JA
  • English
  • Čeština
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

工場出荷時の状態へのリセット (MK4/XL)

Menu
Relevant for:
Last updated a month ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEITFR

通常、プリンタは電源を切った後でも統計、キャリブレーションデータ、個人設定を保存します。設定を変更して3Dプリンタに悪影響を与えたと感じた場合は、いつでも工場出荷時のデフォルト値に戻して再試行できます。

ファクトリーリセットを行うと、総プリント時間やフィラメント使用量などの統計データは消えてしまいます。

工場出荷時リセットの方法

ファクトリーリセットは、LCDメニュー→設定→システム→ファクトリーリセットで行うことができます。

ファームウェア4.6.1からは2つのオプションがある:

  • Reset Settings & Calibrations - このオプションは、ユーザーが行った変更をすべて削除し、システムを元の状態に戻します。ほとんどの場合、この方法で十分です。技術的に言えば、ユーザーが保存したデータを含むEEPROMのみが削除されます。リセットが完了すると、プリンタは言語選択まで起動し、その後キャリブレーションウィザードが表示されます。
  • Hard reset (USB with FW needed) - 複雑なパーティションレイアウトのため、ファームウェアはEEPROMだけでなくXFLASHにも設定を保存しています。エッジケースによっては、これらの両方を削除する必要があるかもしれません。このリセットが完了すると、XFLASHの一部のパーツをゼロから作成し直す必要があるため、ユーザーはファームウェアの入ったUSBドライブを挿入する必要があります。

ファームウェアの書き込み

プリンタに一貫性のない挙動が見られる場合は、ファームウェアをフラッシュすることをお勧めします。ファクトリーリセット後、ファームウェアをフラッシュし、再キャリブレーションを行うことで、ほとんどのファームウェアの問題が解決されます。 

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us