JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

組立済 i3 プリンターを開梱する

Last updated 10 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

このたびは、組立済み Original Prusa プリンタをお買い上げいただき、誠にありがとうございます。初めて Prusa 3D プリンタをお使いになる方のために、この記事とビデオを用意しました。

これは、同梱の「3Dプリントハンドブック」を補完する資料です! プリンタの電源を入れる前に、必ずプリンタの箱に入っている 「3Dプリントハンドブック」(紙版) をよく読んでください。 ハンドブックの最新版は、当社ウェブサイト Drivers section の右側の欄にも掲載されています。

プリンタの開梱

  • 「出荷用ヘルパー」と取り出す (大型の発泡スチロールパッド) - エクストルーダーとベッドは、輸送中にこれらの部品を固定するために、特別にカットされた発泡パッドで固定されています。以下の順序で取り外してください:
      1. トップピースを外します。
      2. プリンターを底板から持ち上げます (フレームを持つことができます)。
      3. 真ん中の発泡スチロールを引き抜き、エクストルーダーを固定します。
  • フレキシブルスチールシートからテストプリントを剥がします。
  • ハンドブックとグミを出して、準備しましょう!

付属品を使いこなす

キャリブレーション

組立済みプリンタは、箱から出してすぐプリントができるように、すでにキャリブレーションが行われています。しかし、輸送中の衝撃を考慮し、初回起動時にZキャリブレーションを行います。これは、X軸を上部に移動させ各Z軸の上部に押し付けて、両側が同じになるようにするためのものです。

これだけで、プリントを始めるのに必要なキャリブレーションが完了するはずです。ただし、フィラメントの種類によって、仕方が異なることがあります。そのため、いくつかの点に注意する必要があります。

  • ファーストレイヤーキャリブレーション - プリントの最初のレイヤーが低すぎたり高すぎたりすると、ビルドプレートへの接着やプリントのアーティファクトや不完全性に問題が発生することがあります。また、ノズルの位置が近すぎると、ノズルが詰まる可能性もあります。 最初のレイヤーがどのように見えるかについては、こちらの記事 を参照してください。
  • アイドラースクリューの張力 - テンションを調整するアイドラースクリューは、一般的にその頭がプラスチック部分とほぼ同じ高さになるように設置します。しかし、フレキシブルフィラメントのように、このネジをかなり緩めなければならないフィラメントもあります。また、このネジをきつく締めすぎると、フィラメントを引っ張るモーターに無理がかかることがあります。詳しくは、「アイドラースクリューのテンション」をご覧ください。アイドラーネジ張力の調整.

ハンドブック

すべてのプリンターには、取扱説明書「ハンドブック」が付属しています。このハンドブックは、単なるヒント集ではなく、あなたのプリンタの取扱説明書 です。 セットアップ、キャリブレーション、スライス、プリント、トラブルシューティングなど、プリンターに関するあらゆることを説明しています。3Dプリンターが初めてでない方も、ぜひご一読ください。すべてのハンドブックは 幅広い言語 で提供されています。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.