JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

食品に安全なFDMプリント

This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

食品に安全な3Dプリントは、見た目ほど簡単ではありません。ここでは、その課題のいくつかを概説します。また、このプロセスを調査した結果を紹介した ブログ記事 もおすすめです。

マテリアル

PETG や時には PLA は、化学的に中性で、実質的に食品に安全な材料として3Dプリント界ではよく使用されています。炭酸飲料のペットボトル、食品容器、サラダボックスなどは、PETG のとても近い種類である PET で作られています。

一般的に3Dプリンタで作られたものは、層状に作られていることが問題となります。層と層の間にある溝は、バクテリアの温床となり、適切な洗浄ができずに残留物が残ってしまいます。

また、着色料や未知の添加物も問題です。これらは、純粋なプラスチックほど体にとってニュートラルではないかもしれません。また、これらの物質がどのくらい含んでいるかを正確に言うことは困難です。色がついていないナチュラル/ピュアな PETG フィラメントがベストですが、何が入っているのかはっきりさせるのは難しいでしょう。フィラメントの中にはFDAの認可を受けているものもありますが、多くの場合「赤、オレンジ、ピンク以外は認可済み」のような ※ が付いています。私たちの ブログ記事 で、当社の Prusament フィラメントのうち、どのフィラメントが使用できて、どのフィラメントが使用できないかをマッピングしています。

しかし、プリントしたモデルに塗ることができる、食品安全認証を受けたエポキシ塗料があります。

応用

ウォーターボトルは不可、クッキー型はおそらく可能。3Dプリントでオリジナルクッキー型を作るのはおそらく問題ないですが、表面の層 (レイヤー) に食べ物が残ると菌が繁殖するので、ある程度使ったら捨てた方がよいかもしれません。

洗えばいいという考えも、石鹸や洗剤も同様に注意してください。表面の層 (レイヤー) からこれらの化学物質を吸収し体内に入ってしまいます。

(M)SLA樹脂プリンタは、実質的に線がない。これは使えないのでしょうか?

繰り返しになりますが、こちらも使用できません。プリントの上や中に未硬化の樹脂やその他の汚染物質がある可能性があります。生体適合性のある樹脂もありますが、これは非常に特殊で高価なものです。また、硬化時や後処理に特別な配慮が必要です。

ノズル

また、使用するノズルによっても違いが出てきます。標準装備の真鍮製ノズルは摩耗するため、 食の安全性には配慮していません。柔らかい真鍮のノズルは摩擦により消耗してしますので、その消耗された材質は全てプリントの中に入ってしますのです。食品に使用するプリントと考えると、ステンレス製やチタン製のノズルを選ぶ必要があります。

では、どうすればいいのでしょうか?

エポキシ樹脂のコーティング材があり、それが適切と判断されました。また、3Dプリントをそのまま金型として、適切な材料と製造方法で使用することも可能です。私たちはいくつかの調査を行い、食品に安全な3Dプリントについては、 このブログ記事 で詳しく紹介しています。

結論

理論的には可能ですが、特別な準備と後処理が必要です。残念ながら、PETG を買ってきて好きなものをプリントすればいいというような単純な話ではありません。人の健康や安全を脅かすことのないよう、きちんと調べてから行うようにしてください!

3Dプリントしたものを食品容器などとして使用することはお勧めしません!
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.