JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

2. フレームの組み立て

Menu

2. フレームの組み立て

2. フレームの組み立て
Relevant for:
Last updated 6 months ago
2. フレームの組み立て
 Difficulty
Easy
 Steps
35
 Available languages
ENCSPLDEESITFR
この章に必要な道具
この章に必要な道具
この章で、準備するもの:
グラブスクリューを締めるための2.0mm六角レンチ
M3 ネジ 用の 2.5mm 六角レンチ
フレームに使用するM5ネジ用の3mm六角レンチ
YZフレーム:部品の準備
YZフレーム:部品の準備
YZフレーム:部品の準備
YZフレームを組み立てるために、以下の部品を準備します:
3030フレーム材 120 mm (2本)
3030フレーム材 205mm (2本)
プリンタのメインフレーム (1個)
M5x16r ネジ (16本)
先に進む前に、フレームを平らな場所に置いてください。
YZフレーム:長いフレーム材の取り付け
YZフレーム:長いフレーム材の取り付け
YZフレーム:長いフレーム材の取り付け
YZフレーム:長いフレーム材の取り付け
長い方のフレーム材をメインフレームの隣に配置します。
フレームに刻印されたPRUSAロゴ (左上) が見えることを確認してください。こちらが正面側になります。長いフレーム材が正面側に取り付けられることになります。
注意:ネジはフレームの反対側から挿入します。全体を動かす必要がある場合は、作業の前にフレーム材が正しい側にあることを確認してください。
2枚目の写真を参照し、フレームの中心に近い正しい穴を使用していることを確認してください。M5ネジを使用して、フレームにエクストルージョンを接続します。3mmの六角レンチでネジを少し締めます。
次に、ネジを完全に締め込んでいきますが、対角線状に順に締めます。最初の対角線上のペアが終わったら、すぐに2番目のペアを締めます。次に、もう一方のフレーム材側に進みます。
Be cautious when tightening these screws to avoid damaging the Allen key slot. Ensure the Allen key is fully inserted into the screw head. Tighten the screw firmly but gently.
YZフレーム:下部フレーム(短い側)の取り付け
YZフレーム:下部フレーム(短い側)の取り付け
YZフレーム:下部フレーム(短い側)の取り付け
YZフレーム:下部フレーム(短い側)の取り付け
短い方のフレーム材をメインフレームの隣に配置します。
短い方の押し出し材は、フレームの六角形のくぼみがある側に設置されなければなりません。
注意:ネジはフレームの反対側から挿入します。全体を動かす必要がある場合は、作業の前にフレーム材が正しい側にあることを確認してください。
2枚目の写真を参照して、正しい穴を使用していることを確認してください。M5x16rのネジを使って、フレームに押し出し材を接続します。現時点では、ネジは少しだけ締めるようにしてください。
次に、ネジを完全に締め込んでいきますが、対角線状に順に締めます。最初の対角線上のペアが終わったら、すぐに2番目のペアを締めます。次に、もう一方のフレーム材側に進みます。
Be cautious when tightening these screws to avoid damaging the Allen key slot. Ensure the Allen key is fully inserted into the screw head. Tighten the screw firmly but gently.
YZフレーム:最終チェック
YZフレーム:最終チェック
次に進む前に、最終確認をしましょう。 メインフレームに対し、正しい側に長短それぞれのフレーム材があることが非常に重要です。
長いフレーム材 -フレームの、Prusaロゴのある側面に取り付ける必要があります。 また、長いフレーム材が互いに近づくようにしてください。
短いフレーム材 - フレームのPrusaロゴのない側に取り付ける必要があります。 また、短いフレーム材は互いに遠く離れていることを確認してください。
Y軸のフロントとリアプレートの準備
Y軸のフロントとリアプレートの準備
Y軸のフロントとリアプレートの準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。:
フロントプレート (1枚)
リアプレート (1枚)
リアプレートにシリアル番号のステッカーが貼ってあります。後でパーツの向きを決めるためのガイドとして使いますので、覚えておいてください。シールは剥がさないでください。
M5x16r ネジ (16本)
M3n ナット (4個)
最新のキットユニットにはM3nEsナットが含まれています。M3nEsナットは若干異なり、金属バネが付いています。しかし、取り付け方法は同じです。
Y軸:フロントプレートの組み立て
Y軸:フロントプレートの組み立て
Y軸:フロントプレートの組み立て
フレームを回転して、長いフレーム材側が手前を向くようにします。
フロントプレート(短い方)をフレーム材の端に当て、M5x16r ネジ で固定してください。ただし、まだ 完全には締めこまないで ください。
次に、ネジを完全に締め込んでいきますが、対角線状に締めていきます。最初の対角線のペアが終わったら、すぐに2番目のペアを締めます。次に、もう一方の長いフレーム材に進みます。
Be cautious when tightening these screws to avoid damaging the Allen key slot. Ensure the Allen key is fully inserted into the screw head. Tighten the screw firmly but gently.
Y軸: 電源ユニット(PSU)とxBuddyボックスの準備
Y軸: 電源ユニット(PSU)とxBuddyボックスの準備
Y軸: 電源ユニット(PSU)とxBuddyボックスの準備
Y軸: 電源ユニット(PSU)とxBuddyボックスの準備
これは重要なステップです。M3nEナットが正しく配置されていない場合、後で組み立てに問題が発生します。
YZフレームを回転させ、短い方のフレーム材が手前に来るようにします。
M3nE ナットを右側のフレーム材の溝(外側)に入れます。写真を参考にしてください。
反対側のフレームでも同じことを繰り返します。写真をよく見て作業してください。
M3nEナットの正確な間隔は後で調整するので、今は重要ではありません。
Y軸のリアプレートの組み立て
Y軸のリアプレートの組み立て
Y軸のリアプレートの組み立て
注意:リアプレートを取り付ける前に、M3nEナットを両側(片側2個ずつ)に挿入していることを確認してください。
フレームの短い方の押し出しがある側が、まだユーザーの方を向いていることを確認してください。
リアプレートをフレーム材の端に当て、M5x16r ネジ で固定してください。ただし、まだ 完全には締めこまないで ください。
ステッカーがプリンタの背面に来るように、部品の向きを合わせます。
次に、ネジを完全に締め込んでいきますが、対角線状に順に締めます。最初の対角線上のペアが終わったら、すぐに2番目のペアを締めます。次に、もう一方のフレーム材側に進みます。
Be cautious when tightening these screws to avoid damaging the Allen key slot. Ensure the Allen key is fully inserted into the screw head. Tighten the screw firmly but gently.
Y軸の平面チェック
Y軸の平面チェック
Y軸の平面チェック
先に進む前に、フレームが平らな面に立っていることを確認してください。
すべての部品は精密な機械で加工、切断され、フレームのネジ穴の開口部は高精度のCNCマシンで開けられています。組み立て時のネジの締め付けにムラがあると、フレームがわずかにゆがむことがあります。これは組み立て中に修正可能です。
手でフレームを揺すり、いずれのコーナーも浮いてしまっていないことを確認してください。
何か欠陥が見つかった場合は、ネジを緩め、平らな面に押し付け、再度締めるようにしてください。フレームが、まだ左右前後に揺れてしまわないか確認します。アセンブリ全体を90度回転させ、再度チェックします。必要であれば、この作業を繰り返します。
重要な注意事項: プリンタは、フレームの傾きをある程度自己補正することができますが、できる限り位置関係をを揃えるようにしてください。いずれかのコーナーが2mm以上の高さまで持ち上がっていない場合に、次のステップに進んでください。
防振材の取り付け
防振材の取り付け
防振材の取り付け
フレームアセンブリ全体を横に向けて、各フレーム材の底部の溝に防振材を挿入します。 差し込んでから90度回すと、所定の位置にロックされます。
この作業は、4本すべての足について繰り返します。それぞれのフレーム材の端から1~2cm離して配置します。
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
写真のようにフレームを回転させ、マークした部分に注目します。
ケーブルクリップを1つ取り、クリップのある側を下側の長い押し出し部分の内側の溝に引っ掛けます。部品にフックがあるので、詳細を参照してください。
クリップの端を、もう一方のフレーム材の下側に置きます。
ケーブル・クリップの下側をより強い力で押します。溝にはまり、「カチッ」と音がするはずです。
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
長いフレーム材へのクリップの取り付け
短いフレーム材へのクリップの取り付け
フレームを回転させ、2つ目の短いフレーム材に2つのクリップを取り付けます。
電源ユニット:部品の準備
電源ユニット:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。:
Delta製電源ユニット 240 W 24 V (1個)
M3x10 ネジ (2本)
ナベ頭 M4x10r ネジ (2本)
電源ユニット(PSU)は、世界中で使用できる設計になっており、それぞれの国に合わせて、自動的に調整されるようになっています。
電源ユニットの取り付け
電源ユニットの取り付け
電源ユニットの取り付け
電源ユニットの取り付け
フレームの右側を見て、M3nEナットを確認します。M3x10 ネジをそれらに挿入していきます。2.5mmレンチを使用してください。この段階では、ネジがはずれないよう、3~4回だけ回すようにしてください。
PSUを取り出し、ネジの上側に置きます。M3nEナットを調整し、PSUのケース底面の溝に合わせます。
PSUをネジの上にスライドさせます。ネジを少しねじ込みますが、まだしっかり締めないでください。次のステップでPSUの位置を微調整するため、PSUが少し動くようにしておく必要があります。
電源ユニットは、ネジによって垂直方向に固定されます。
電源ユニットPSUの固定
電源ユニットPSUの固定
電源ユニットPSUの固定
今度はフレームを正面から見てください。 正面から見て、PSUがフレームの右の裏側にあることを確認します。
フレームの穴にM4x10rネジをPSUの前面に向けて挿入します。
PSUの位置を調整します。PSUのケースには穴があり、フレームの穴と合わせる必要があります。M4ネジがユニットのネジ山に引っかかるまで、少し引き上げてください。
PSUがフレーム本体とフレーム材の両方に押し付けられていることを確認します。
すべて設置できたら、同じく2.5mmの六角レンチを使ってM4ネジを締め込んでいきます。
ここで、底面のM3ネジを締めていきます。
xBuddyボードボックスの取り付け:部品の準備
xBuddyボードボックスの取り付け:部品の準備
xBuddyボードボックスの取り付け:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。:
xBuddyボードボックス (1個)
xBuddyボードボックスは、プラスチック部品が入った箱の中にあります。
サーマルパッド 40 x 12 x 2.2 mm (1枚)
サーマルパッド 12 x 12 x 2.2 mm (2枚)
M3x6 ネジ (9本)
M3x10 ネジ (2本)
必要な部品リストは、次のステップにも続きます。
xBuddyボードボックスの取り付け:部品の準備
xBuddyボードボックスの取り付け:部品の準備
xBuddyボードボックスの取り付け:部品の準備
xBuddyボードボックスの取り付け:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。:
xBuddyコントロールボード (1枚)
必ず側面を触って動かすようにしてください。チップ、コンデンサー、その他の実装されている電子部品に触れないようにしてください。
結束バンド (4本)
X-holder (1個)
xBuddyボックスの取り付け:ネジの挿入
xBuddyボックスの取り付け:ネジの挿入
xBuddyボックスの取り付け:ネジの挿入
4本のM3x6ネジをフレームの背面 (短い突起のある側) に挿入して、長方形のパターンになるようにします。フレームに対してネジを一度完全に締めて、ネジ山をならします。 次にネジを緩め、ネジ頭とフレームの間に少なくとも 3mm の隙間を残します。
正しい穴を使用していることを確認してください。
M3x10のネジ2本を、2つ目の短いフレーム材のM3nEナットに挿入します。2.5mmの六角レンチを使い、ネジが動かないように3~4回だけ回すようにします。
xBuddyボードボックスの取り付け
xBuddyボードボックスの取り付け
xBuddyボードボックスの取り付け
フレーム材のM3x10ネジにxBuddyボードボックスを取り付けます。この時、まだネジは締めこまないでください。
xBuddyボードボックスをフレームにスライドさせ、フレームのネジ4 本すべてをボックスを取り付けます。ネジは "鍵穴"の上部にはめ込んでください。写真をご覧ください。
xBuddyボックスの固定
xBuddyボックスの固定
xBuddyボックスの固定
xBuddyボードボックスを固定するために、4つの M3x6 ネジをすべて完全に締めます。
背面上部のネジを締めるときは注意してください。最後の締め付けには六角キーの短い方を使用します。
両方のM3x10ネジで、M3nEナットで完全に締め込みます。
サーマルパッドの貼り付け
サーマルパッドの貼り付け
サーマルパッドの貼り付け
サーマルパッドの貼り付け
すべてのサーマルパッドから白い保護フィルムをはがします。
電子基板を扱うときは、必ず電子基板の側面を触れるようにしてください。 チップ、コンデンサ、その他の電子部品には触れないでください。
サーマルパッドを xBuddyボードの背面に取り付けます。正しいサイズと位置を示すマークがあります。
パッドを貼り付ける面は、油分をきれいに取り除く必要があります。そうすることで、より確実に接着させることができます。
ボードの電子部品を保護するため、xBuddyボードを柔らかいものの上に置くことを強くお勧めします。xBuddyボードのパッケージをご利用ください。緩衝材になっています。
すべてのサーマルパッドから青い保護フィルムをはがします。
xBuddyボードボックスの取り付け
xBuddyボードボックスの取り付け
xBuddyボードボックスの取り付け
xBuddyボードボックスの取り付け
xBuddyボードボックスにアクセスしやすくするため、フレームをPSUのある側に慎重に置いてください。
xBuddyボードボックスに、xBuddyボードを挿入します。完全に取り付ける前に、ボードの穴と、xBuddyボードボックスの穴(柱)の中心を合わせます。
xBuddyボードの位置を M3x6 ネジ 5 本を挿入して固定します。 ネジは完全に締めないでください。 今は数回転させるだけで十分です。
感覚に頼るのではなく、写真のように、右下の穴に対して何もしないようにします。
5本のネジをすべて完全に締めます。必ず、慎重に行ってください。締めすぎたり、勢いよく締め込んだりすると、電子基板を損傷する可能性があります。
結束バンドの取り付け
結束バンドの取り付け
結束バンドの取り付け
結束バンドの取り付け
xBuddyボードボックスを見てください。 金属のケースには4つの穴が空いています。
xBuddyボードボックスへのアクセスを良くするために、フレームをPSU側に配置することができます。
慎重に作業を進めてください。xBuddyボード上のコネクタやコンデンサを傷つけないように注意してください。
X-holderを結束バンドのガイドとして使用します。写真のようにX-holderを一番下のミシン目の後ろに置きます。結束バンドをX-holderの突起に通します。ミシン目から結束バンドを3~5cm出しておきます。
結束バンドの正しい向きに注意してください。バンドの歯が見える側にしてください。
この手順を4箇所の突起すべてに使用します。
X-holderは捨てないでください。後でまた必要になります。
プリンタを元に戻します。
Y-belt-idlerの取り付け
Y-belt-idlerの取り付け
長い方のフレーム材が手前になるように本体を動かします。
Y-belt-idlerを、フロントプレートの内側から取り付けます。部品の正しい向きに注意してください。
Y-belt-idler を 2本 の M3x10 ネジ で固定します。
Yモーターの組み立て:部品の準備
Yモーターの組み立て:部品の準備
Yモーターの組み立て:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。:
Y-motor-holder (1個)
サーマルパッド 25 x 25 x 1.2 mm (1枚)
M3x18 ネジ (3本)
M3x10 ネジ (2本)
M3nS ナット (2個)
必要な部品リストは、次のステップにも続きます。
Yモーターの組み立て
Yモーターの組み立て
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。:
Yモーター (1個)
モーターによってケーブルの長さが異なるので、適切なモーターを使用していることを確認してください。モーターケーシングの外側にラベルが貼ってあります。
GT2-16 プーリー (1個)
Yモーターホルダーの組み立て
Yモーターホルダーの組み立て
Yモーターホルダーの組み立て
M3nS ナットを Y-motor-holder上面の対応する開口部に挿入します。六角レンチを使ってナットを奥まで押し込みます。
初期のバージョンでは、もう一方の「底」にM3nSナット用の穴がある場合もあります。
M3nSナットを横から部品の奥まで差し込みます。
Yモーターを写真のように置きます。モーターケーブルをガイドにしてください。
Y-motor-holder をYモーターに取り付け、3本のM3x18ネジで両パーツを締結します。
Yモータープーリーの調整
Yモータープーリーの調整
Yモータープーリーの調整
Yモータープーリーの調整
モーターシャフトには平らな部分があります。シャフトを回転させ、平らな部分がYモーターホルダーの開口部から見て手前になるようにします。
プーリーをシャフトに取り付け、グラブスクリューの1つがシャフトの平らな部分に面していることを確認します。ネジはまだ締めないでください。
プーリーの正しい向きに注意してください。
六角レンチのどちらかを、写真のようにプリント部品の 一番高い上面 に置きます。プーリーを六角レンチに合わせるようにします。
プーリーの位置が揃ったら、プーリーのグラブ・スクリューをシャフトの平らな部分に当てて締めます。次にプーリーを回転させ、2つ目のグラブスクリューを締めます。
Yモーターホルダーの取り付け
Yモーターホルダーの取り付け
Yモーターホルダーの取り付け
Yモーターホルダーの取り付け
サーマルパッド(25x25x1.2mm)から、青白い保護フィルムを剥がします。
白いフィルムが貼ってある面の方が粘着力があります。両面に青い保護フィルムが貼られているサーマルパッドであれば、面は関係ありません。
サーマルパッドをYモーターに貼り付け、2番目の保護シールを剥がします。
パッドを貼り付ける面は、油分をきれいに取り除く必要があります。そうすることで、より確実に接着させることができます。
Y-motor-holder を、リアプレートとフレームの内側にセットします。
正しい向きを確認してください。プーリーはPSUの方を向いていなければなりません。
M3x10 ネジを使って、Y-motor-holderを固定してください。
組み立て中にYモーターケーブルを安全に保つため、xBuddyボックス側のフレーム材部分に一時的に隠します。
ハリボー
ハリボー
ハリボーのお菓子が入った袋を慎重に静かに開けます。 音を立てて勢いよく開けると、近くの捕食者を引き寄せる可能性があります。
きれいな入れ物に袋の中身を全部広げ、写真のように並べます。色はそれほど重要ではありません。
ハリボーパッケージの中に入っているクマの数が少ないかもしれません。そんなときは、すぐに近くのお菓子屋さんに行って買い足しましょう。用法・用量は正確に行ってください。
グミを5個食べましょう。
グミは1920年代にハンス・リーゲルというドイツのキャンディーメーカーによって初めて作られたことをご存知だろうか。
完了です!
完了です!
組み立てた最終的な外観を、写真と比較します。
この項目は簡単と感じたのではないでしょうか?Good Job!!
では、次の章に進みましょう!: 3.X軸とXキャリッジの組み立て
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us