
アイドラーアセンブリを、遊星ギアリングとエクストルーダーモーターの間に挿入します。メインプレートにはスペーサー用の切り欠きがあります。アイドラースペーサーを遊星ギアリングの穴に合わせます。
ソケット止めねじ3x25で両方の部品を固定します。ネジは締めすぎないようにしてください。締めた後、ネジが遊星ギアリングからはみ出します。
遊星ギアリングと遊星ギアアセンブリの歯の周りに少量のPrusaグリスを塗布します。
ヒント:少量の潤滑剤を結束バンドの先端に塗布し、ギアに潤滑剤を行き渡らせます。
ペーパータオルで、フロント面の余分な潤滑油を拭き取ります。

Step 15 遊星ギアをカバーする

遊星ギアをカバーする
遊星ギアをカバーする
遊星ギアをカバーする
遊星ギアケースを取り、スペーサー(13x24x2.5、プラスチックリング)が既に部品に挿入されていることを確認します。
プラスチックのリングスペーサー(13x24x2.5)が、カバーの一部にない場合でも、組み立てを完了することができますが、プリントを開始する前にPrusaのサポートに連絡してください。この部品は遊星ギアをスムーズに動かすためのものです。
プラスチックリングの色は異なる場合があります。特性は同じです。
遊星ギアをカバーし、M3x25mmのネジ3本で遊星ギアケースを固定します。ネジは締めすぎないようにしてください。

Step 16 アイドラースイベルの組み立て:部品の準備

アイドラースイベルの組み立て:部品の準備
アイドラースイベルの組み立て:部品の準備
アイドラースイベルの組み立て:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Idler-nut (1個)
Idler-swivel (2個)
M3x30 ネジ (2本)
M3x20rT ネジ (2個)
M3nN ナット (2個)
バネ 15x5 (2個)
5x5 mmスペーサー(1個)
一部の古いパッケージでは、この部分は「5.5mmスペーサー」と呼ばれています。

Step 17 アイドラースイベルの組み立て

アイドラースイベルの組み立て
アイドラースイベルの組み立て
アイドラースイベルの組み立て
M3x20rTネジをIdler-swivelの片方に通してください。
スペーサーをネジにスライドさせます。
反対側から2つ目のIdler-swivelをネジの上に置きます。
反対側から、M3nNナットをネジに取り付けます。ユニバーサルレンチを使ってナットを持ち、ネジを締めます。軽く締めるだけで大丈夫です。スペーサーは自由に回転する必要があります。

Step 18 アイドラーナットの組み立て

アイドラーナットの組み立て
アイドラーナットの組み立て
アイドラーナットの組み立て
アイドラーナットの組み立て
Idler-nutをIdler-swivel アセンブリに挿入します。両方の部品が写真に従って正しい向きになっていることを確認してください。
M3x20rT ネジを、最初のネジと同じように同じ側から挿入して、両方のパーツを固定します。
M3nN ナットで締結します。ナットを締めすぎないようにしてください。Idler-swivelがIdler-nutの上で動くようにしなければなりません。

Step 19 アイドラースイベル・アセンブリの取り付け

アイドラースイベル・アセンブリの取り付け
アイドラースイベル・アセンブリの取り付け
アイドラースイベル・アセンブリの取り付け
アイドラースイベル・アセンブリの取り付け
バネ15x5をM3x30の両ネジに取り付けます。
ヒートシンクの突起にある穴に、スプリング付きのネジ2本を押し込みます。内側にネジ山はありません。
ネジにIdler-swivelアセンブリーを取り付けます。Idler-nutの正しい向きを確認してください。2つの点がある側が見えるようにしてください。写真をよく確認してください。
両方のネジを締めます。ネジの先端がidler nutの前面に達したら、締め付けを止めます。

Step 21 ヒートシンクの組み立て

ヒートシンクの組み立て
ヒートシンクの組み立て
ヒートシンクの組み立て
エクストルーダーモーター側から、NTCサーミスタをヒートシンクの穴に挿入します。
M3x4rTグラブスクリューで固定します。最後までねじ込みます。指とT6トルクスキーの短い方を使って、ゆっくりとしっかりと締めます。強い力を加えると、ネジ山に損傷を与える可能性があります。
ヒートシンクに2本のサムスクリューを挿入します。まだ完全に締めないでください。今は2回転程度で十分です。

Step 22 エクストルーダーの取り付け

エクストルーダーの取り付け
エクストルーダーの取り付け
エクストルーダーの取り付け
X-carriageのスペーサーの上に、ネクストルーダーを配置します。
プラスチック部分に切り込みがあります。この切り込みにサーミスタケーブルを通します。

ケーブルを挟まないように注意してください!

ヒートシンクの穴をX-carriageのスペーサーに合わせ、3本のM3x10ネジで両パーツを締結します。中央のネジから始めます。

Step 23 NTCサーミスタの接続

NTCサーミスタの接続
NTCサーミスタの接続
NTCサーミスタの接続
NTCサーミスタの接続
X-carriageの左側にあるケーブル・チャンネルを確認します。次のステップで、このチャンネルにケーブルの一部を通していきます。
NTCサーミスタをX-carriageのケーブルチャンネルに通し、LoveBoardのコネクタスロットまで導きます。

Step 25 ホットエンドファンの組み立て

ホットエンドファンの組み立て
ホットエンドファンの組み立て
ホットエンドファンの組み立て
ホットエンドファンの組み立て
左側にある2つのM3x18ネジでヒートシンクにホットエンドファンを取り付けます。ネジはゆっくりと、しっかり締めてください。ケーブルは左下隅に向けてください。
ホットエンドファンにはステッカーが貼られています。ステッカーはファンの裏側に貼られていなければなりません。
ファンケーブルをケーブルチャンネル下のサムスクリューの間に導き、LoveBoardの下側スロットに接続します。

Step 27 ホットエンドアッセンブリーの組付け

ホットエンドアッセンブリーの組付け
ホットエンドアッセンブリーの組付け
ホットエンドアッセンブリーの組付け
ホットエンドアッセンブリーの組付け
エクストルーダーの底部からヒートシンクが通る穴を探し、ホットエンドをヒートシンクに挿入します。
ホットエンドケーブルを左側に導きます。
ホットエンドアセンブリをヒートシンクに完全に押し込みます。ヒートシンクとノズルの真鍮部分の間に約 2 mm の隙間があるはずです。
ホットエンドアセンブリーを押し込みながら、両方のねじをしっかりと締めます。
ネジとヒートシンクの間にケーブルを挟まないようにしてください!
ヒーターブロックのHOTマークが正面を向くように、ホットエンドアセンブリの向きを決めます。

Step 28 ホットエンドケーブルの接続

ホットエンドケーブルの接続
ホットエンドケーブルの接続
ホットエンドケーブルの接続
ホットエンドサーミスタをX-carriageのケーブルチャンネルに通し、LoveBoardに接続します。
There are several variations of the hotend thermistor. They differ in color and length. Functionally they are the same.
If you have the hotend thermistor with a long cable, make a loop near the connector. Do not twist the cable too much.
X-carriageのケーブルチャンネルにホットエンドヒーターを通し、LoveBoardに接続します。

Step 29 ファンドアの組み立て:部品の準備

ファンドアの組み立て:部品の準備
ファンドアの組み立て:部品の準備
ファンドアの組み立て:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Fan-door (1個)
Fan-shroud(1個)
プリントファン (1個)
M3x30 ネジ (1本)
M3x10 ネジ(2本)
M3x6 ネジ (2本)
磁石 20x2x66x2 (2個) 磁石同士は十分な距離を保って置いてください。磁力でくっついてしまうと非常に外れにくいです。

Step 30 ファンドアの組み立て: ファンを取り付ける

ファンドアの組み立て: ファンを取り付ける
ファンドアの組み立て: ファンを取り付ける
ファンドアの組み立て: ファンを取り付ける
ファンドアの組み立て: ファンを取り付ける
マグネットをFan-door内側のポケットに差し込みます。
写真のようにプリントファンを配置します。プラスチック部分の溝にケーブルを通します。両パーツの間には少し隙間を空けてください。
ファンを回転させて閉じ、M3x6ネジ2本でFan-doorに取り付けます。
ファンケーブルを静かに引き、たるみをできるだけ少なくします。

Step 32 ファンドアの準備

ファンドアの準備
ファンドアの準備
このステップのために油性ペンを準備することをお勧めします。
未装着のマグネットをゆっくりとファンドアのマグネットに近づけ、どちらの面が互いに引き合うかを調べておきます。
マグネットが互いにくっつかないように注意してください。引き離すことが難しいです。
互いに引き合う面に油性ペンで印をつけます。

Step 33 ファンドアの取り付け: マグネットを差し込む

ファンドアの取り付け: マグネットを差し込む
ファンドアの取り付け: マグネットを差し込む
ファンドアの取り付け: マグネットを差し込む
X-carriageの左側にあるマグネット用の穴を探します。
マグネットを部品に挿入する前に、マグネットのマークされた部分が手前になっていることを再確認してください。マグネットを取り外すことは困難です。
マークされた面がX-carriageの外側(ユーザー側)に向くように、マグネットを穴に挿入します。
マグネットを下まで押し込みます。

Step 34 ファンドアの取り付け

ファンドアの取り付け
ファンドアの取り付け
ファンドアの取り付け
ファンドアヒンジをX-carriageに取り付けます。両方の部品の穴の位置を合わせます。
Fan-doorのヒンジにM3x30のネジを挿入します。ネジを一度完全に締めた後に、1/4回転緩めます。Fan-doorが自由に動くようにしてください。
Do not connect the fan cable at this time. Wait for the instructions.

Step 35 エクストルーダーケーブルの接続

エクストルーダーケーブルの接続
エクストルーダーケーブルの接続
エクストルーダーケーブルの接続
エクストルーダーケーブルの接続
LoveBoard上面のコネクタにエクストルーダーモーターケーブルを接続します。
ヒートシンクの右側から出ているロードセルケーブルを、LoveBoardの右側の上部スロットに接続します。
フィラメントセンサーケーブルをLoveBoardの右側の下のスロットに接続します。

Step 37 LoveBoard:配線の確認

LoveBoard:配線の確認
LoveBoard:配線の確認
LoveBoard:配線の確認
LoveBoard:配線の確認
電子機器をカバーする前に、すべてのケーブルの接続を確認します。左上の高解像度プレビューをクリックしてください。
次のステップに進む前に、アイドラー機構を閉じてください。次の順序で行ってください:
アイドラーをエクストルーダー側に閉じます。
アイドラスイベルを閉じ、エクストルーダーアイドラーアセンブリの上でロックします。

Step 39 LoveBoardをカバーする: サイドカバー

LoveBoardをカバーする: サイドカバー
LoveBoardをカバーする: サイドカバー
LoveBoardをカバーする: サイドカバー
写真のように、エクストルーダーの右側にケーブルをカーブさせて配置します。
LoveBoard-cover-rightでケーブルを覆います。
ケーブルを挟まないように注意してください!
M3x10ネジで固定します。
LoveBoard-cover-rightがエクストルーダーの右側にぴったりフィットしていることを確認してください。そうでない場合、Xキャリッジアセンブリが右に移動するのを妨げてしまうため、セルフテスト中にX軸テストが失敗する可能性があります。

Step 40 LoveBoardをカバーする: 上部カバー

LoveBoardをカバーする: 上部カバー
LoveBoardをカバーする: 上部カバー
LoveBoardをカバーする: 上部カバー
LoveBoardをカバーする: 上部カバー
すべてのケーブルをエクストルーダーに押し付け、周囲にスペースを作ります。写真を参照してください。
Loveboard-cover をエクストルーダーの上にスライドさせます。そして下まで押し込みます。
ケーブルを挟まないように注意してください!
2つのプラスチックカバーがぴったり合うことを確認します。

Step 41 X軸ベルトの張力調整

X軸ベルトの張力調整
X軸ベルトの張力調整
X軸ベルトの張力調整
X軸ベルトの張力調整
このステップで、ベルトの張力調整が完了します。作業を始める前に、まず説明を読んでください。あなたのベルトには既に正しい張力がかかっている可能性があります。その場合は、追加のネジ調整は必要ありません。
まず、モーターを固定しているすべてのネジを少し緩めます。 そうしないと、「テンショナー」が機能しません(モーターは動く必要があります)。
ボールエンド六角レンチを使い、X-end-motor背面のネジを締め始めます。1~2回転するごとにベルトの張りをチェックします。

最適な性能を発揮するためには、ベルトを指で押したときにある程度抵抗が感じられるくらいに張られていなければなりません。エクストルーダーをX-end-idlerまで動かし、X軸の中央でベルトの張力を確認してください。

最適な張力が得られたら、もう一度ネジを締めてください。

Step 42 ベルトテンションの確認

ベルトテンションの確認
ベルトテンションの確認
このステップを実行することが推奨されますが、任意です。スマートフォンが手元にない場合は、次のステップに進んでください。このチェックは、後でもできます。
プリンタのX軸またはY軸ベルトの張力を確認または微調整するには、prusa.io/belt-tunerにアクセスし、モバイルデバイスでウェブページを開きます。または、写真のQRコードをスキャンしてください。
prusa.io/belt-tuner-video の解説ビデオを見て、必要に応じてXベルトのテンションを微調整してください。
ベルトチューナーアプリは複数のスマートフォンでテストされ、最も一般的なスマートフォンメーカーであれば動作するはずです。しかし、まれに期待通りに動作しない場合があります。その場合、ステップの下のコメント欄に、お使いの機種とブランドをご記入ください。

Step 43 X軸ベルトのテスト

X軸ベルトのテスト
X軸ベルトのテスト
以下の手順にしたがって、ベルトの張力が正しく調整されているかどうかをテストしてください。
Xモーターシャフトの平らな部分をペンチで掴みます。こうすることで、ペンチの中でシャフトが回転するのを防ぐことができます。
エクストルーダーを X 軸モーター に向かって動かします。 過度の力を加えないように注意してください。
ベルトが正しく張られている場合、抵抗が感じられ、エクストルーダーは簡単には動かないはずです。もしベルトが緩すぎる場合には、ベルトが変形してうねりができ、プーリーの歯にしっかりと噛み合わず、滑ってしまいます。

Step 44 Hariboで休憩の時間です!

Hariboで休憩の時間です!
Hariboで休憩の時間です!
グミを5個食べましょう。
グミの賞味期限は長く、涼しく乾燥した場所に適切に保管すれば、通常2年間は持つことをご存知でしょうか。でも今は、やめておきましょう。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us