JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

異なるノズルのプロファイルを作成する

Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

現在流通しているプリンタのほとんどは、デフォルトのノズル径は0.4ミリメートルです。もし、違う直径のノズルを使うことにして(その利点についてはour articleですべて読むことができます)、それ用のプロファイルが組み込まれていない場合は、自分で作成する必要があります。

新しいプロファイルを作成するよりも、既存のプロファイルを利用して、それを修正するのをおすすめします。 

調整しなければならないのは、主に次の2点です。:

  • プリンタ設定 - エクストルーダー 1 のノズル径
  • プリント設定-詳細設定 の 押し出し幅

つまり、新しいプリンタープロファイルだけでなく、新しいプリントプロファイルも保存する必要があります。

PrusaSlicerのPrusaプリンタは、0.25、0.4、0.6mmノズル用のプロファイルを内蔵しています。
Configuration - Configuration Wizard - Prusa FFFに移動し、インポートしたいプロファイルのボックスにチェックを入れます(例:"0.25 mm nozzle")

エクストルーダー設定時のノズル口径

Printer settings - Extruder 1 - Nozzle diameterで、新しいノズルの正確な直径を入力してください。

この値は、PrusaSlicerでは主に限界値として使用されます。例えば、ノズル径より大きなレイヤー高さでプリントすることはできません。実際、レイヤーの高さは最大でもノズル径の70-80%であるべきで、そうでない場合、レイヤーの密着性が著しく損なわれます。PrusaSlicerは、エクスポートされたGコードにコメントとしてノズル径を記録しています。これは、誤って異なるノズルサイズ用に生成されたGコードをプリントしようとした場合に、プリンタが警告を出すことができるため、非常に便利です。

ただし、この値を変更しただけでは、PrusaSlicerの押し出し線が太くなることはありません。

プリント設定での押し出し幅

押し出し幅の設定は、新しいノズル用のプロファイルを作成する際に最も重要なことです。

Print settings - Advancedを選択

押し出し幅の設定項目が表示されます。

  • 押し出し幅を手動で入力(例:0.65(推奨))
  • 0を入力すると、PrusaSlicerはノズル径から押し出し幅を算出します。 
    • 1.125×ノズル径の値を使用します。
  • パーセンテージを入力する(例:120%)
    • ノズル径ではなく、レイヤーの高さから計算されます。

押し出し幅設定のコツ

一般に、押し出し幅はノズル径の110%程度が望ましいとされています。

ファーストレイヤーの押し出し幅を大きくすることで、プリントベッドへの密着度を高めることができます(例:ノズル径の120~140%)。その代償として、XY平面の解像度が低くなります。

押し出し幅をノズル径より小さく設定することで、サポートを弱くし、取り外しを容易にすることができます。

MK3/Sのプリンターノズル径のチェック

カスタムノズルサイズ用のプロファイルを設定し、Original Prusa i3 MK3/Sを使用している場合、ノズル径チェックのGコードを削除した方が良いかもしれません。

Printer settings - Custom G-code - Start G-code で、以下の行を削除してください。
M862.1 P[nozzle_diameter] ;nozzle diameter check

または、プリンターのノズル径チェック機能を無効化することも可能です
LCD Menu - Settings - HW setup - Checks - Nozzle - None

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.