JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

構成ウィザード

This article is also available in following languages: 
ENCSPLESDEITFR

PrusaSlicerを初めて起動すると、設定ウィザードが表示されます。設定ウィザードは、トップメニューの「設定」-「設定ウィザード」を選択して、手動でいつでも起動することも可能です。

FFFタイプのプリンタ選択では、インポートするプリンタプロファイルを選択することができます。オリジナルのPrusaプリンターには0.4mmのノズルが付属していますが、異なる直径のノズルを購入する予定がある場合は、該当するチェックボックスにチェックを入れることで、追加のプロファイルをインポートすることができます。また、後からプロファイルを追加でインポートすることも可能です。

オリジナルPrusa MK3SとMK3S+は、同じプリンター構成で使用できます。

PrusaSlicerはMSLAのスライスもサポートしています。現在、公式にサポートされているMSLAプリンタはOriginal Prusa SL1のみです。

バージョン2.2から、PrusaSlicerにはサードパーティベンダー(Lulzbotプリンターなど)用のプロファイルも含まれています。どのベンダーのプロファイルを有効にするかを選択できます。

サードパーティのプリンタメーカーを選択した場合は、各ベンダーのプリンタプロファイルを選択してインポートすることができます。

サードパーティベンダーのプロファイルの設定は、現在非常に小数ですが、将来的にはこの設定を増やす予定です。

また、カスタムのプリンタプロファイルを定義することも可能です。ただし、この機能は主にプリンタメーカーや熟練したユーザー向けの機能です。

最後に、アプリケーションのアップデートを自動的にチェックするかどうか、内蔵プロファイルを自動的にアップデートするかどうかを選択できます。この両方をオンにしておくことをお勧めします。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us