JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

X/Y/Z各軸の長さの確認 (MK3S)

Relevant for:
Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

このエラーは、ファームウェアが予想よりも短い軸移動距離を検出したときに、Self-testまたはXYZ-calibration中に表示される可能性があります。各軸の正確な長さは、プリンタのメモリに保存されています。エラーが出た場所にしたがって、実行中のプロセス(Selftest、XYZ calibrationなど)に名前が付けられ、ディスプレイに"Please check: Axis length"というメッセージが表示され、右下に問題のある軸の文字が表示されます("X/Y/Z")

それぞれの軸の長さは、Trinamicステッピングドライバーのモーターに流れる電流の上昇を検知する機能によって各軸の終わりを検出して、Original Prusa MK3/MK3S/MK3S+ および MMU2Sプリンターのプログラムで測定します。まれに、テストが失敗しても、プリンタの動きが問題を示さない場合があります。

X/Y軸の考えられる原因

多くの場合、ハードウェアレベルの問題で、Original Prusa MK3/MK3S/MK3S+プリンターの衝突検知で使用されているのと同じ方法であるため、最初は同じ方法で問題のトラブルシューティングをしてみてください。 組立マニュアルに示されているようにベルトとプーリーが取り付けられていることを確認し、軸が軸の全長に渡って端から端までスムーズに動くことを確認します。緩みがあってはいけません。プーリーの止めネジがモーターシャフトのフラット部分で固定されていることを確認します。詳細については、 衝突検知 を参照してください。

正しい X-軸 プーリーの方向と位置正しい Y-軸 プーリーの方向と位置

エクストルーダーを後ろから見て、テキスタイルスリーブ(またはスパイラルチューブ)が付いたケーブル束が幅広すぎず、エクストルーダーがホームポジションに移動する前にプリンターのフレームに触れていないかを確認します。

ケーブルホルダーの結束バンドの位置

結束バンドが組み立てマニュアルの指示どおりに配置されていることを確認してください。一番上の結束バンド(緑色の矢印)またはプリントされたケーブルホルダーにきれいに固定する必要があります。結束バンドは、軸の端にあるEinsy-doorまたはPSUのいずれの端にもぶつかってはいけません。エクストルーダーを両端に移動し、結束バンドが両端で接触しているかどうかを確認します。

一般に、エクストルーダーのケーブル管理と組み立ては、 組み立てマニュアルのすべてのステップで指示されているとおりであることを常に確認してください。

ヒーターとサーミスタケーブルを保持している下部の結束バンドも、軸の端 (紫色の矢印)と干渉しないように配置する必要がありますが、ヒートベッドケーブルカバーにも触れないようにする必要があります。それらが結束バンドの頭と同じ高さにカットされていることを確認してください。

Z軸の考えられる原因

Z軸のメインエンドストップはP.I.N.D.A. センサーなので、最初にこれが高すぎたり、正しく機能していないことを確認する必要があります。詳細については、M.I.N.D.A./SuperPINDA センサーのテスト (MINI/MINI+)を参照してください。

ただし、多くの場合、組立てに問題があり、移動距離が妨げられていることがほとんどです。組立て状態をチェックし、台形ナット(Z軸のリードスクリュー)の方向に特に注意を払う必要があります。そのナットの先端がプリントパーツから突き出ていてはダメで、プリントパーツの内側に挿入されている必要があります。一番高い位置にあるのは台形ナットを固定しているM3ボルトの頭です。また、キャリブレーション中にエラーが発生した場合は、ベッドに何も触れていないことを確認してください。例えば、ケーブルの束に結束バンドを取り付けます。

台形ナットの正しい方向 (Z リードスクリュー)。

もう1つの考えられる原因は、誤ったバージョンのファームウェアをロードしたことです。たとえば、OriginalPrusaMK3とMK3S/MK3S+のエクストルーダーサイズは異なるため、予想される移動距離が違います。 常に正しいファームウェアを使用していることを確認してください

Z軸の問題の詳細については、Zキャリブレーションの失敗 (MK3S/MK2.5S)を参照してください。

注油

の指示に従って、スムーズロッドに注油してみてください。Original Prusa MK3S/MK3S+には、潤滑剤のチューブが付属しています。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us