JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

Original Prusa i3のすべてのシステムのリフレッシュ

Last updated 3 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

プリンタのトラブルシューティングでは、破損したコンポーネントを交換するか、発生したバグを修正するため新しいファームウェアを書き込むことで、孤立した問題を解決する必要があります。しかし、それだけでは不十分な場合もあり、システムの完全なリフレッシュを実行する必要がある場合があります。これにより、保存されているすべての値や設定が削除され、システムが工場出荷時のデフォルトに戻されます。この記事では、full factory resetflashing the firmwarerecalibrate from scratch → さらに2回のキャリブレーションを行う手順を簡略化して解説しています。 

また、トラブルシューティングを効率的に行うために、システム全体のクリーニングを行います。 

ステップ 1 - 工場出荷状態へのリセット(Factory reset)

まず、工場出荷状態へのフルリセットです。これは、ファームウェアのアップデートでは消去されなかった古いキャリブレーションデータや電圧データもクリアにするものです。ファームウェアのバージョンアップの間には、サポートされなくなったキャリブレーションデータや、インデックスが変更された値などが残っている可能性があります。 

この手順を実行すると、すべてのキャリブレーションデータ、設定、統計情報がマシンから削除されます!
  1. LCDモジュールの×印のリセットボタンを押し、その直後にセレクターノブを長押しします。
  2. 数秒後、ビープ音が鳴り、"Factory RESET "と書かれた新しい画面が表示されます。ここで、ノブを離すと、メニューが表示されます。
  3. メニューを下にスクロールして、"All data"を選択します。そのままにしておくと、クリアされます。 

システムに戻ると、ウィザードを実行するよう促されます。今は無視してください。

ステップ 2 - ファームウェアの書き込み(Flashing FW)

前のステップをスキップした場合は、今すぐ停止し、戻って工場出荷時のリセットを実行します。この手順をすべて行う必要があります。
ヒント:初めてファームウェアをフラッシュする場合は、写真付きの包括的なステップバイステップガイドPrivate: Upgrading the firmware - Original Prusa i3 [進行中の翻訳]を使用してください。
 
  1. 左の欄から、お使いのプリンタの最新ファームウェアを prusa3d.com/drivers/ でダウンロードします。
  2. ファイルを解凍し、付属のUSBケーブルでプリンタとパソコンを接続し、PrusaSlicerを起動してください。
  3. PrusaSlicerのトップバーから、Navigate to Configuration -> Flash printer firmwareを選択します。
  4. ダウンロードしたファイルから展開されたHEXファイルを参照し、"Open"をクリックします。
  5. プリンターのCOMポートを選択するか、「自動検出/スキャン」を押してください。
  6. "Flash!"を押して、書き込みをしてください。PrusaSlicerの画面と液晶画面にインジケーターが表示されるはずです。

ステップ 3 - キャリブレーションウィザード(Calibration Wizard)

これで、最終的に1層目のキャリブレーション (i3)を完了するまで、キャリブレーションウィザードの案内に従って進めることができます。
 

ステップ 4 - PIDおよび温度のキャリブレーション(PID- and Temp. calibration Original Prusa MK3S/MK2.5S)

あと2つ、オプションですが、すべてがきちんと整っていることを確認するために、強くお勧めするステップです。この後、ホットエンドのPID tuning [進行中の翻訳]とP.I.N.D.A.センサーのTemperature Calibration [進行中の翻訳]を実行し、すべてが完璧であることを確認するものです。
superPINDAはサーミスタを搭載していないため、MK3S+では温度校正はできませんし、必要ありません。
  1. LCDメニューからCalibration -> PID calibrationと移動し、選択します。何℃にするか聞かれます。主にPLAで印刷する場合は、そのままにしておきます。PETGやABSを主にプリントする場合は、240℃に調整しますが、これはあまり重要ではないでしょう。次のステップに移る前に、実行と終了をさせてください。
  2. 同じキャリブレーションメニューの中に、温度キャリブレーションがあります。画面上の指示に従って、この操作を開始し、実行させます。これは15~20分かかることがあります。これは、レベリングに問題がある場合に特に重要です。

この後、P.I.N.D.A.センサーをキャリブレーションして、正しく設定されていることを確認しながら、再度1層目のキャリブレーション (i3)を実行します。

これであなたのプリンタシステムがクリーンになりました。これで、ファームウェア起因の問題は除外されます。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.