JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

メッシュベッドレベリング

Last updated 6 months ago
This article is also available in following languages: 
CSDEENESFRITPL

P.I.N.D.A. または SuperPINDA センサーは、ビルドプレート(パウダーテクスチャーコート、スムースPEIシートかは関係ありません)上に広がる、グリッドパターンで多数のポイントを通過し、シートまでの距離を測定します。これらの点は補正され、ベッドの仮想メッシュを作成するために使用されます。プリント中、ベッドが多少ゆがんでいても、センサーは測定したメッシュに従って正確に表面を追従します。この手順は、毎回のプリント前に行われます。また、XYZ-キャリブレーションの2回目も同じ手順で行われます。

Z軸のStallGuard(※ステッパーモーターの制御技術)は、メッシュベッドのレベリング中にアクティブになります。PINDAセンサーが作動する前にノズルがベッドに衝突した場合、キャリブレーションのプロセスが中断され、ノズルにゴミが付着していないか確認するようユーザーに指示されます。

LCDメニューのCalibration -> Mesh bed levelingから、Mesh bed levelingを単独で開始することができます。

メッシュベッドレベリングの設定

メッシュベッドレベリングの設定は、LCDメニューのSettings - Mesh bed Levelingにあります。以下のオプションがあります。メッシュベッドレベリングの設定は、LCDメニューのSettings - Mesh bed Levelingにあります。以下のオプションがあります:

  • Mesh (3x3 - 7x7)
  • Z-probe nr. (1 - 3 - 5)
  • Magnet comp. (ON / OFF)

Mesh: デフォルトのグリッド密度は3x3(9点)です。しかし、それでも1層目の接着が不均一になる場合は、[設定]-[メッシュベッドのレベリング]-[メッシュ]で密度を7x7(49点)に上げることができます。

Z-probe nr.: Zセンサーの番号を変更すると、各ポイントを何回測定するかを変更することができます。最終的な値は平均値として計算されるため、1ポイントあたり3回または5回の計測をお勧めします。これらの設定を変更することで、メッシュベッドのレベリングにかかる時間が変わります。

Magnet comp.: 7×7メッシュベッドレベリングでは、マグネット補正の有無を選択することができます。49点のうち11点は磁石に近いため、読み取り値が80μm(ミクロン)ほどずれることがあります。磁石補正は、この11点の読み取り値を無視し、周囲の点から計算します。この機能は常にオンにしておくことをお勧めします。

Enforcing the Z-calibration

メッシュベッドのレベリングが手順中に中断された場合、プリント前に画面に「"Enforcing the Z-calibration"(Zキャリブレーションを実行しています)」というメッセージが表示され、プリンタは一度ホームに戻り、手順を再度実行します。これは、ノズルにゴミが付着していたり、プロービング時にベッドを押していたり、プロービング中にベッドに触れたり押したりすると発生する可能性があります。この場合、偏差がある閾値以上になると、メッシュベッドレベリングを再度実行することになります。これは、問題が単なる事故であった場合、メニューから再び起動することを避けるためです。問題が残っている場合、プリントをキャンセルする前に、この手順を3回繰り返します。

トラブルシューティング

記事M.I.N.D.A./SuperPINDA センサーのテスト (MINI/MINI+)をご覧いただき、問題を解決してください。

Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to info@prusa3d.com or through the button below.