JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

MK3Sがフィラメント交換を促し続ける

Relevant for:
Last updated 2 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

Original Prusa MK3S(およびOriginal Prusa MK2.5Sアップグレード版)では、新しいフィラメント感知システムを備え、完全に設計し直されたエクストルーダーを導入しています。これは、小さな機械式レバーで作動するIRレーザーセンサーを組み合わせたハイブリッドソリューションです。このシステムは、フィラメントの光学的特性の影響を受けず、機械的摩耗の影響を受けません。

どのようなものか

このガイドは、フィラメントのオートロードが機能している(あるいは時々作動するとしても)にもかかわらず、プリンタがプリントの始めにフィラメントを下ろして再びロードするよう求め続ける、言い換えれば、プリンタがフィラメントの交換を求め続ける状況に関するものです。つまり、フィラメントセンサー単体では動作しているにも関わらず、本来の動作には行えていない、ということです。

一般的に、フィラメントセンサーの動作はプリンタにとって重要な要素ではありません。LCD Menu -> Settings -> Fil. sensor(ONとOFFを切り替え)で常にOFFにし、プリンタを使い続けることができます。
メインボードへの正しい接続 - フィラメントセンサーが正しく接続されていないことが多いです。

Troubleshootingトラブルシューティング

この動作が発生する理由は複数あります。解決方法については、IRフィラメントセンサーのトラブルシューティング(MK2.5S, MK3S)を参照してください。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.